健康・美容・美肌情報やサンプルをプレゼント中〜 ココミル

無料・サンプル・プレゼントの美容と健康の情報サイト〜ココミル

文字サイズ
冬こそ痩せる!予防と対策で冬太りしない体をつくろう
冬は太りやすいと思っている人は多いかもしれません。でも実は、冬が一番痩せやすい季節なのです。
とはいえ、冬になると太りやすい人が多いのも事実。
そこで今回は、なぜ冬に太ってしまうのかを振り返りつつ、冬太りを予防する方法をご紹介します。
 

どうして痩せやすいはずの冬に太るの?

季節に関係なく、体には一定の体温を維持する機能が備わっています。そのため、気温が低くなると体はエネルギーを消費し、体温を上昇させようとはたらきます。つまり、特別なことをしなくても、冬は1日に消費するエネルギーが夏に比べると多くなる季節。運動をすれば、夏以上にダイエット効果が期待できるのです。

それなのに、実際には冬に太りやすい人が多いのは、クリスマスやお正月、忘年会、新年会などのイベントが目白押しのシーズンだからです。つい飲み会などで食べすぎてしまううえ、寒いのを理由に体を動かさずじっとしてしまいがちになるからです。
冬太りの原因は食べ方や食べるものにあり、それらを上手に選べば冬太りは簡単に予防できるということ。「ダイエットしなきゃ」と焦る前に、日頃から太りにくい習慣を身につけておきましょう。

 

冬太りを予防しよう!

飲み会対策

アルコールの席では揚げ物や味つけの濃い食べ物が多くなりがちです。可能なら、お店を選ぶときには、おでんや焼き鳥、最近人気の蒸し料理などの和食中心のお店をチョイス。
また、2次会、3次会とズルズル長引くのも、アルコールの量が増えてカロリーオーバーの原因に。
内臓にも負担がかかり、肌荒れなどのトラブルの原因にもなるので注意しましょう。

居酒屋:高カロリーメニュー
  • ポテトフライ 458kcal
  • ミックスピザ(2切れ) 407kcal
  • とりのから揚げ(4コ) 305kcal
 
居酒屋:低カロリーメニュー
  • アサリの酒蒸し 21kcal
  • 枝豆 24kcal
  • 和風サラダ 91kcal
食べすぎ対策
食べすぎ対策

年始は、おせち料理やお雑煮など、たくさんのご馳走が用意され、どうしても食べすぎてしまう傾向があります。さらに、高カロリーな料理が多いだけでなく、お酒の量も増えてしまいがち。
そんな生活がお正月以降もクセになっている人も多いのでは?

年末年始の暴飲暴食で内臓はお疲れ気味。そこに追い討ちをかけてダラダラと食べ続けていると、一年のスタートが台無しです。まずは1日3食のリズムを乱さないようにする事が大切です。とくに間食は控え、食事ではあっさりした鍋料理などの野菜たっぷりメニューで胃を休ませてあげましょう。

おせち料理:高カロリーメニュー
  • 栗きんとん 227kcal
  • 黒豆 168kcal
  • 伊達巻き(2切) 118kcal
 
おせち料理:低カロリーメニュー
  • 市松かまぼこ 18kcal
  • 田作り 34kcal
  • かずのこ 42kcal
 

ダイエットをするならやっぱり運動

痩せやすい冬は、ちょっとした運動でもダイエットに効果的。家の中で手軽にできる運動を続けて太りにくい体づくりを始めてみましょう。
おすすめは、掃除をしながらできる運動です。20代の女性が掃除機を普通に10分かける運動では、約22kcalを消費するといわれています。掃除の仕方によっては、消費カロリーをもっとアップさせることも可能です。掃除する時間を有効に利用してカロリーを消費すれば、部屋も体もスッキリ。
汚れと脂肪を一緒に落として一年を快適にスタートさせてみませんか?

掃除機で筋トレ

掃除機をかけるときに、両足を揃えて立ち、手の動きに合わせてひざを上下に動かします。この時、ひざが足のつま先より前に出ないように。移動する時は、両手で掃除機を持ち、腰を少し落として一歩を踏み出します。正面に移動するだけでなく、ひねりを加えながら左右に移動するとわき腹や大腿骨を刺激して効果的です。

屈伸掃除で筋トレ

壁や窓など、垂直に拭き掃除をする場所は多いですよね。この時、横方向ではなく、縦に拭くことで運動効果が得られます。両足を揃えて、高い所から低い所へと雑巾を動かすと、スクワットの要領で屈伸運動になります。

この他、お風呂場やトイレなど、姿勢を変えながら掃除する所は消費カロリーも高いのでおすすめです。

ほかにもまだある!ついでにできる運動

掃除中だけでなく、何かをしながらできる運動はほかにもあります。自分なりの「ついでにできる運動」を見つけてみてもよいかもしれませんね。

 
何かのついでにエクササイズ
何かのついでにエクササイズ

歯磨き中など、立ったついでにできる運動です。

  • 両足を少し開いた状態で立つ。
  • かかとをゆっくり上げ下げする。
  • 最初はゆっくり、徐々に早く上げ下げする。20回繰り返す。
 
お風呂でストレッチ

湯船につかりながらすると、代謝がさらにアップします。

  • 両手で足首をゆっくりと回す。
  • できるだけ脚を伸ばし、膝の裏に手の平を当て、上半身をひっぱり、10秒間キープ。
  • 手の平で足首を包み込み、ふくらはぎを持ち上げるように膝裏まで手を動かす。10回繰り返す。
  • つま先を手の平でぎゅっとつかんで足の裏を伸ばし、10秒間キープ。
  • 正座をし、両手を上にあげて深呼吸しながら伸びをする。
 
得するビューティー 一覧へ
 

バックナンバー