知っておきたいアミノ酸の雑学  健康美人を応援【ココミル】

無料・サンプル・プレゼントの美容と健康の情報サイト〜ココミル

文字サイズ
知っておきたいアミノ酸の雑学
アミノ酸は、たんぱく質を構成している物質のことです。アミノ酸は、食べ物のうま味の元となるだけでなく、最近は、美肌や美髪、ダイエットなど、私たちの健康や美容にも優れた働きをすることが明らかになりました。そこで、アミノ酸パワーを有効に活用し、より健康にそして美しくを目指しましょう。
 

私たちのからだに欠かせないアミノ酸

アミノ酸は約20種類あり、大きく分けると必須アミノ酸と非必須アミノ酸の2種類に分けられます。このうち必要なときに体内で合成できるアミノ酸を非必須アミノ酸といい、体内で合成できない必須アミノ酸は、食事から摂る必要があります。

アミノ酸の種類
  • 必須アミノ酸
  • バリン、ロイシン、イソロイシン、リジン、スレオニン、メチオニン、ヒスチジン、フェニルアラニン、トリプトファン
  • 非必須アミノ酸
  • アラニン、アルギニン、グルタミン、アスパラギン酸、グルタミン酸、プロリン、システイン、チロシン、アスパラギン、グリシン、セリン

私たちのからだの約20%はたんぱく質が占め、筋肉や消化官、内臓、髪や皮膚のコラーゲンなど、からだの重要な組織を作っています。そして、たんぱく質を構成しているアミノ酸は、人間のからだにとって欠かせない物質なのです。

 

アミノ酸は、食べ物のうま味の元

アミノ酸は、食べ物の味に大きな関係があります。アミノ酸は、種類によって微妙に味が異なり、アミノ酸の種類と量そして組合せによって、食べ物のうま味が決まるのです。

アミノ酸がもたらす味について
  • うま味や酸味
  • グルタミン酸、アスパラギン酸
  • 甘味
  • グリシン、アラリン、スレニオン、プロリン、セリン、グルタミン
  • 苦味
  • フェニルアラニン、チロシン、アルギニン、ロイシン、イソロイシン、バリン、メチオニン、ヒスチジン

ちなみに、魚はしめた直後より、12〜24時間後の方がおいしくなると言われているのは、時間の経過とともに、たんぱく質の分解が進んでアミノ酸が増えるためです。一段とおいしくなります。私たちが普段食べている肉も、アミノ酸の量を増やして、よりおいしくするために解体した後に一定期間低温で熟成させてから出荷されています。

 

発酵で、アミノ酸のうま味パワーをアップ

発酵で、アミノ酸のうま味パワーをアップ

アミノ酸は、発酵食品のうま味としても欠かせない成分です。

日本では、醤油、味噌、納豆、塩辛など、古くから発酵食品が身近な存在でした。これらの発酵食品は、大豆や魚などを発酵することで、たんぱく質がアミノ酸に分解されてうま味が大幅にアップし、さらに保存性も高まります。ちなみに日本酒、ワインなどのアルコールや酢なども、発酵の特徴を活かした食品です。

また発酵食品が食べられているのは、日本だけではありません。ヨーロッパではチーズやヨーグルトやアンチョビ、東南アジアではナンプラーなど、発酵パワーでアミノ酸のうま味を引き出した食材が、世界各地で食されているのです。

 

肌や髪の美しさを作るアミノ酸

女性に人気の美容成分であるコラーゲン。実は、コラーゲンは、アミノ酸の分子がたくさんつながってできていて、骨、軟骨、筋肉の原料となるだけでなく、皮膚にとっても欠かせない成分です。人間の皮膚は、表面に表皮層があり、その下には真皮層があります。真皮層では、コラーゲンが無数の網目状の層を作り、クッションのように肌を支え、ハリや弾力性、しなやかさを保っています。しかしコラーゲンが不足すると、クッション機能を果たすことができなくなり、肌のハリが失われたり、たるみやしわができてしまうのです。 また、アミノ酸は、肌だけでなく髪の美しさをキープするためにも欠かせない成分です。 毛髪の約80%は、たんぱく質を占め、このたんぱく質の主成分がアミノ酸なのです。 乾燥、パーマ、カラーリングなどで髪が傷むと、髪の毛をコーティングしているキューティクルがはがれ、髪の内側からアミノ酸が流出しやすくなってしまうのです。

 

アミノ酸は、ダイエットの味方?

最近、アミノ酸は、脂肪が燃焼しやすいからだを作る成分として注目を集めています。
これはランニング、水泳などの有酸素運動を行うときに、筋肉の原料であるバリン、ロイシン、イソロイシン(BCAAアミノ酸)の3種類のアミノ酸を補給すると、脂肪を燃焼させる筋肉が増えることで基礎代謝がアップするというものです。その結果消費エネルギーが増えて、太りにくくなるとされています。 ただし、アミノ酸は1gあたり約4kcalと、ブドウ糖などと同じ程度のカロリーがあるので、アミノ酸を摂り過ぎると、カロリーの摂りすぎとなるため注意が必要です。

関連記事
 
 

バックナンバー