健康・美容・美肌情報やサンプルをプレゼント中〜 ココミル

無料・サンプル・プレゼントの美容と健康の情報サイト〜ココミル

文字サイズ
静電気の豆知識 静電気とうまくつきあおう
空気が乾燥する秋の終わりごろから冬は、静電気に悩まされる人も多いのではありませんか?
痛みや不快感を「びりっ」と与える静電気について、発生の原因、予防方法、身体との関係などについて改めて知ってみませんか。
 

静電気って何?

静電気って何?

地球上の物質には必ず電気が存在しています。私たち人間も電気を持っており、私たちのまわりの物質も電気を持っています。洋服も洋服についたほこりも、パソコンも電気を貯えているのです。そして電気は「プラス」と「マイナス」で構成されています。

この二つは、両方のバランスを保つことによって安定します。通常はプラスとマイナスの両方の電気を同じ量だけ持っているため、電気が流れていることには気付かずに生活しています。

ところが、強い力や摩擦が加わると、安定度の弱いマイナス電気は取れてしまい、プラス電気だけが残ります。この状態を「帯電状態」と呼びます。帯電状態で電気を通しやすい物にさわると、残っているプラス電気は電気を通しやすい乾燥した空気を利用してマイナス電気と結合しようとします。その結合の瞬間に放電が起こり、これを静電気といいます。
静電気とは、言ってみれば小さなカミナリと同じようなものなのです。

 
 

どんなとき、どんなところに静電気は起こるの?

静電気が発生しやすいのは、気温と湿度が低いとき、たとえば秋冬の乾燥した時期です。具体的には、湿度20%以下、気温25度以下では静電気が発生しやすいといわれています。暖房などによってさらに湿度の下がった室内は、静電気がますます発生しやすい状態となります。

静電気体質

それでは、同じ場所にいるのに静電気を感じやすい人と感じにくい人がいるのはなぜでしょう。
いわゆる「静電気体質」の人とは、自然放電ができない人(帯電体質)といわれています。ある一説によると、体内酸性化によってからだの中の電気(イオン)バランスが崩れて、帯電体質、つまり静電気体質になりやすいとされています。
静電気体質といわれる人の多くは肩こり、冷えなどに悩まされています。これらの症状は乱れた食生活や睡眠不足が原因であることが多いのです。体内酸性化が進むと、体内のマイナス電気が不足するので外部からマイナス電気を強く呼び寄せるようになってしまいます。
一方で、体内が弱アルカリ性に保たれている人は、上手に自然放電できることによって静電気を感じにくいといえるのです。

 
 

日常生活の中の静電気

ドアノブやパソコンで「バチッ」と感じる以外に、私たちの身の回りにはどんな静電気があるのでしょう。私たちを困らせる代表は、洋服を着替えるときの静電気でしょう。これは洋服の素材の組み合わせに左右されるため予防が可能です。
また、ガソリンスタンドで発生する静電気による発火はとても危険です。静電気が気化したガソリンに引火して火事になることを防ぐため、静電気除去シートが備え付けられたスタンドも多くなりました。セルフスタンドでは除去シートにさわってから給油を行い、除去シートが無い場合には付近の金属部にさわって体内の電気を逃がしてから給油を行うことをおすすめします。

そのほか、ジュースに付いているストローが袋から取り出しにくいことや、カップ麺の容器内でスープの粉がカップやフタに張り付いてしまっていることも、静電気のしわざです。

一方、やっかいもの扱いされることの多い静電気が、身の回りで大活躍していることをご存じですか。たとえば、フローリング掃除に便利なモップは、ほこりや髪の毛を静電気の発生によってからめ取ってしまう仕組みです。またお料理に使うラップが、ぴったりお皿にくっついてくれるのも静電気を利用しています。さらに、プリンターやエアコンにも静電気の原理が利用されています。

 

静電気を予防しながら健康に!

まず、洋服を着るときに起こる「バチッ」を防ぐにはどうしたらよいのでしょう?
ヒントは素材の組み合わせです。衣類は材質・素材によって帯電しやすさが異なります。マイナスに帯電しやすい素材の代表はアクリル、ポリエステルです。一方プラスに帯電しやすいのはウール、ナイロンです。

静電気を予防しながら健康に!

この表の位置が遠い素材の組み合わせのコーディネートをすると、静電気が起こりやすいのです。よって、同じ素材を組み合わせたり、表中の位置が近い素材を組み合わせることによって静電気を予防することができるでしょう。
ドアノブやパソコンにさわるときに発生する静電気を防ぐには、できるだけ大きな面積でさわってみるとよいでしょう。指先だけではなく、例えば手のひらなどの少しでも大きな面積でさわることによってダメージは軽減されます。

また、静電気が起こりにくい身体づくりも予防のひとつです。
静電気体質の方は、血液の濃度が高い、つまりドロドロの血液であるという説があります。また、健康な身体は弱アルカリ性ですが、これが酸性にかたよってしまうことによってマイナスイオンを保持できなくなってしまうといわれています。
これには食生活の改善が大切です。例えばつい手が出てしまう、いわゆるジャンクフードは、栄養がかたよるばかりか、血液をドロドロにするといわれています。バランスの取れた食事や健康的な食習慣を心掛けて、静電気体質を改善し、弱アルカリ性体質をつくっていきましょう。
また、植物やシャワー、滝などマイナスイオンを出してくれるモノや場所に行くことで、マイナスイオンを取り入れるようにするのも良いかもしれません。

電気を放電しやすい身体「弱アルカリ性」体質を保つには・・・

カルシウム、マグネシウム、ナトリウム、カリウムなどのミネラルを多く含んだ食品を摂ることで体内のPhを調節しましょう。
たとえば、大豆・ゴマ・アーモンドといった果実や、コンブ・ハマグリ・イワシ・アジといった魚介類です。日常の食事に意識して取り入れてみてはいかがでしょう。

 

美容と静電気の関係

美容と静電気の関係

髪に起こる静電気はいやなものです。せっかくのスタイリングがだいなしになってしまっては、気持ちまで沈んでしまいます。
静電気が起きてしまうのは髪が内部まで乾燥している証拠です。
静電気によって切れ毛になってしまうこともあります。また、静電気がホコリを寄せ付けるので、髪に汚れがついてしまう原因にもなってしまいます。また、ブラッシング時には髪の摩擦によって静電気が発生します。
マイナスイオンドライヤー、保湿成分を含むシャンプー、ブラッシング用スプレー、静電気防止ブラシなどを利用することによって静電気を防ぎ、クリスマスやお正月などイベントが多い冬こそ素敵なヘアスタイルで過ごしたいものですね。

 
 

バックナンバー