あなたの本当のお肌が見えてくる!!〜肌タイプ別スキンケアで効果UP〜 健康美人を応援【ココミル】

無料・サンプル・プレゼントの美容と健康の情報サイト〜ココミル

文字サイズ
あなたの本当のお肌が見えてくる!! 肌タイプ別スキンケアで効果UP
毎日のスキンケア、あなたはどのくらい時間をかけていますか。つい、いつも同じように、いつも使っているコスメでケアしていませんか?ここに最初の落とし穴があるのです。肌のコンディションはいつも同じではないからです。
自分の肌タイプは○○タイプと思い込んでいませんか?いつも使っているコスメだから肌に合っているはずだと思い込んでいませんか?肌のためにより効果のある、コスメの使い方をするには、まず自分の肌の見直し+肌のためのプラスαの時間を割いてあげることも必要なのです。
 

5つの基本的な肌タイプ

基本的な肌タイプは、5つに分けることができます。

5つの基本的な肌タイプ
乾燥肌

皮脂、水分が少なく、カサカサしている

目の周りなど皮膚が薄い部分にちりめんじわがある

洗顔後、よくケアをしないと肌がつっぱる感じがある

メイクのノリが悪い

脂性肌

皮脂、水分が多く、脂っぽく、べたつく感じがある

洗顔後も皮脂が浮いてくる

メイクが浮きやすい

赤ニキビ(皮脂性ニキビ)・吹き出物が出来やすい

普通肌

体調や季節で多少変わることはあるが、比較的にトラブルが起こりにくい

水分のバランスが良く、カサツキや脂っぽさをあまり感じない

お肌のキメが比較的整っている

混合肌

額から鼻にかけてのTゾーンは皮脂が多いが、頬などはかさつきやすい

メイク崩れがしやすい

敏感肌

すぐに赤くなったり、肌荒れを起こしやすい

洗顔すると肌がヒリヒリする感じがある

紫外線などの外的刺激に弱く、肌トラブルが多い

コスメで荒れたり、かぶれたりすることがある

あなたはどのタイプでしたか?このほかにも、頻繁にニキビができるけれど乾燥するという肌の方や、乾燥しているのに、皮脂が浮きやすいなど、肌のトラブルを抱えていませんか?
実はこんな悩みを持った方が最近増えています。肌の表面には皮脂が浮きやすいのに、肌の内部は水分が不足した状態を「インナードライ肌」と言います。トラブルが起きやすく、第二の「敏感肌」とも言われています。

インナードライ肌のスキンケア

化粧水を多めに使い、肌に充分過ぎるほど、水分を与える。

保湿美容液やセンシティブドライ肌向けクリームを全体的に薄くつけて、水分を肌から蒸発させないようにする。

 

コスメの力を効果的にUPする方法

スキンケアの順番も大切なポイント。基本的には水のようにさらさらした肌に浸透しやすいものから、トロリとした感触のものへという順に使います。

 
それぞれの役割を考えて使いましょう
コスメの力を効果的にUPする方法

化粧水で肌を整え、柔らかくすることで、肌に美容成分や栄養を浸透しやすくさせる

化粧水をつけた後に、手のひら全体で顔を押さえて、温めるとより効果がUP。

美容液をつけ肌に深くなじませる

指の腹で軽く叩くようにタッピングしながらなじませ、血行を促進して効果UP。

乳液で軽く肌にフタをして美容成分をしっかりと閉じ込める

手のひら全体で顔を押さえて、美容成分をしっかりと肌に押し込むようにして浸透力の効果UP。

クリームでしっかり肌にフタをして、乾燥から肌を守る

手のひらで乾燥が特に気になる部分を押さえて、クリームをなじみやすくし、その後、顔全体を手のひらで押さえて3分間温める。クリームがしっかり密着し効果UP。

スキンケアは急いではいけません。どんなに高価なコスメもじっくり肌に浸透させてこそ、生きてくるのです。
逆に高価ではなくても、丁寧なスキンケアをすることで効果があがることもあります。
肌のために1つ1つのステップの合間に浸透させる余裕の【3分】を作りましょう。

肌の機能や仕組みを、各社コスメメーカーで研究されています。最近では肌タイプごとに合わせて使うスキンケアコスメも充実していますね。その中には「どう使えば効果が出るか」という研究の結果から独自の使い方の順番があるものもあります。肌への働きかけが最大限に引き出されるよう、使う順番を確認しましょう。

 

スキンケアの落とし穴…

一番、理想的な「普通肌」の方も、顔の皮脂が出ている量はパーツによって違います。頬やあご、目の周り、口の周りは皮脂が少ない部分(主にUゾーン)です。それに対して、額や鼻は皮脂が盛ん(Tゾーン)に出るのです。つまり、同じ顔であっても、パーツによってスキンケアを考える必要があるのです。

 
スキンケアの落とし穴…

基本の化粧水は顔全体にたっぷり使いますが、美容液や乳液、クリームはパーツごとに量を変えたほうが、肌の皮脂や水分のバランスを整えやすくなります。混合肌の方はこのパーツごとの差が顕著ですから、自分の肌の状態を見て調整してみましょう。
また目の周りは、皮膚が薄く、刺激に弱いので、刺激の強い美容液やクリームの使用は控えてください。

目の周りの乾燥やちりめんじわが気になる方はアイクリームや目元専用美容液を用意しましょう。専用に作られているコスメは肌の薄さや刺激への弱さを考えているので、マイルドなのに効果が高いからです。
ケアするときは軽く指の先でたたくようにしてなじませてください。

 
化粧水

多めに手にとり顔全体にたっぷりとのせるようにパッティング

クリーム

皮脂の気になるパーツは薄め(Tゾーン)、乾燥しやすいパーツは多めに(Uゾーン)

気になる目元

目元専用の美容液かクリームを使い、指の腹で軽くたたくように馴染ませる。

※スキンケアを始める前に、肌の状態を手の感触で確かめてみましょう。皮脂の多い部分や乾燥している部分などを確認してから、ケアをしてみましょう。

 

肌タイプごとのコスメ選び

あなたの肌の状態とスキンケアのポイントがわかったところで、必要になるスキンケアコスメと、現在使っているスキンケアコスメがマッチしているかを確認してみましょう。

乾燥肌

洗顔

洗浄力の強過ぎない、優しいフォームタイプがおすすめ。しっとりと洗い上がるものを選びましょう。

スキンケア

肌に柔軟性を出してくれる乳液とクリームの両方を使い、乾燥を防ぎましょう。
乳液は肌にしなやかさを与え、クリームがさらに乾燥を防ぎます。

脂性肌

洗顔

すっきり洗い上がる固形石けんタイプがおすすめ。洗浄力の高いものでもOK。
ただし洗いすぎに注意!皮脂が出過ぎるようになってしまいます。

スキンケア

化粧水使用後、保湿力のある乳液で水分が逃げないようにフタをします。
乳液だけでも保湿できるので、クリームの使用を避けて余分になりがちな脂分減らします。

普通肌

洗顔

フォームタイプも固形石けんタイプもOK。感触が好きなものをお使いください。

スキンケア

化粧水はたっぷりと。美容液は欠かせません。なお肌の状態によって、乾燥が気になるときはクリームを使い、気にならないときは乳液とで使い分けを。

混合肌

洗顔

固形石けんタイプで優しく洗うのがベスト。洗浄力の強過ぎないものを選んで。

スキンケア

化粧水は保湿用をたっぷりと使い、Tゾーンには皮脂コントロール美容液を、Uゾーンには保湿美容液を使いましょう。乾燥を防ぐために、Tゾーンには薄めに、Uゾーンには多めに乳液を使いましょう。肌の乾燥が気になる部分にはさらにクリームをプラス。

敏感肌

洗顔

敏感肌用に作られている肌に優しいフォームタイプがおすすめ。こすらないように気をつけて洗いましょう。

スキンケア

化粧水だけでもヒリヒリする場合があるので、低刺激で保湿力のあるタイプのスキンケアコスメを選びましょう。保湿することで、かなり敏感肌の症状は和らぎますので、化粧水→美容液→乳液→クリームを丁寧につけます。なお肌にしっくりくるようであればクリームではなく、保湿ジェルもおすすめ。

インナードライ肌

洗顔

肌のうるおいを奪わず、しっとりした洗い上がりのフォームタイプがおすすめ。

スキンケア

化粧水をたっぷりと使い、肌に充分過ぎるくらいにうるおいを与えるのがポイント。美容液も保湿効果の高いものを。保湿の仕上げには乳液を。乾燥している部分にはクリームを薄くつけましょう。

 
関連記事
 
得するビューティー 一覧へ
 

バックナンバー