健康・美容・美肌情報やサンプルをプレゼント中〜 ココミル

無料・サンプル・プレゼントの美容と健康の情報サイト〜ココミル

文字サイズ
豆知識
これから、夏本番!海にスポーツにバーベキュー、楽しいことが盛りだくさん!
だけど、楽しくて浮かれ過ぎていると熱中症になっちゃうかも!?自分には関係ないと思わずに、きちんと対策をとれば怖いことはありません。
 

熱中症とは!?

熱中症は暑い環境下で生じる障害の総称です。以下のような種類があります。
熱失神・熱疲労・熱けいれん・熱射病などがあります。それぞれ原因や症状が異なる部分があります。
汗をかかない場合や、皮膚が冷たくなることもあるので、見過ごさないよう気をつけなければなりません。
熱射病は死亡率も高く、気付いた時には手遅れということもあります。正しく知って、未然に防ぐことが一番大切なのではないでしょうか?

  • 気温だけでなく湿度にも注意
  • 気温が高い日だけでなく、湿度が高い日にも注意しなくてはいけません。湿度が高いと体温を下げるためにかいた汗が蒸発しないため、体に熱がこもってしまいます。
  • 急に暑くなった日には要注意!
  • 人間の体は環境の多少の変化に対応できるようになっていますが、急に暑くなると対応しきれないことがあります。雨上がりの日などには注意しましょう。
  • 夏の屋外だけじゃない!室内や冬場でも注意
  • 熱中症というと、暑い夏の日に屋外で起きるというイメージがありますが、なにも夏の屋外に限った話ではありません。閉め切った蒸し暑い部屋や、冬場のマラソンなどでも熱中症の危険はあります。
    家で、アイロンをかけたり、火を使って調理する時なども注意が必要です。油断して対策を怠ると…
 

熱中症とは!?

運動や労働をしなければいけない時には、休憩と水分補給をしっかりとりましょう。頭がくらくらするなどの異常があればすぐに休みます。

水分だけでなく、塩分糖分も摂取するようにしましょう。スポーツドリンクも有効です。喉が渇く前に小マメに水分補給を忘れないように!

被りっぱなしで帽子に熱がこもったら、一度とって軽く仰いで熱を逃がし、汗を乾かしてまたかぶりましょう。また、首まで覆いがある帽子や、タオル巻くなど直射日光が当たらないように心掛けましょう。

通気性や吸湿性の良い素材で、薄い生地であるものを選ぶようにしましょう。また、太陽熱を集める濃い色や、体を締め付けるきつい服装は避けましょう。

  • 運動後すごく体重が減った
  • 気温が高いのに寒く感じる
  • 自分ではなかなか気づかないので、周りの人を気にかけておくことが大切です。
 

もし、熱中症にかかったら??

ポイント01

意識がなかったり熱射病の症状がある場合、生死にかかわりますので救急車を呼ぶか、いち早く集中治療のできる病院へかかりましょう。

ポイント02

涼しくて風通しのよい日陰などに移動します。
(適切な場所が見あたらなければ、うちわなどで仰ぐなどして代用します。)

ポイント03

衣服を緩め、楽な姿勢で休みます。

ポイント04

薄い食塩水やスポーツドリンクを飲みましょう。
意識がないとき、吐き気がするときなど水分を摂取できない時は、医療機関で診断を受けましょう。

ポイント05

体温が高い場合は、霧吹きで水かぬるま湯を吹きかけましょう。また、首筋や脇など太い血管が通っている個所を冷やすのも効果的です。

手当てをしても症状が治まらない時は、医師の診断を受けましょう。

 
 
 
豆知識 一覧へ
 

バックナンバー