健康・美容・美肌情報やサンプルをプレゼント中〜 ココミル

無料・サンプル・プレゼントの美容と健康の情報サイト〜ココミル

文字サイズ
detox デトックスでカラダ改善!
年齢を重ねるごとに気になる「シミ」。できてしまうのは仕方がないこと、と思っていませんか?できてしまったシミをなくすことは簡単なことではありませんが、できないように予防することは可能なはず。あきらめてしまう前に、シミができる原因や肌への負担を減らす方法を知って、美肌を目指しましょう。

そもそも、シミって何?

「シミ」とは、メラニンという茶褐色の色素が蓄積して、肌の表面が茶色く変わってしまったものを指します。
皮膚は表皮、真皮、脂肪層の三層からできていますが、表皮のいちばん下にあるメラノサイト(メラニン細胞)という色素細胞で、メラニンがつくられます。メラニン色素は、肌にとって有害な紫外線を吸収して散乱させる、ガードマンのような存在。紫外線を多く浴びるとメラノサイトが活性化され、肌を守るため、より多くのメラニン色素をつくり出します。


どうしてシミになるの?

シミのできる原因はさまざまです。原因をよく理解することで、シミ予防につなげましょう!

●紫外線の影響

シミの一番の原因は紫外線で、過去に浴びた大量の紫外線もシミのもとになります。紫外線の量は季節によって変化しますが、ゼロになることはありません。また、天気が晴れでも曇りの日でもその量は変わらないので、年間を通じての紫外線予防対策が必要です。

●生活習慣の乱れ

本来人間の体質は中性を保っていますが、不規則な食生活、睡眠不足、過度なストレスや過労などによって、酸性体質になりがちです。体質が酸性に傾くと、メラニンのはたらきを活発にする酵素のチロシナーゼが活性化し、メラニン色素も増加してしまいます。

●ホルモンバランスの乱れ

女性ホルモンである黄体ホルモンと卵胞ホルモン。そのバランスの乱れも色素細胞を刺激するため、シミの原因になります。月経や妊娠、閉経前後の更年期等は特に女性ホルモンの分泌やバランスが乱れやすいので、とくに注意が必要です。

●加齢によるターンオーバーの乱れ

肌の細胞は約1ヶ月かけて生まれ変わり、古くなった細胞がはがれ落ちます。これをターンオーバーといいます。加齢にともなって肌の機能が衰えると、ターンオーバーのリズムも乱れがちに。すると、剥がれずに肌に残るメラニンが増え、シミも増えてしまうのです。

●物理的な刺激による

眼鏡のフレームに圧迫され続けたり、洗顔やマッサージで力を入れすぎたり、外側からの力による刺激によっても、シミができることがあります。


最近よく聞く肝斑って?

肝斑(かんぱん)とは、顔の左右対称に出てくる薄茶色のシミのこと。色や形が肝臓に似ている点が名前の由来のようです。もっとも多く肝斑が出る場所は頬骨やエラの上で、こめかみ、あご、首に出ることもあります。
肝斑は女性に多く、30歳を過ぎてから目立ってくるそう。とくに妊娠や出産、更年期、ピル(経口避妊薬)などがきっかけに濃くなることから、女性ホルモンとの関係が深いといわれています。ほかにもストレスや紫外線などの影響が考えられています。肝斑がほかのシミと違うのは治療法。通常行われるレーザー治療では逆効果になるので、気になる人は自己判断で何とかしようとするのではなく、医療機関での診察を受けるようにしましょう。

シミの予防の2大対策

シミの原因であるメラニン色素を増やさないために、外側と内側からのケアをしましょう。

●生活習慣

日焼け止め

日焼け止めを活用して紫外線から肌を守ります。あなどれないのは、日常でちょっとした時間に浴びる「生活紫外線」。日焼け止めを日常的に活用しましょう。忘れがちな首や胸元、手首も忘れずにケアを。こまめに塗り直すのもポイントです。

グッズ

さまざまなグッズを上手に活用して、紫外線から肌を守りましょう。
日焼け止めに加えて、日傘や帽子、スカーフ、薄手のカーディガン、手袋などを活用して、肌がなるべく紫外線を浴びないようにしましょう。黒いタイプがもっとも紫外線をカットしてくれます。
また、意外と見落としがちなのが眼への対策、サングラスもぜひ利用したいグッズのひとつです。ただし、真っ黒で幅の狭いものは瞳孔が開いてしまうため、かえって紫外線を目に入りやすい状態をつくってしまいます。UV効果のある色の薄いタイプで、幅の広いものが◎です。

 

●栄養素

シミを防ぐために、栄養バランスのとれた食事はとても重要。シミ予防に摂っておきたい栄養素をご紹介します。

ビタミンC

ビタミンCは、メラニンの生成を抑えることでシミを薄くします。また、コラーゲンをつくり、皮膚にうるおいと弾力を与えてくれます。
【多く含む食品】
レモン、オレンジ、柿、キウイ、トマト、きゅうり、だいこん、キャベツ、ブロッコリーなど

ビタミンE

若返りのビタミンといわれる、ビタミンE。強い抗酸化作用を持ち、体にとって有害な活性酸素を除去して、細胞膜を保護します。さらに、血行をよくして新陳代謝を高めるので、シミだけでなく、冷え性も防いでくれます。
【多く含む食品】
かぼちゃ、アボカド、キウイ、うなぎ、たらこ、あじ、アーモンド、ピーナッツ、植物油、ごまなど

βカロテン

βカロテンも抗酸化力を活発にしてくれる栄養素で、日焼けの後に、皮膚がメラニン色素を生成するのを抑えてくれます。
【多く含む食品】
にんじん、ほうれん草、パプリカなどの緑黄色野菜

良質のたんぱく質

たんぱく質は、皮膚や爪、筋肉、血液など、人間の体をつくる大事な栄養素。シミ対策に欠かせないのは、9種類ある必須アミノ酸をバランスよく含む、良質のたんぱく質です。なるべく脂質の少ないものを選びましょう。
【多く含む食品】
赤身の肉、魚、乳製品、卵、大豆製品など

 

栄養素をしっかり補給した後は、さらに肌の新陳代謝を活発にするために、十分な睡眠を心がけましょう。

 
 
得するビューティー 一覧へ
 

バックナンバー