お肌の老化は紫外線が引き起こす? ☆しっかりUVケア!!〜 ココミル

無料・サンプル・プレゼントの美容と健康の情報サイト〜ココミル

文字サイズ
老化はもう始まっている!お肌の老化は紫外線が引き起こす?
紫外線によって、シミやシワ、くすみ、たるみなどの肌トラブルが引き起こされることを光老化と呼びます。肌の老化は加齢そのものよりも、紫外線の影響が大きいことが近年明らかになりつつあります。そのため、上手に紫外線を避けるようにすると、肌の若さを長く保つことができるのです。
紫外線対策の必須アイテム【日焼け止めクリーム】を上手に選んで、いつまでも若い肌を目指しましょう。
 

紫外線とお肌の老化

紫外線はその波長の長さによって、長いものからUVA、UVB、UVCに分けられます。
太陽からの紫外線は、波長が短いほど大気によって阻まれ、地表には届きにくくなるため、UVCはほとんど地表に届くことがありません。地表に届いた紫外線の9割以上はUVA、残りがUVBとなります。
日焼けには、ゆっくりとお肌が黒くなるサンターンと、急激に赤く腫れてしまうサンバーンの2種類があります。どちらも、肌年齢を引き上げる光老化の原因となります。

 
紫外線とお肌の老化
サンターンとは?

サンターンを起こすのはUVA。エネルギーが弱いので、肌への影響もゆっくりなのが特徴です。また、波長が長いため、曇りでも、透過します。野外に比べると10%程度ですが、建物の中にいてもガラスやカーテン越しに紫外線は肌に到達します。
そうして知らず知らずのうちにUVAを浴びた結果、メラノサイトが活性化してシミができてしまうのです。

皮膚は、表面を覆う表皮と内側の真皮からできています。真皮には、コラーゲンやエラスチンという繊維状のたんぱく質があり、肌のハリを保っています。UVAは波長が長いため、真皮まで浸透してコラーゲンやエラスチンを破壊してしまうのです。そのために、太くて深いしわができ、肌のハリが失われます。

 
サンバーンとは?

サンバーンは、UVBが引き起こします。UVBはエネルギーが強いため、軽いやけどのような状態を引き起こします。また、この強いエネルギーによって遺伝子に傷がつき、皮膚がんの原因となることも。オゾン層の破壊で、私たちが浴びるUVBが増えており、がん予防の面からも、紫外線対策が必要になっています。
UVBは波長が短いので、真皮には届かず、表皮に影響を及ぼします。表皮細胞にあるメラニン細胞を活性化させて多量のメラニンを生成させ、シミをつくります。表皮では、常に新しい細胞が生まれて、古い細胞と入れ替わっているのですが、UVBはこの入れ替わりの速度を遅くする作用があります。その結果、角質が厚くなり、肌のくすみの原因となります。また、角質が厚くなることにより、肌が乾燥しやすくなり、細かいシワができやすくなります。表皮にしか作用しなくても、コラーゲンやエラスチンを破壊する酵素をつくり出してしまうので、間接的に真皮に影響を与え、肌の弾力を奪います。

 

上手に紫外線を避けよう!

どんなに紫外線対策をしても、紫外線をまったく浴びずに生活することはできません。
紫外線の強い季節や時間帯を知って、対応していくのが大切でしょう。紫外線の量は3月から急激に増加し、8月にピークを迎えます。
梅雨時は天気が悪くても、UVAは雲を透過しますから油断は禁物です。また、1日のうちでは、10時から14時が紫外線の多い時間帯です。

 
紫外線を避ける3つのコツ
  • 紫外線の強い季節や時間帯を知る
  • 日焼け止めクリームを利用して、紫外線から肌を守る
  • 日陰・日傘・長袖の衣服などを利用して、太陽光を遮る

UVAはシャットアウトしにくいので安心できませんが、日陰ならUVBがある程度避けられます。
紫外線が強くなる季節は、日焼け止めクリームなどの紫外線をカットしてくれる化粧品が必須ですが、これらだけで紫外線から肌を守るには限界があります。日傘・帽子・長袖などで、紫外線を浴びる量を減らしましょう。
UVカット加工が施された商品も出回っています。上手に取り入れたいですね。

 

日焼け止めクリームの上手な選び方

日焼け止めクリームの上手な選び方

日焼け止めの効果を示すPAやSPFを場面に応じて選択するのが大切。PAは、主にUVAをカットする効果をあらわす表示です。PAの表示は+(効果がある)、++(かなり効果がある)、+++(非常に効果がある)の3種類があります。

SPFは主にUVBの作用で皮膚が赤くなるサンバーンの状態を防ぐ効果を示します。数値は、サンバーンを起こすまでにかかる時間が、何も塗らなかった場合の何倍になるかを表すもので、SPF10では何も塗らなかった場合よりも10倍の時間、サンバーンの状態を起こさないという意味です。
日常生活における紫外線対策では、SPF10前後で十分だとされています。炎天下でのレジャーではSPF30以上がおすすめです。

SPFが高いほど肌への負担が増えるので、SPFが高いものを使えばよいというわけではありません。それよりも、日焼け止めは塗って4時間ほどで効果が薄れるので、まめに塗りなおすほうが大切です。
また、色白で赤くなりやすい人は、UVBの影響が大きいといえますから、SPFが少し高めのものを選ぶとよいでしょう。

 
上手な日焼け止めクリームの使い方

日焼け止めクリームに限らず、どの紫外線防止用化粧品も、紫外線を浴びやすい部分を意識してつけるようにしましょう。
鼻筋や頬骨の出っ張った部分がもっとも紫外線を浴びやすい部分です。汗で落ちてしまいやすい部分なので、重ねづけをするのが効果的。首の後ろ・おでこ・目の回りも意外に紫外線を浴びているので、ていねいに日焼け止めを塗るようにしましょう。

今のケアが10年後の肌をつくります。
紫外線を上手に避けることで、肌の健康と若さを保ちたいですね。

 
 
得するビューティー 一覧へ
 

バックナンバー