健康・美容・美肌情報やサンプルをプレゼント中〜 ココミル

無料・サンプル・プレゼントの美容と健康の情報サイト〜ココミル

文字サイズ
体の芯から美しく 水のチカラで健康美を手に入れる!!
シミ・シワ・たるみ・くすみ・・・一生懸命スキンケアに励んでいるのに、肌トラブルは年々増えるばかり。いつまでも若くキレイでいたいと思っていても、避けられない老化。その原因は美しさだけでなく健康をも損ねてしまう活性酸素です。
肌トラブルが起こるのも病気になってしまうのも、理屈は同じ。私たちの体の中にある細胞が活性酸素によって酸化され、本来の元気な状態を保てなくなっているのです。
今回は、体を芯からメンテナンスして、健康美を手に入れる秘訣を探ります。
 

活性酸素って何者!?

活性酸素

活性酸素は、私たちが呼吸によって取り込んでいる酸素の一部が変化して活性化したものです。
本来は、体外から侵入してきた細菌やウィルスを攻撃するために備わっている免疫機能の一部ですが、威力が強すぎるために増えすぎるとさまざまな問題を引き起こします。病気や老化の原因となるのは、細胞膜を酸化して細胞を壊してしまうからです。

活性酸素は増えすぎると健康にも美容にも悪影響をおよぼします。
しかし、現代の私たちの生活には、活性酸素を増やす要因が多く、どうしても過剰になってしまいがちです。

活性酸素を発生させるさまざまな要因
  • 紫外線
  • 酸性雨
  • 飲酒
  • 喫煙
  • 激しい運動
  • 細菌やウィルス
  • 排気ガス
  • ダイオキシン
  • 排煙
  • 殺虫剤
  • 除草剤
  • 残留農薬
  • 食品添加物
  • 洗剤
  • 化学薬品
  • 電磁波
  • 放射線治療
  • ストレス
 

体の酸化を防ぐには!?

活性酸素による害は、強力な酸化力によって引き起こされます。
そのため活性酸素から体を守るには、活性酸素の酸化力をなくしてしまうはたらきがある抗酸化物質を摂取するのが効果的です。
栄養素なら、緑黄色野菜に多く含まれているβ−カロテン、ナッツなどに多いビタミンE、野菜や果物に豊富なビタミンCなど。香りや色・辛みや苦みの成分のフィトケミカルも酸化から体を守ってくれます。

栄養素
体の酸化を防ぐには!?
 

しかし、これらの抗酸化物質は、いくつかの物質が結合してできているため、脳の中には入っていけません。脳へ入っていけるのは、ビタミンやフィトケミカルよりも小さな抗酸化物質。
それが、水素です。

水素はとても小さく、脳の入口を簡単にすり抜け、脳内の健康もしっかりと守ってくれます。
さらに、酸素と結びつくと水になる物質なので、活性酸素と積極的に結合し、水となって尿や汗として体の外へ活性酸素を追い出すはたらきがあるのです。

抗酸化作用がもたらすさまざまな効果
  • 肌トラブルの改善
  • シワの予防
  • 老化予防
  • 風邪・インフルエンザ予防
  • 二日酔いの予防・改善
  • アトピー・花粉症の予防
  • 動脈硬化の予防
  • 脳疾患の予防
  • 心疾患の予防
  • 胃潰瘍、潰瘍性大腸炎の予防
  • 糖尿病の予防
  • メタボリックシンドロームの予防・改善
 

活性酸素撃退には「水素水」

体の一部分でなく脳を含む全身ではたらき、活性酸素を体内から追い出す水素は、体を芯から健康にしてくれる物質として注目を集めています。

 
では、どのようにすれば水素をうまく体内に取り込めるのでしょうか?
今、水素を含有した食品やサプリメントで、巷で話題となっているのが「水素水」です。
 

その種類は、「自分で作るタイプ」、「ペットボトルタイプ」等いろいろなタイプの商品があります。その中でも、高濃度の水素を効率よく体内に吸収できるといわれているのが、アルミパウチタイプの「水素水」です。

水素水


元素記号1の水素は宇宙で一番小さくて軽いため、非常に保存するのが困難。そのため、密封性や遮光性を考慮すると、アルミパウチタイプが一番適しているとされているのです。

また、水素を高濃度に長期間保存するために、逆浸透膜(RO膜)や限外ろ過膜(UF膜)を通してつくられるピュアウォーターや、名水に選ばれるような天然水などに溶かしこんであるものがよいでしょう。キレイな水であればあるほど、水素の抗酸化作用や還元力が長持ちするので、健康&美容効果が維持できます。
ご自身のライフスタイルに合わせて、いろいろなタイプの水素水を必要に応じて使い分けるのが、正しく水素水を選ぶポイントです。ぜひ水素水を活用して、健康美を手に入れましょう!

健康美が叶う水素水を選ぶ5つのポイント

  • 水素濃度が高いもの
  • 酸化還元電位が低いもの
  • ピュアウォーターまたは天然水
  • 容器はアルミパウチ
  • 高品質なもの
 
得するビューティー 一覧へ
 

バックナンバー