おうちヨガでダイエット【ココミル】

無料・サンプル・プレゼントの美容と健康の情報サイト〜ココミル

文字サイズ
ポイントは呼吸法 | おうちヨガでダイエット
暑くなると、ダイエットのために新たに運動を始めるのが億劫になってしまうもの。
多少さわやかに動けるはずの室内運動も、移動するだけで汗だくになってしまい、やる気が激減……なんてこともよくある話です。そんなとき、家の中で手軽にできる運動があれば、実はダイエットに一番の近道になることも。
今回は、お家の中で無理なく取り組め、代謝アップが期待できる「おうちヨガ」をご紹介します。
 

おうちヨガって何がよいの?

おうちヨガの最大のメリットは、いつでもどこでもできること。
スタジオに通う必要もないし、朝起きてすぐでも、寝る前でも、隙間時間で行えるので、無理なく続けられます。毎日コツコツ続けることが代謝のよい体をつくり、ダイエットの近道に。自分のペースでできるので、周りの人の目を気にする必要もありません。自分自身と向き合うことで、体の調子を確認したり気持ちをリラックスさせたりと、身も心も健康になれるのです。

 

おうちヨガのポイントは呼吸法

ヨガの基本は、何といっても呼吸法にあります。
呼吸法ができたら、いろいろなポーズを組み合わせていきます。ゆっくりと深い呼吸は、体内に酸素をしっかり取り込んで血行を促進。その状態でストレッチを加えたポーズをとることで、体のすみずみまで血液が行き渡り、新鮮な空気を送り届けられると考えられています。ヨガの呼吸法は腹式呼吸が基本ですが、朝は頭の回転を活発にする胸式呼吸もおすすめです。
夕方や夜に行う場合は、リラックス効果の高い腹式呼吸がよいでしょう。

腹式呼吸と胸式呼吸を試してみよう!

頭で理解するのもよいですが、何はともあれ一度やってみて体で覚えるのが一番。
今すぐ試してみましょう。

腹式呼吸

お腹をへこませるようにしながら、お腹から空気を吐き出します。
おへその下の辺りを意識しながら、お腹を膨らませるように鼻から息を吸い込みます。
お腹の中から空気を出し切るように、ゆっくりと息を吐き出します。

胸式呼吸

胸を張るようにしながら、お腹から空気を吐き出します。
胸に空気を入れて膨らませるようなイメージで鼻から大きく息を吸い込みます。
鼻からゆっくり息を吐き出します。

 

ダイエットに適した基本のポーズ

呼吸を整えられたら、今度はポーズをとってみましょう。
おうちヨガをやるうえで大事なのは、全身のバランスを意識すること。体の重心がどこにあるかを考えながら、呼吸を整えてリラックスした気分でポーズをとってみましょう。
今回紹介するポーズは、初心者でも取り組みやすい、ダイエット効果が期待できるポーズです。
ほかにもさまざまなポーズがありますので、慣れてきたら少しずつレパートリーを増やしていくとよいかもしれません。

 
ツリーのポーズ
下半身が気になる方に。全身のバランスを整えるツリーのポーズ
  1. 真っすぐに立ち、鼻から息を吸いながら、右足の踵を左足の内くるぶしに添えるようにします。手は、胸の前で合掌します。
  2. 息を吐きながら、右膝の膝と股関節を外側に開きます。
  3. 息を吸いながら、右脚を持ち上げ左足の太ももの内側に足裏をつけます。
    足の指を伸ばすように意識しましょう。
  4. その姿勢を保ったままで、ゆっくりと呼吸を3回繰り返します。
  5. 息を吐きながら右脚を下します。
  6. 左脚も同様に行います。

ウエストのシェイプアップに。引き締め力のあるVのポーズ
Vのポーズ
  1. 三角座りの要領で、両膝を揃えて背筋を伸ばして座ります。手は床についておきます。このとき骨盤は床に対して垂直になるようにしましょう。
  2. 息を吸い込み、ゆっくりと息を吐きながら、右足の膝下部分が床と水平になるように持ち上げます。
  3. もう一度息を吸い込み、左足も同じように息を吐きながらゆっくりと持ち上げます(柔軟性に余裕がある場合は、両膝を伸ばしてみましょう)。
  4. 息を吸いながら両腕も床と並行になるように持ち上げます(難しい場合は手を床についたままでも大丈夫です)。
  5. 背中が丸まらないよう、お腹と背中を引き寄せるように意識しながら、呼吸を3回繰り返します。
  6. ゆっくりと、両手、両足を下します。
 

Q&A

質問 ヨガのポーズがきちんとできているか不安です。間違っていたら効果はないのでしょうか?
アンサー ヨガは呼吸法を意識して行えば、深い呼吸ができるようになり、気持ちがリラックスしたり血流がよくなったりします。
また、全く同じポーズをしようとしても、体の固さには個人差があります。無理して行うのではなく、自分のペースで、できる範囲で気持ちよく感じるように行うのが大切です。
おうちヨガの書籍やDVDなども販売されているので、参考にしながら行ってもよいでしょう。
ライン
 
関連記事
 
 
健康美人 バックナンバーへ
 

バックナンバー