健康・美容・美肌情報やサンプルをプレゼント中〜 ココミル

無料・サンプル・プレゼントの美容と健康の情報サイト〜ココミル

文字サイズ
保湿スキンケア方法「トラブルに悩まされないプルプル肌へ」
 

秋だから必須のスキンケア

気温や湿度が変化する季節の変わり目は、肌の負担が大きくなるときです。
とくに秋は、夏に浴びた紫外線によって肌が乾燥しやすくなっているうえ、冬に向けて湿度が低下してドライスキンを招きやすい条件が揃っています。 肌のメカニズムをちゃんと理解して、肌の調子に合うスキンケアで乾燥に負けないプルプル肌を実現しましょう!

 

どうなっている?お肌のメカニズム

お肌のメカニズム

肌は健康な状態を保てるよう、何層にも分かれてそれぞれのはたらきを担っています。
肌の奥にあるのが真皮。ここには水分の保持や肌のしなやかさの維持に大切なコラーゲンがあります。コラーゲンの間には、さらに高い保湿機能をもつヒアルロン酸などが存在しています。そして、真皮の外側にあるのが表皮で、その一番上にあるのが角質層。ここにはセラミドアミノ酸があり、肌のうるおいを守り、刺激から肌を守るバリアの役割をしています。

それなのに、肌が乾燥してしまうのはなぜなのでしょうか?

夏場の強い紫外線は肌を乾燥させ、室内にいるときもエアコンの風は熱と一緒に肌の水分を奪っていきます。すると角質層に隙間ができてしまい、外からの刺激が入り込みやすくなります。
知らず知らずのうちに肌は乾燥し、保水力は低下。そしてこれからの季節は空気が乾燥してきて、さらに肌への負担は大きくなっていくのです。
肌の水分が不足すると、シワやシミ、たるみや肌荒れなど、さまざまな肌トラブルを引き起こす原因になります。だからこの季節には、肌にたっぷりとうるおいを与えるスキンケアが重要です。季節に応じて必要なスキンケアを使い分ける習慣をつけましょう。

ターンオーバーって?

肌の厚さはわずか2mmほど。その一番奥にある基底層で細胞が分裂し、徐々に上の層まで押し上げられ、肌の表面にある古い角質層が剥がれ落ちることで肌は新しい細胞に入れ替わります。
この一連の流れをターンオーバーといい、健康な肌は28日周期でこれが行われます。

ターンオーバー
 

保湿のための洗顔方法

肌には水分と脂分のバランスが大切です。肌の脂分には、肌の水分が蒸発してしまうのを防ぐ役割があります。そのため、保湿対策は水分補給だけでなく、脂分補給も重要です。
テカリが気になると何度も洗顔したくなりますが、それはちょっとガマンを。洗顔のしすぎは肌に必要な脂分まで失ってしまいます。次から紹介する正しい洗顔方法で、みずみずしい肌づくりをはじめましょう。

クレンジング

クレンジング剤をさくらんぼ大にとり、指の腹を使って下から上に円を描くようにやさしくなじませ、メイクや汚れを浮き上がらせます。汚れを落とそうとゴシゴシこするのはNG。摩擦により肌が硬くなって汚れが落ちにくくなり、かえって毛穴を広げてしまいます。
また、一度に顔全体をクレンジングすると、目元や唇のメイクが顔全体に広がってしまい顔全体に汚れを広げてしまうことに。最後にぬるま湯でさっと洗い流したら終了です。

洗顔

洗顔料を専用ネットか手でしっかり泡立てます。逆さまにしても落ちないくらい強い弾力ときめ細かい泡がポイントです。洗顔は手で洗うのではなく泡で洗います。
クレンジングと同様、やさしく円を描くようにし、30℃前後のぬるま湯で肌に泡を転がすように洗います。ふき取りはタオルで軽く肌を押さえるようにしましょう。

 

秋のスキンケアに欠かせない2種類のパック

洗顔が終わったら、たっぷりの化粧水で水分補給をしましょう。そして、それを封じ込めるように乳液でふたをするのがスキンケアの基本です。でも秋に限っては、いつもと同じスキンケアでは不十分です。
お金をかける必要はないけれど、いつものスキンケアにちょっとだけ手間をかけてお肌にゆとりを与えてあげましょう。

ローションパック

化粧水を使うパックです。
コットンにたっぷり化粧水を含ませて、顔全体にパッティングします。ここまではいつもどおりですよね。
その次にするのは、手の平で肌を包み込むようにして行うハンドプレス。手のぬくもりがじんわりと伝わり、皮膚温が高まることによって水分や美容成分が浸透しやすくなります。そして、最初に使ったコットンに再度化粧水をつけ、乾燥しやすい目元や口元において3〜5分キープ。最後に手やコットンに残った化粧水で首のケアも忘れずに。下から上へ化粧水をなじませます。
行うタイミングの理想は毎日ですが、難しいときは2日に1回を目安に。逆に時間があるときは、目元や口元だけでなく、コットンの枚数を増やして顔全体を覆ってみましょう。

クリームパック

化粧水で与えたうるおいを肌にとじ込め、乾燥や紫外線から守る役割をするのが乳液・クリームの役割。普段と同じように、両頬・おでこ・鼻・あごにつけ、顔の内側から外へ円を描くようにのばしていきます。
パックをするのはその後です。もう一度手にクリームをとって肌にのせ、顔の中心から外側に向かってゆっくりマッサージしていきます。マッサージの後に顔の上にラップをのせて3〜5分ほどおくと、皮膚温が高まり血行が良くなってクリームの栄養成分が肌に届きやすくなります。顔についた余分なクリームはティッシュで軽く押さえましょう。
行うタイミングは週1〜2回が目安です。クリームパックをするとより浸透力がアップし、肌にうるおいを与えることができます。

※ラップを使用時は呼吸が苦しくならないように、鼻・口などは避けるか、呼吸用の穴を予め開けてからお使いください。

ゆったりした時間は美肌への近道

リラックスした状態には、肌のターンオーバーを促し保湿力を高める効果があります。肌のターンオーバーに必要な栄養分は血液によって運ばれます。お風呂でリラックスして湯船にゆっくりつかると全身の血行がよくなって美肌づくりにも効果的です。湯船に浸かると、じんわりと汗が出て蒸気によって顔の毛穴が開くので美容成分が届きやすくなります。
また、化粧水をつける前の蒸しタオルも効果的です。気持ちいいと感じる温度の温かいタオルを顔にのせるだけでもリラックス効果があります。蒸気で肌が温まり血行がよくなり新陳代謝がアップ。毛穴が開き化粧水もよく吸収されます。

 

覚えておきたい保湿に効くポイント

化粧品を使う方法以外にも、うるわしい肌をつくるスキンケアがあります。それは、体の内側からケアする方法。食べ物や飲み物にも気づかって、肌の冬支度をしてみませんか。

食べ物
水分補給

肌はたんぱく質からできています。良質のたんぱく質とさまざまなビタミンを一緒に摂ることで、体内でビタミンがたんぱく質からコラーゲンを生成するのを助けてくれます。
また、老化防止に効果のあるビタミンEは、ビタミンAビタミンCと一緒に摂ると吸収力をアップし効果的です。大豆などの良質のたんぱく質・緑黄色野菜・ナッツ類などが保湿に効果的です。

水分

肌の水分補給には、化粧水などで体外から保湿する方法と、水を飲むことで体内から保湿する方法の2種類があります。目安としては1日2Lほどの水を飲むのが◎。
一度にたくさん飲むと、尿として排泄され全身へ行き渡りません。1回に200〜250mlをこまめに飲むようにしましょう。

 
 
得するビューティー 一覧へ
 

バックナンバー