健康・美容・美肌情報やサンプルをプレゼント中〜 ココミル

無料・サンプル・プレゼントの美容と健康の情報サイト〜ココミル

文字サイズ
豆知識

二日酔い雑学

お酒を飲む人なら誰でも一度は経験する(?)二日酔い。できれば避けて通りたい!!宴会・パーティシーズンを迎えるその前に、傾向と対策を押さえましょう。

アルコールが体からなくなるまで

アルコールはどうやって代謝されるの?
飲んだアルコールは胃や小腸で吸収され、ほとんどが肝臓に集められて分解が行われます。まずアルコール脱水素酵素(ADH)によって「アセトアルデヒド」という物質に分解され、さらにアセトアルデヒド脱水素酵素(ALDH)で「酢酸」に分解されます。そして、「酢酸」は血液によって全身にゆきわたるうちに水と炭酸ガスに分解されて最終的に息や尿などとして体の外に出ていきます。
酔っ払ってしまうのはなぜ?
最初の分解で作られる「アセトアルデヒド」といいう物質がくせ者。とても毒性が強く、十分に分解されないで体内に残ると頭痛や吐き気、動悸などの症状が出ます。
このアセトアルデヒドを分解するALDHのはたらきには、個人差とともに人種差があり、日本人の約半数は遺伝的にこの酵素のはたらきが弱いか欠けています。つまり、日本人は生まれつき外国人よりもお酒が弱い人が多いのです。
鍛えればお酒に強くなれるというのは本当?
アセトアルデヒドはミクロゾームエタノール酸化酵素(MEOS)という酵素でも分解されます。MEOSは鍛えると強くなるので、練習すれば飲めない人が飲めるようになることもありますが、飲むのをやめればもとに戻るうえ、肝臓を酷使することになるので、練習はおすすめできません。

どうして二日酔いになるの?

二日酔いになる人とならない人の違いって?
生まれつき酒に弱く、わずかの酒を飲んでも顔が赤くなったり、吐き気を訴える人がいます。このタイプの人は遺伝的にALDHが欠けている「飲めない体質」。日本人の約10%はこのタイプといわれ、練習しても飲めるようにはなれません。
二日酔いになりやすいのは、ALDHのはたらきが弱くアセトアルデヒトが体に残りやすい「お酒に弱い体質」の人といえます。お酒が飲める体質の約半数がこのタイプです。
ただし、飲みすぎが問題になるのは「お酒に強い体質」の人。飲めるからといって飲みすぎては肝臓を傷めたり、アルコール依存症になってしまうこともあります。注意しましょう。

「飲める・飲めない」の体質を簡単に調べるアルコールパッチテスト

バンソウコウのガーゼの部分に市販の消毒用アルコールを2〜3滴しみ込ませて二の腕の内側に貼り、7分後にはがして、はがした直後と10分後のガーゼがあたっていた部分の肌の色を見ます。
はがした直後に赤くなっている人は「お酒を飲めない体質」、直後は赤くなっていなかったが10分後には赤くなっている人は「お酒に弱い体質」、肌の色に変化がない人は「お酒に強い体質」です。

二日酔いはこうして起こる!
二日酔いは体内に残ったアセトアルデヒドが主な原因で、加えてアルコールの脱水作用、エネルギー不足、低血糖などが複合して起こります。つまり原因は肝臓の処理能力を超えたアルコールを摂取したこと、要するに「飲みすぎ」です。
アルコールの作用によって全身で脱水症状が起こり、体液のミネラルバランスが崩れるので、脳が脱水状態になることで激しい頭痛を、カリウムやナトリウムの濃度が高くなってのどの渇きを、カルシウムやマグネシウムの不足により疲労感や脱力感を感じます。また、アルコールを分解するために大量のビタミンB1が使われるのでビタミン不足になり、低血糖を補うために肝臓や筋肉からグリコーゲンが使われるので、こういったことからも頭痛やめまい、けん怠感が起こります。
軽い症状の場合には、スープやスポーツドリンクをたっぷりとったり、シャワーを浴びたり、胃腸薬で楽になることもありますが、基本的には、横になっているのが一番。恋の病と一緒で特効薬はなく、時間がすべてを解決してくれます。

二日酔い知らず!? お酒のたしなみ方

二日酔いにならない工夫「和らぎ水」
「和らぎ水」という言葉をご存じでしょうか?
ウイスキーを飲む時の「チェイサー(追い水)」の日本版として、日本酒造組合中央会が推奨しているもので、お酒を飲んだ後に飲む水のことをいいます。水を飲むことでのどの渇きが抑えられ、酔いのスピードが緩やかになり、口の中がリフレッシュされるのでお酒も料理もおいしくなる、というまさに「魔法の水」。
一般的なお酒のアルコール度数は、ビールの5%から清酒やワインの15%くらい、焼酎などが飲む時に水で薄められて10%程度。意外と口に入る時のアルコールは高いのです。
強いアルコールは胃や食道の血管を収縮させて粘膜を傷めてしまいます。水を一緒に飲むことで胃の中でアルコールが薄められる「和らぎ水」は、体に優しい飲み方なのです。
また、水でひと呼吸おくので二日酔いの原因「飲みすぎ」になりにくく、水分を摂ることで代謝が活発になるので、悪酔いを防ぐこともできます。
二日酔いにならない工夫「おつまみ」
お酒を飲む人の中には、飲み始めたら何も食べないという人がいますが、それではすぐに体を壊してしまいますので、おつまみを食べながら飲む習慣をつけてください。 おつまみには、アルコールの吸収をゆるやかにして代謝を助ける食べ物がよいので、肝臓に負担をかける脂っこいものや血圧を上げる塩分の強いものはなるべく避け、高タンパク・低カロリーで、ビタミンやミネラル、食物繊維が多いおつまみをとりましょう。
例えば、ネギマの焼き鳥、ささみの梅しそ焼き、豆腐サラダ、さしみ、チーズなど。魚や肉、野菜、穀類、果物などをバランスよくとるように心がけましょう。寒い時期ならば、野菜がたくさん食べられる水炊きや湯豆腐、肝臓のはたらきをよくするタウリンを含むイカやタコ、貝類を入れた海鮮鍋もおすすめです。
宴会などであまりおつまみがないかも……というときには、飲む前になにか少し食べておくか、胃薬や牛乳を飲んでおくと、胃粘膜を保護して吸収がゆっくりなりますので、酔いにくくなるようです。くれぐれも、すきっ腹では飲まないように気をつけましょう。

古くから「百薬の長」と称されるお酒。もちろん飲みすぎはよくありませんが、自分の体に合う飲み方であれば、ストレス発散に役立ったり血行を促進したりと健康を助けてくれる効果が期待できます。
年末年始は飲み会が増えるシーズン。体を気づかいながら、おいしいお酒を楽しんでください。

 
 
豆知識 一覧へ
 

バックナンバー