健康・美容・美肌情報やサンプルをプレゼント中〜 ココミル

無料・サンプル・プレゼントの美容と健康の情報サイト〜ココミル

文字サイズ
detox デトックスでカラダ改善!
年齢を重ねるとともに肌のハリがなくなったり、シミやシワが増えたり、体力が低下したり……。生きていく上で、老化というものはどうしても避けられないものです。
でも、そのスピードをゆるめることはできるはず。老化の原因となるものを減らし、加齢によるデメリットを予防して、いつまでも若々しく、美しく年を重ねていきたいものです。

どうして老化が起こるの?

シミやシワ、たるみ、体型の崩れなどの老化は、私たちの体の細胞が傷つき、減ってしまうことで起こります。細胞を傷つけて老化を促進する大きな原因となるのが「活性酸素」。活性酸素は細胞の表面にある脂質を酸化させ、細胞自体にダメージを与えてしまうのです。


老化を食い止めることはできる? できない?

現在のところ、老化を食い止めることはできません。生理的に起こる自然な老化は生き物すべてにおける宿命のようなものです。しかし、ケアによって老化を遅らせることはできます。それがアンチエイジング(日本語でいうと「抗老化」「抗加齢」)なのです。


アンチエイジング“自分でできる2大対策”

では、アンチエイジングとは、具体的にどうしたらよいのでしょう。栄養を摂取する方法と、エクササイズなどによる方法の2つの対策をまとめてみました。

1.老化予防のための栄養摂取

活性酸素を減らす抗酸化作用のある栄養素を摂る

活性酸素の発生を抑え、肌の老化防止を実現させるには、抗酸化作用のある栄養素を摂り、体内を抗酸化成分で満たしておくことが大切です。β−カロテン、ビタミンE、ビタミンC、コエンザイムQ10、ポリフェノールなどといった抗酸化物質は、食べ物やサプリメントから積極的に摂取しましょう。

抗酸化物質が含まれる食べ物

β−カロテン にんじんなどの緑黄色野菜など
ビタミンE ごまやアーモンドなどのナッツ類など
ビタミンC 柑橘系の果物、野菜、いも類など
コエンザイムQ10 ブロッコリーなど
ポリフェノール 赤ワインやココア、ピーナッツの皮など


肌の新陳代謝を活発にする栄養素を摂る

新陳代謝をよくして、肌のターンオーバーを活発にしたり、体の毒素を排出(デトックス)することも必要となります。また、肌の材料となるたんぱく質(コラーゲン)や、コラーゲンを体内で合成するために必要なビタミンCなどの栄養素も不可欠です。

 

2.老化に負けないエクササイズ

ストレッチ

関節は、使わないとだんだん固くなり、動く範囲が狭まってしまいます。1日5〜10分でもよいので、ストレッチを毎日続けましょう。朝起きたときや夜寝る前など、習慣づけるとよいですね。

1.ベッドや布団の上で、ゆっくりと全身を伸ばす
2.両手を頭の後ろに組んで両膝を立てて、左足を右足にクロスさせて息を吐きながらクロスした足を左側に倒す(10秒間キープ)※上半身は動かさず、腰だけをひねるようにしてください。
3.反対側も同じように繰り返す


ウォーキング

ウォーキングは、アンチエイジングに最適! とても手軽で効果的なエクササイズです。加齢にともない、さまざまな身体的要因が重なると、ますます歩く機会が少なくなってしまうので、積極的にウォーキングを取り入れたいものです。ほどよい疲労は眠りを誘い、若さを保つ成長ホルモンの分泌も促します。ウォーキングは、背筋を伸ばしてやや早歩きでおこないます。最初は25〜30分(約3,000歩)くらいからはじめ、慣れてきたら約90分(10,000歩)を目指しましょう。なかなか時間がとれないという場合は、通勤時の駅のホームや職場までの行き来にエレベーターやエスカレーターを使わないなど、時間を有効に使えるウォーキングを工夫してみましょう。


顔の筋トレ

今話題になっている顔トレーニング。顔の筋トレをすることによって、顔の血行を良くし、肌をハリのある生き生きとした状態に持っていきます。肌や筋肉の状態を良好にすると、表情筋が鍛えられて若々しい顔つきになるので、同時に心も自然と元気になれることでしょう。

目の筋トレ

1.眉を引き上げながら目を大きく見開く(5秒間キープ)
2.眉は引き上げたままで上まぶただけをゆっくり引き下げ、うす目の状態にする(5秒間キープ)
3.これを5回繰り返す

 

ほおの筋トレ

1.口を軽く閉じ、両方の口角をゆっくり引き上げて笑顔をつくる
2.左の口角をゆっくり元に戻しながら、右の口角を斜め上に引き上げる
3.右の口角は引き上げたまま、右目だけゆっくり閉じる(5秒間キープ)
4.ゆっくり自然の状態に戻す
5.これを交互に3回ずつ繰り返す

 

鼻の筋トレ

1.口を軽く開けて小鼻をゆっくり引き上げる(5秒間キープ)
2.ゆっくり元に戻して口を閉じる
3.鼻の下をゆっくり引き下げる(5秒間キープ)
4.またゆっくりと自然の状態に戻す
5.これを3回繰り返す

 

口の筋トレ

1.上唇と下唇を歯の中に巻き込みながら、口をオーの形に開ける(5秒間キープ)
2.次に、唇を巻き込んだまま、口角を引き上げる
3.ゆっくりと自然の状態に戻す
4.これを5回繰り返す

 
 
得するビューティー 一覧へ
 

バックナンバー