どんな時に救急車を要請したらいいのか? 【ココミル】

無料・サンプル・プレゼントの美容と健康の情報サイト〜ココミル

文字サイズ
救急車を要請するしないの境界線は?
私たちが突然大ケガや急病をしたとき、早急に病院に搬送してくれる救急車は、心強い存在です。ところが最近、緊急でないにもかかわらず救急車を要請するケースが増えているそうです。こうした要請が増えると、本当に救急車を必要とする場合に、救急車の到着が遅れてしまう可能性があります。そこで今回は、救急車を要請するしないの境界線など、救急車を正しく利用するための情報をお届けします。
 

こんなときは早めに119番!

救急車は、けがや急病などの理由で緊急に病院へ搬送しなければならないための輸送手段です。緊急性の高い病気やケガを判断するのは難しいですが、以下のような場合は、緊急の治療が必要である可能性があるため、早急に救急車を呼びましょう。

早めに救急車を依頼した方がよい場合
  • 呼吸や脈が不規則であるか停止している場合
  • グッタリしていて意識がない場合
  • 脳梗塞などが疑われる低迷状態やろれつが回らない、体の痺れなど
  • けいれんやひきつけが治まらないまたは繰り返す場合
  • 多量の出血をしている(した)場合
  • 激しい頭痛や腹痛が治まらない場合
  • 喉に食べ物や異物をつまらせ取れない場合
  • 農薬など有害な物の誤飲
  • 広範囲のやけどや、皮膚が真っ白か黒く焦げている場合
  • たばこ、洗剤、医薬品などの誤飲※

※ たばこ、洗剤、医薬品は誤飲物の種類や誤飲の状況によって緊急度が異なる場合があります。小さなお子様や誤飲の可能性のある老人などがいる場合は予め対処の方法など確認しておくと良いでしょう。

 

救急車を依頼するときに伝えること

119番は、消防と救急を受け付ける番号のため、電話がつながったら「救急車を依頼する」ことを最初に話してから、次のようなことを伝えます。

  • 現在地の住所(市町村名から)と近くにある目立つ建物や交差点名など。
  • 事故か急病か。
  • 誰がどんな状態であるか。
  • 現在通院中の場合は、かかりつけ医や持病について。
  • 電話をかけている人の氏名と電話番号。
  • 健康保険証と診察券(かかりつけ医がある場合のみ)を用意する。
    ※健康保険証・診察券は可能であれば用意しましょう

※運転中の場合は、安全な場所に一旦駐車してから119番に電話します。

 

119番通報後から、救急車が到着するまで

119番通報後から、救急車が到着するまで

電話口の担当者が心臓マッサージや人工呼吸などの応急手当の方法を教えてくれることがありますので、電話の指示に従い落ち着いて行動しましょう。

また、119番通報が終了した後に、確認のために消防本部や救急車から電話がかかってくることがあります、電話がかかってきたらすぐ電話に出られるようにし、救急車が到着するまでその場を離れないようにします。

救急車が到着したら救急隊員に状況を伝え、付き添いを求められたら救急車に同乗します。

 

救急車を呼んだ方がよいか迷ったら?

ある日、突然目の前で急病やケガで苦しみだしたとき、「救急車を呼ぶべきかどうかわからない」「軽症か重症かわからない」など、どう対応したらよいかとまどってしまうことが少なくありません。こうした現状を踏まえ、現在東京都、大阪府、愛知県、奈良県(2011年2月現在)では、救急相談を受け付ける救急相談センター(24時間対応・年中無休)を設置しています。

プッシュ回線の固定電話または携帯電話・PHSから救急相談センター「#7119」に電話すると、救急隊員OBや看護師が24時間体制でアドバイスをし、急を要すると判断した場合は救急車を呼ぶこともできます。またこの番号では、夜間診療可能な医療機関の案内や応急手当に関するアドバイスなども行っています。

なお上記の地方自治体以外でも、夜間休日医療案内サービスを行っているところがあります。こうしたサービスは、各地方自治体のホームページや広報誌などにも紹介されているので、チェックしてみましょう。

 

子どもが急病のときは小児救急電話相談「#8000」

子どもが急病のときは小児救急電話相談「#8000」

乳幼児は病気にかかりやすいうえに、急に症状が悪化することも珍しくないため「救急車を呼んだ方がよいか」判断に悩むことも少なくないと思います。そんなときに利用したいのが小児救急電話相談「#8000」です。

このサービスは、夜間や休日に「子どもが急病にかかったらどうしたらよい?」「病院に行った方がよい?」など判断に迷ったときに#8000にプッシュすると、電話が現在お住まいの都道府県の相談窓口に自動転送され、小児科医師や看護師から適切な対応の仕方や受診する病院などのアドバイスを受けることができます。またこのサービスは全国どこでも同じ番号(#8000)なので、旅行中や転勤直後などでどこに医療機関があるかわからないときにも、心強い存在になりそうです。

なお小児救急電話相談を実施している時間帯は都道府県により異なるため、詳しくは以下のURLをご参照ください。

■小児救急電話相談(#8000)について
http://www.mhlw.go.jp/topics/2006/10/tp1010-3.html

関連記事
 
 

バックナンバー