健康・美容・美肌情報やサンプルをプレゼント中〜 ココミル

無料・サンプル・プレゼントの美容と健康の情報サイト〜ココミル

文字サイズ
豆知識
お正月が終わればバレンタインデー。今年は義理チョコいくつかしら、なんて鬱陶しく考えている人も多いのでは?でもこのチョコレート、思っている以上に優秀な食材のようです。
普段お世話になっている周りの人へ、感謝をこめて贈ってみてはいかがでしょうか?
 

動脈硬化におススメ!?チョコレートの意外な効果

チョコレートの原料となるカカオ豆にはポリフェノールが含まれています。ポリフェノールは生活習慣病や老化を引き起こす体内の活性酸素の働きを抑えるとされ、その健康機能が報告されています。
カカオ・ポリフェノールが、動脈にコレステロールがたまったり、LDL-コレステロールが酸化して動脈硬化が進んだりするのを防ぐといわれています。
また、カカオ脂はコレステロールを上げにくいとされている飽和脂肪酸のステアリン酸、不飽和脂肪酸のオレイン酸が主な成分となっています。チョコレートを食べてもコレステロールは上がらないという報告もあります。

 

仕事や勉強にも!疲れた時のチョコレート

チョコレートの意外な効果

カカオ・ポリフェノールは、身体的・心理的ストレスに対しても抵抗力が強まるといわれています。チョコレートの香りが集中力や注意力・記憶力を上げたという実験も報告されています。
また、チョコレートに含まれる糖類は吸収が速く、すぐにエネルギーになり、チョコレートに含まれるテオブロミンという苦味成分は、脳を刺激するはたらきがあり、意欲を上昇させます。疲れている時、何かに集中したい時は、チョコレートを一欠けら食べてみてはいかがでしょう。

苦味成分テオブロミンは、この他に利尿作用や、咳止めなどにも働くと言われています。チョコレートに含まれている量でどれほどの効果があるかはわかりませんが、ちょっと魅力的ではないですか?

 

これからの季節に…アレルギーの症状抑制?!

これから、花粉症などが気になりだす季節になります。カカオ・ポリフェノールはアレルギーの原因となる活性酸素の過剰な働きを抑制するとされています。
また、チョコレートは自然に溶けるため吸収がよく、腸内でさまざまな細菌を抑えることで異常発酵をも抑制し、その結果、免疫機能が高まり自然治癒力を向上させるとも言われています。

 

チョコレートで太るはウソ??

「チョコレートを食べると太る」と言われていますが、チョコレートに含まれるカカオ脂はコーン油等に比べて体内での吸収率が低く、通常油脂のエネルギーが1gあたり9キロカロリーのところ、カカオ脂は実際には約6キロカロリー程度であるといわれています。
また、ニキビができる、鼻血が出るというのも科学的には根拠はないといわれています。
とはいえ、市販の多くのチョコレートには砂糖も多く使われていますし、高カロリーであるのも事実なので食べすぎにはご用心ください。

  • 1gあたり9キロカロリー
  • 1gあたり約6キロカロリー
 

バレンタインデーにはもってこい!?恋愛物質チョコレート

恋愛物質チョコレート

「チョコレートには、人間の脳に見出されるのと同じ化学物質があり、これが恋愛感情の起伏に直接関連している」という発表があります。
この化学物質とは、フェニルエチルアミン(PEA)といわれ、人が恋愛している時や、何かに夢中になっている時に脳内でつくられ、反対に恋をしていない時や、沈んだ気持ちの時はつくられなくなってしまうと言われています。

どこまで効果があるのかはわかりませんが、好きな人に食べさせて高揚感を恋愛感情と錯覚させたり、自分でも食べて恋愛する意欲を上昇させたり…なんてこともできるかもしれませんよ。

この記事はココミル会員様の投稿によるものです。
投稿者:三重県 HNぱんじーさん 30歳
 
 
 

バックナンバー