健康・美容・美肌情報やサンプルをプレゼント中〜 ココミル

無料・サンプル・プレゼントの美容と健康の情報サイト〜ココミル

文字サイズ
できてしまった大人ニキビに 自分でできる3大対策!
年齢を重ねるとともに増えてくるシワ。とくに目尻や口元のシワは“老け”を感じさせます。これからは空気がとても乾燥する季節。今すぐケアを始めて、「うるおい」と「ハリ」のある美肌づくりを目指しましょう!

シワの原因って?

シワの原因にはさまざまなものがありますが、中でも大きな影響を与えるのが紫外線と乾燥です。肌は「表皮」、「真皮」と呼ばれる2つの層から成り立っています。肌は、紫外線を浴びたり乾燥したりすると、真皮の主成分であるコラーゲンやエラスチンがダメージを受け、本来の役目を果たせなくなり、肌の表皮の水分量が不足します。結果、皮膚は弾力性を失い、シワやたるみが発生するのです。また、偏食や睡眠不足、過労など、生活習慣の乱れも肌のターンオーバーに影響し、理想の美しさを保てなくなってしまいます。そのほか、誤ったスキンケアや自己流のマッサージによる肌への摩擦や血液の循環不良もハリを低下させ、シワの原因となります。

シワの原因

・紫外線
・冷たい外気やエアコンなどによる皮膚の乾燥
・食生活の乱れ、夜更かし、疲れなどによる新陳代謝の悪化
・肌への摩擦や刺激 など

 

今日から始める3つのシワ対策

では、シワを予防するにはどうしたらよいのでしょうか? 日常生活の中にひそむシワの原因は、毎日の心がけ次第で予防することが可能です。
まずは、紫外線を浴びないようにする、空気が乾燥しているところを避けるといったことで、シワをつくる原因を減らすことが重要。さらに、スキンケアと食事でしっかりと保湿をし、マッサージで肌の新陳代謝をアップさせましょう。

紫外線予防

●目指せ100%! UVケア
外出をまったくしないというのは非現実的ですし、室内にいても反射光などがあるので、100%紫外線を浴びずに生活するのは不可能です。でも、日焼け止めクリームや帽子、日傘などで、浴びる量を減らすことはできます。紫外線から皮膚を守るのは、夏だけのことではなく、1年中必要なこと。冬だからと安心せず、ちゃんとUVケアを心がけましょう。
●外的乾燥を避ける
室内の空気も乾燥するこれからの季節。エアコンの風には直接当たらないようにしましょう。加湿器を使用すると、なお◎。

保湿

●材料となる栄養素を
肌の真皮成分の約8割を占めているコラーゲンや、コラーゲンをつないで弾力を生み出している線維のエラスチンをより多く体内に取り入れましょう。コラーゲンやエラスチンが多く含まれている食べ物は、牛すじ肉、手羽先、軟骨、煮魚など。同時に、コラーゲンを生成したり、細胞の酸化を抑えてくれるビタミンCを。栄養補給は、なるべく食事で行いたいことですが、難しいときはサプリメントを利用するのもひとつの方法です。
●保湿ケアはしっかりと
洗顔したらすぐに、肌に水分を与えます。ハリをアップさせるには、コラーゲンやヒアルロン酸、セラミド、エラスチンなどの成分が配合されている化粧水や美容液が有効です。

マッサージ

●洗顔はやさしく
古い角質は、ターンオーバーを遅らせてシワの原因となってしまうので、洗顔はしっかりと。でも肌を強くこすると、それがシワの原因になってしまうことも。洗顔料は、よく泡立ててから、肌をやさしく包み込むように洗いましょう。顔をふくときはタオルをそっとあてて、肌に刺激を与えないことが大切です。
●顔マッサージで血行を促進
マッサージにより血行を促し、皮膚の新陳代謝をよくすることがシワ予防につながります。ただ、自己流で間違ったマッサージをしてしまうと逆効果なので注意。マッサージクリームやオイルを使用し、肌に刺激を与えないようにやさしくマッサージしましょう。細かい部分は指の腹、頬は手の平で、強くこすらずに筋肉の流れに沿って行います。

マッサージ方法
  1. 額中央から額の両端に向けて、引き上げるようにらせんを描く。
  2. 目の周りを内側から外側へ指を滑らせるようになぞり、こめかみを気持ちいいと感じるくらいの強さで指圧する。
  3. 鼻の側面、小鼻のまわりを上下になぞる。
  4. 唇の上下を中央から外側へ口角を持ち上げるようになぞる。
  5. 頬は大きならせんを描くように中心から外側に引き上げる。
 
 
得するビューティー 一覧へ
 

バックナンバー