節電しながら涼しく過ごす!! 【ココミル】

無料・サンプル・プレゼントの美容と健康の情報サイト〜ココミル

文字サイズ
節電しながら涼しく過ごす!!
暑い夏を節電しながら、涼しく過ごすための知恵や工夫の紹介です。実用的なポイントやあっと驚くひんやり効果、五感で涼を感じる方法など、“節電=我慢”ではなく“節電=楽しい&癒し”と思えるアイデアを集めました。
 

涼を呼ぶ昔ながらの知恵と工夫

家電が今ほど発達していないころ、先人たちは暑い夏とどのように向き合っていたのでしょうか。
エアコンや家電製品に頼らず涼を取り入れる、昔ながらの知恵と工夫を紹介しましょう。

ベランダや庭に打ち水をする

打ち水は、朝と夕方の涼しい時間帯に行います。撒いた水が蒸発するとき熱を奪い気温を下げるのですが、日差しと暑さの厳しい時間帯に行うと、湿度が上り逆に蒸し暑くなります。また、撒く水にお風呂の残り湯や雨水を使えば水道代の節約にもなりますね。

窓やベランダに「すだれ」「よしず」をつける

すだれやよしずは、直射日光を遮りながら風を通します。サイズも大小揃っていますから、どんな窓にもベランダにも設置しやすく便利です。

天然素材の寝具やインテリア

い草、竹などの天然素材は、湿度を調節して暑さを和らげる効果に優れています。また、い草のもたらす香りにはリラックス作用もあり、寝ござや枕などは機能性の高い寝具として長く愛用されています。

 

エアコンの省エネテクニック

節電の必要性はわかっているけど、どうしてもエアコンに頼りたいときもあります。
そんなときの省エネテクニックについて紹介しましょう。

部屋を換気してからエアコンの電源を入れる

部屋に溜まった熱気は、窓を全開にして換気しましょう。素早く部屋を冷やす重要なひと手間です。

暑さ寒さは窓辺から

部屋の温度を上げる大きな原因は、窓から来る熱気です。この熱気を窓際でしっかり冷ましておけば、温度の上昇を抑えることができます。そのコツはエアコンの風を窓に当てること。意外かもしれませんが、エアコンの効き目がグッとアップしますよ。

フィルターの掃除はこまめに

フィルターの目詰まりを取るだけで約4%の消費電力をカットするといわれています。2週間に1度は掃除をしましょう。

 

扇風機の裏ワザ

極力エアコンに頼りたくないという方におすすめなのが、扇風機の裏技。
ちょっとした工夫で涼しさ倍増間違いなしです。

凍らしたペットボトルに風を当てる

凍らしたペットボトルに、扇風機の風を当てれば冷風に早変わり!ペットボトルの数を増やしたり、扇風機との位置や高さを調節したりして、涼風が生まれるベストポジションを見つけてみましょう。

 

今からでも間に合うグリーンカーテン

この夏、俄然注目の“グリーンカーテン”。これからでもまだ間に合う栽培方法のポイントを紹介します。完成予定は暑さのピークを迎える8月〜9月ですので、育てる価値は十分にありそうです。

Point1 苗を植える

種まきから育てるには遅いため、苗鉢を購入します。1つのプランターに育てる苗の目安は、ゴーヤ1〜2苗、キュウリ1〜2苗、朝顔2〜3苗。プランターの大きさに合わせて余裕を持たせて植えましょう。

Point2 葉が大きく成長の早い植物を選ぼう!

「ゴーヤ」「キュウリ」「ヘチマ」「朝顔」などは成長が速く葉も大きいため、水分の蒸発が多く、周りの温度を下げる効果に適した植物です。ゴーヤは1週間で1メートルほど成長します。

Point3 伸びる方向を誘引する

葉が6〜7枚に増え、ツルが伸びてきたらネットにヒモなどで誘引しましょう。このひと手間で、完成したときの美しさに差が出ます。

 

冷え過ぎに注意!ハッカ油のチカラ

近ごろ、多様な効能に注目が集まるハッカ(メントール)は皮膚に冷たいと錯覚させる働きがあります。このハッカの作用を利用してクールになる方法を紹介しましょう。
ハッカは約500〜1000円、薬局などで販売されています。

Point1 苗を植える

ハッカを入浴剤として使ったお風呂です。冷たく感じる効果だけでなく、新陳代謝を高める、気分をリフレッシュする、肌や髪をさっぱりさせるなど、多様な効能を持つハッカ風呂。利用方法は、湯船にハッカ油を4〜5滴入れるだけ。ハッカの量を増やしたり、お湯の温度を下げたりすればするほど、冷さを強く感じます。くれぐれも入れ過ぎに注意してください。

ハッカシャンプー
  1. 普段お使いのシャンプーに半〜1滴たらして頭皮を洗い、お湯ですすぎます。
  2. リンスにも半〜1滴たらして髪全体にすり込み、軽くすすぎます。
  3. 最後に、洗面器にぬるめ(34〜38℃)のお湯を張りハッカを半〜1滴たらし、仕上げのすすぎをしましょう。
 

節電パーティーのすすめ

数家族が1つの家庭に集まることで、消費電力を1家庭分だけに抑えることができる節電パーティー。“暑さや生活の不便を解消しながらちゃんと節電もする”という取り組みの輪が広がっています。また、熱中症対策として日中の暑い時間帯に集まる、ご高齢者や小さなお子さんたちのパーティーも、この夏をきっかけに増えていきそうです。

 

五感で涼を感じよう

風鈴の音色や色合いは、見ているだけで涼しげな心地よさを運んでくれます。
このような五感に響く涼しい“モノ”や“コト”を探してみました。

涼しくなる音

個人差はあるそうですが、涼しいと感じる心地よい音を聞くと多少の暑さや不快感が気にならなくなるそうです。おすすめは、せせらぎや水の揺らめくような自然あふれるBGMです。

暑さを和らげる香り

清涼感のある香りは、暑さによるイライラ、不快感を抑えて心を落ち着かせる効果があるといわれています。お部屋では芳香浴、外出にはボディスプレーを携帯して、夏のストレスに香りで立ち向かいましょう。

Check! 暑さの不快感に効果的な香り
涼を感じる色

水を連想させるようなブルー系のインテリアは、ひんやりとした空間を演出します。夏のひと時だけ、お部屋のどこか1か所に白、ブルー、透明、シルバーのアイテムを集めて飾ってみましょう。室内の温度が少し下がった気になりますよ。

 
 

バックナンバー