暑さの中でもさらさら美肌キープ 夏のシーンによって使い分け、ファンデーションの選び方〜 健康美人を応援【ココミル】

無料・サンプル・プレゼントの美容と健康の情報サイト〜ココミル

文字サイズ
暑さの中でもさらさら美肌キープ 夏のシーンによって使い分け、ファンデーションの選び方
夏は素敵な季節だけど、汗もかく、皮脂も出る。夏の肌メイクは一苦労…。
朝、しっかりとしたメイクも、気がつけばムラやヨレが出来ていませんか?
街中のショーウィンドに映った自分の顔に「ガーン」こんな顔で歩いてたの〜なんてことも。
だからこそ、ファンデーションの特徴を活かした活用で、夏美肌をキープしましょう。
ファンデーションを変えるだけで、あなたの美しさがかわる。夏のメイクの悩みを解消して、暑さに負けないクールビューティーになろう。
 

ファンデの基本をおさらい

パウダータイプ
パウダータイプ

特徴
簡単に、手早く仕上げられます。
ブラシを使えば薄づきでナチュラルな仕上がりに、パフを使えばふわっとしたやわらかな仕上がり。
また、スポンジを使えばカバー力が増して、立体感のある肌に仕上がります。

注意点
乾燥しやすく、ムラになりやすいので、塗り方に注意。

オススメの肌タイプ
普通肌、オイリー肌

キレイのポイント
つけた後には、塗り残した部分がないかをチェックしましょう。

化粧直しのポイント
皮脂浮き部分をティッシュで押さえ、軽くなじませましょう。

 
リキッドタイプ

特徴
薄づきタイプが多く、ナチュラルでありながら、カバーしたいところはしっかりできるのが利点。透明感のあるつややかな肌に仕上げたいときにオススメのファンデーション。

注意点
多めに使うとヨレやすくなってしまうので、量のコントロールに注意。

オススメの肌タイプ
普通肌、オイリー肌、乾燥肌

キレイのポイント
顔全体を、手のひらで軽くプッシュ(ハンドプレス)しなじませてから、軽くティッシュで押さえることで余分な油分などを調節してみましょう。

化粧直しのポイント
アイメイク以外は落とし、全部塗り直す方がキレイに直せます。

 
クリームタイプ

特徴
カバー力があり、肌の乾燥を押さえながら、美肌に整える効果では一番。華やかさのある肌に仕上がるために、パーティーメイクなどには欠かせないファンデーションです。

注意点
油分・顔料が多いので、厚化粧にならないように注意が必要。

オススメの肌タイプ
乾燥肌、普通肌

キレイのポイント
顔全体を、手のひらで軽くプッシュ(ハンドプレス)し、スポンジで余分な油分を取りながら肌になじませます。

化粧直しのポイント
皮脂浮き部分をティッシュで押さえ、ファンデーションを少量手にとり、指で叩くように乗せてなじませます。

 
エマルジョンタイプ

特徴
つけるときは乳液状になっていますが、肌につけるとパウダーに変化し、完成度の高い美肌に仕上げることが可能です。仕上がりがリキッドタイプに近いのに、使い方はパウダータイプのように簡単です。

注意点
つけ心地が軽いので、つけすぎになることもあるので、注意。

オススメの肌タイプ
普通肌、乾燥肌

キレイのポイント
ムラになりやすいので、手早く肌につけてなじませましょう。

化粧直しのポイント
皮脂浮き部分をティッシュで押さえ、ファンデーションを軽く乗せて指でなじませます。

 
スティックタイプ

特徴
カバー力に優れ、崩れにくく、メイクを長時間キープできます。使い慣れれば頼もしい美肌効果の高いファンデーションです。

注意点
つい強く塗ってしまうとスティックが折れたり、厚化粧になって平面的になりやすいので注意。

オススメの肌タイプ
普通肌、オイリー肌

キレイのポイント
ポイントごとに軽くつけてから、スポンジでなじませていきましょう。

化粧直しのポイント
皮脂浮き部分をティッシュで押さえ、スポンジでなじませます。

 
ウォータープルーフタイプ

特徴
皮脂や水に強く、崩れにくいファンデーション。多くの場合、UVカット効果があり、夏のレジャーや屋外でのスポーツには頼もしいファンデーション。

注意点
専用クレンジング剤でなければ落ちないことが多く、肌に負担がかかります。

オススメの肌タイプ
普通肌、オイリー肌

キレイのポイント
かなり肌に密着するのが早いので、手早く塗るようにしましょう。

化粧直しのポイント
部分的に崩れたら、軽くスポンジで叩くようになじませます。

 
ミネラルファンデーション
ミネラルファンデーション

特徴
ブラシで使うフェイスパウダータイプのファンデーション。つけ心地が軽いので、ファンデーションの密着感が苦手と言う方にもオススメ。軽い肌メイクを楽しみたいときや、肌のトラブルが気になるときにも安心できるファンデーション。

注意点
ムラなく、ブラシでつけるには、焦らないで、慎重につける必要があります。

オススメの肌タイプ
普通肌、オイリー肌、敏感肌

キレイのポイント
顔につけ終わったら、フェイスブラシで余計な分を落としましょう。

化粧直しのポイント
皮脂浮き部分はティッシュで押さえ、少量をぼかすようにつけましょう。

 

シーンで賢く選ぶファンデ・メイク

おしゃれに街中を楽しむときはパウダータイプのファンデーション
オススメの理由

化粧直しが簡単で、汗をかいてもヨレにくく崩れにくい。紫外線を防ぐ効果も高いので、日差しの強い日中でも、安心して過ごすことができます。特にUVカット効果のあるものであれば、もっと安心です。

+ポイント

汗が出てきたら早めに、そっと汗をハンカチに吸わせるようにすれば、あまり崩れません。皮脂で崩れたら、ティッシュで押さえて、軽く少量のファンデーションをのせて、なじませましょう。

エアコンの効いた室内でもキレイをキープクリームタイプのファンデーション
オススメの理由

エアコンの乾燥から肌のうるおいを守ります。肌の乾燥からファンデーションが、ムラになる「乾燥崩れ」を起こりにくくし、柔らかそうで、しかもつややかな美肌を演出することができます。

+ポイント

額から鼻にかけてのTゾーンは薄く、頬や口周りのUゾーンは少し多めに使いましょう。全体的に均一につけると厚化粧になるので注意しましょう。

海やプール、スポーツを楽しむときにはウォータープルーフタイプのファンデーション
オススメの理由

皮脂にも水にも強く、汗をかいても、崩れません。肌への密着感が良く、健康的な肌色を選べば、アウトドアや海、プールのレジャーでも気になりません。UVカット効果があるものがほとんどなので、日焼けの心配も要らないのが嬉しいところ。

+ポイント

ファンデーションの中では、一番崩れにくく、普通のクレンジング剤では落ちにくいので専用のクレンジング剤を用意しましょう。

コンシーラーを上手に使ってより透明感を出す
コンシーラーを上手に使ってより透明感を出す

ニキビ跡やシミなどをカバーするのに便利なのがコンシーラー。
しかしファンデーション前に使うと、厚化粧になりやすいのが困りますよね。実はコンシーラーはファンデーションでカバーしきれない部分に使うものです。ですからファンデーションのあとに肌をチェックしてから、ポイントに使い、指でぼかしましょう。

 
ゴールドメイクで夏美人

夏の日差しに合う色ではゴールドがオススメです。
アイシャドウのアクセントにつかってみたり、頬骨の高い部分に軽く乗せると上品な仕上がりのゴールドメイクが完成します。

ゴールドを加えるときのポイントは、上品なブロンズ系ゴールドを選んでみましょう。
また、付けるときには少量を重ね付けるイメージで厚塗りを予防しましょう。全体の雰囲気になじむ色合いにコントロールできるかが上品な仕上がりか否かの分かれ目です。
ゴールド使いのメイクには、ツヤが出るタイプのファンデーションがなじみやすくオススメです。

 
関連記事
 
得するビューティー 一覧へ
 

バックナンバー