健康・美容・美肌情報やサンプルをプレゼント中〜 ココミル

無料・サンプル・プレゼントの美容と健康の情報サイト〜ココミル

文字サイズ

悩ましい花粉症のこと、
ちゃんと理解して少しでも快適な毎日を

寒い冬なんて早く終わってほしい……その反面、春が来てほしくない! と思っている人も多いのでは? そう、これからの季節、増えてくるのが「花粉症」。くしゃみ、鼻水、眼のかゆみとゴロゴロ感……それ毎年くりかえされるのはとてもつらいものです。そもそも、花粉症はアレルギー反応。花粉が飛び交う本格的な季節到来の前に、花粉症のことを知っておきましょう。

花粉症って?

花粉症とは、花粉によって起こる眼や鼻のアレルギー反応のことをいいます。 人間の体には免疫という、異物を処理しようとするはたらきがありますが、アレルギーでは特定の物質に対して体が敏感に、または過剰に反応してしまいます。花粉以外でも、卵やそばなどの食べ物が原因の食物アレルギーなどがあります。


アレルギー反応を引き起こすもとの物質はアレルゲン(抗原)といわれ、その多くはたんぱく質です。アレルゲンをやっつけようとして作られるのが抗体。抗体が出るときに、ヒスタミンなどの神経を刺激する物質が一緒に出され、アレルゲンを外に追い出そうと、くしゃみや鼻水、眼のかゆみを引き起こします。


原因となる花粉は?

花粉症の原因である花粉は、植物の雄花から出される目に見えない小さな物質で、鼻や眼の粘膜にくっつきやすい性質をもっています。代表的なのはスギ花粉で、ほかによく見られるのは、ヒノキ、ブタクサ、ヨモギなど。この中のどれか1種類に反応する花粉症は稀で、たいてい複数の花粉に反応することが多く、スギとヒノキの花粉症を併発する場合がよくあるようです。


花粉症の発症に大きく関わっているのは、どの地域でどの時期にどんな花粉が飛んでいるかどうかです。スギ花粉が飛ぶ時期が終わったと思ったら、今度はヒノキ花粉が飛び始める……というあまりうれしくない「花粉リレー」で、数ヶ月間花粉症でつらい思いをするケースも。また、去年まではなんともなかったのに今年急に発症したり、症状が年々ひどくなったりする場合もあります。


ちなみに、猛暑の翌年はスギ花粉が多く飛ぶ、といわれています。気温が高いと、夏に雄花の芽がたくさんつくため、その次の春に花粉も多く飛ぶのです。さらに、その春の気温も高めだと、スギの花がたくさん開いて、大量の花粉が空気中に放出されてしまいます。そのため、地球温暖化の影響で、花粉症の発症が増加しているのではないかともいわれています。


花粉症の予防と対処

花粉症を発症させないためには、花粉をたくさん吸い込まない、免疫力を高めて粘膜を丈夫にしておくなどの対策が必要ですが、目に見えない物質を予防するのはなかなかむずかしいものです。


実際に花粉症になった場合は、まずお医者さんで原因となっている花粉が何かをみてもらいましょう。それから自分の症状にあわせて治療を行います。花粉が飛び交う季節の前から薬を飲んで、花粉全盛期になっても治療を続けたり、くしゃみなどの症状を和らげたりします。以前は多く聞かれた、のどや口が渇くといった、花粉症の薬で起こる副作用も、ここ数年でかなり改善されているようです。


また、抗体自体を減らしたり、体の免疫システムを変化させる治療法もあります。そのひとつである減感作療法は、長期間にわたってアレルゲンをあえて注射し、少しずつ体をアレルゲンになれさせていくことで、アレルギー反応が起こりにくいようにしていく方法です。


また、最近ではメガネにマスク、衣服についた花粉症を落とすスプレーなど、花粉症対策グッズも多く販売されるようになりました。また、花粉が舞う季節には洗濯物を室内で干して、花粉がつかないようにするなどの工夫も大切です。


花粉症にまつわるギモ

  1. どの花粉がどの時期に飛んでいるの?
  2. 地域によって飛散する花粉や時期が異なります。
    環境省のサイトで全国各地の花粉の飛散状況をチェックできます。
    http://kafun.taiki.go.jp/
  3. どうやって花粉症と診断されるの?
  4. 花粉が飛んでいる時期に症状が出ているか、血液中にある花粉に対する抗体があるか、で診断されています。また、鼻の粘膜を直接確認してアレルギーの起こり具合を観察することもあります。
  5. 花粉症の症状がでたらどの診療科に行けばいいの?
  6. 症状がひどくなっている場所によって、鼻なら耳鼻咽喉科、眼なら眼科が良いでしょう。また、内科やアレルギー科などでも診療が受けられますので、詳しくはお近くの医療機関におたずねください。
 
 
 

バックナンバー