本格的な夏を迎える前にダニ退治を 〜サッパリ清潔な部屋で真夏も快適〜 健康美人を応援【ココミル】

無料・サンプル・プレゼントの美容と健康の情報サイト〜ココミル

文字サイズ
本格的な夏を迎える前にダニ退治を 〜サッパリ清潔な部屋で真夏も快適〜
これからの季節は高温多湿になり、ムシムシと不快に感じるだけでなく、ダニが増えやすい時期を迎えます。
ダニは普段は目に見えないほど小さい生物ですが、増殖したダニをそのままにしておくとアレルギーの原因となることもあるのです。
そこで本格的な夏を迎える前に、おうちのダニ対策をしてスッキリ快適な生活を過ごしましょう。
 

ダニは放置するとアレルギーの原因に

ダニというと、人を刺すものと思っている人も少なくないかもしれませんが、家庭にいるダニの約9割は体長約0.3mm〜0.4mmのチリダニ類という種類で、人間の体に直接危害を加えることはありません。しかし、刺さないダニといっても油断は禁物。それは、ダニが発するフンや死骸がアレルギーの原因、つまりアレルゲンとなるからです。

ダニが発するフンや死骸をそのまま放置していると、知らないうちに皮膚に触れたり、鼻や口から吸い込んだりすると、発疹が出たり、咳やくしゃみなどが出ることがあります。これがいわゆるアレルギー性疾患です。
アレルギー性疾患には、気管支ぜん息・アトピー性皮膚炎・アレルギー性鼻炎などがあげられます。アトピー性皮膚炎やアレルギー性鼻炎の場合、ダニは主なアレルゲンのひとつとされています。それだけではなく、小児ぜん息の場合、約90%はダニ・ハウスダストがアレルゲンであるといわれています。
また「私は、アレルギー症状は出ていないから」といっても、油断は禁物。体内にアレルギーの原因となるアレルゲンが蓄積され続けると、ある日突然アレルギー症状を発することもあるので注意しましょう。

ダニは放置するとアレルギーの原因に
 

高温多湿の季節は、とくにダニに注意!

日本では、高温多湿の季節を迎える6〜9月は、ダニが最も繁殖しやすい時期です。
とくにダニが繁殖しやすい環境は次のとおりです。

 
ダニはこんな環境が大好き
  • 湿度が60%〜80%とジメジメした場所
  • 25〜30℃と温かい場所
  • フケ・食べカス・カビなど、ダニの餌がたくさんある
  • 畳・じゅうたん・布製のソファ・ぬいくるみなど、もぐりこめる場所がある
  • 風通しが悪く、換気をする機会が少ない

ただし、最近の住宅は気密性が高く湿気がこもりやすいうえに、冬でも室温が温かく保たれる傾向があるため、昔よりダニが繁殖しやすい環境になりつつあります。ダニは季節に関係なく、いつでも室内にいることを覚えておきましょう。
そして、ダニを増やさないためには、室内の湿度を下げることが大切です。そこで、まずは室内の湿度を下げるための対策をご紹介します。

 
室内の湿気を下げるための心得
  • 窓や戸を開けて、こまめに換気をする
  • 室内に洗濯物を干すのは避ける
  • 入浴後は、浴槽に水を貯めたままにせず、浴室を早めに乾燥させる
  • 台所では、炊事後もしばらく換気扇をまわす
  • 湿気の多いときは、除湿機を利用する

湿気が多いと、ダニだけでなくカビも発生しやすくなります。カビはダニの餌にもなるため、これからの時期はとくに湿気に気をつけましょう。
ただし、湿気対策をしても室内にダニの死骸が残ったままでは、アレルゲンを完全に除去することはできません。つまりダニが繁殖しにくい環境を整えるだけではなく、念入りな掃除で、アレルゲンをしっかり取り除くことも大切なのです。

 

掃除は部屋の隅やすき間を念入りに

室内のダニを取り除くには、こまめな掃除は欠かせません。部屋の隅やすき間など、ダニが発生しやすい場所は掃除機かけを念入りに。
また、じゅうたんや畳の部屋は、フローリングの場合よりダニが繁殖しやすいうえに、じゅうたんや畳の中にダニが入り込んでいる可能性があります。そこで、じゅうたんや畳のある部屋では、畳1畳当たり30秒から1分を目安に掃除機をかけるように心がけましょう。

また、ソファのすき間やベッドの隅など、ホコリが積もりやすい場所もダニが繁殖しやすい場所です。掃除機がかけられない場所は、固く絞ったぞうきんでホコリをしっかり拭きとりましょう。

 

ふとんを干した後も、掃除機をかける

掃除は部屋の隅やすき間を念入りに

寝具は汗で湿気がたまりやすく、ダニのエサとなるフケや垢が付着することから、ダニにとって住みやすい環境なのです。そこで、ダニ対策のためには、寝具の手入れも重要なのです。
寝具の手入れの基本は、ふとんや枕を干して、ふとんから湿気を取り除くこと。そして、ふとんを干しているときにふとんや枕を叩くと、ふとんや枕の表面についたダニを落とすことはできます。しかしこれではまだふとんや枕の中に潜んでいたダニを十分に取り除くことはできません。

そこで、ふとんを干した後は1平方メートルあたり20秒以上を目安に掃除機をかけて、ふとんの表面に付着したダニを吸い取りましょう。そして、ふとんも洗える素材の場合は、年2回を目安に丸洗いしましょう。

なおふとんの素材を選ぶとしたら、羽毛や綿よりも化繊素材のものを。枕は羽毛や綿などの素材よりパイプやビーズなど通気性の良い素材の方が、ダニが繁殖しにくいとされています。

 

意外と忘れがちなのはこんな場所

ダニの温床になりやすいにも関わらず、意外と手入れを怠りがちなのが、ぬいぐるみです。
ぬいぐるみは、子どもたちが直接手で触れることも多いため丸洗いするのが理想ですが、洗えない素材の場合は、掃除機をかけるようにましょう。
また、毛布もふとんと同じように人が触れる時間が長いわりには、手入れを怠りがちな場所です。毛布も定期的に丸洗いやクリーニングをして清潔な状態を心がけましょう。

関連記事
 
 

バックナンバー