五色野菜の健康食材、色の違いは栄養の違い。食事バランスのバロメータ〜 ココミル

無料・サンプル・プレゼントの美容と健康の情報サイト〜ココミル

文字サイズ
彩りをよくして健康になる 五色野菜の秘密
健康的な食生活のために、野菜が欠かせないのはご存知のとおり。しかし、野菜にはたくさんの種類があり、何をどのくらい食べればよいかがわからない・・・という人が多いようです。
そこで今回は、もっと手軽に健康的な食生活を送るための野菜の食べ方をご紹介。難しく考えず、毎日の食卓に五色の野菜を揃えるだけで、食卓の彩りが増すだけでなく、健康と美しさを守る効果が手に入ります。
 

古の知恵に学ぶ食べ方

古の知恵に学ぶ食べ方

古代中国の陰陽五行説の影響を受けた中国料理・韓国料理・日本料理には、共通する考え方があります。
それは、木・火・金・水・土の五行に対応する青(緑)・赤・白・黒・黄の五色の食材を組み合わせた食事をとることによって、健康が保てるという考え方です。

この根底には、「医食同源」の考えも影響しています。
古くは「薬食同源」ともいわれ、不老長寿を深く追求した末に生まれた考えです。
薬(医)も食べ物も、同じように病気を予防し、健康を維持するという意味です。

 
食べ物と色の関係

中国の伝統医学では、食べ物の色が臓器に対して滋養強壮の効果をもたらすといわれています。

  • 青(緑)色は、肝臓の血液循環を促進し、代謝作用を助けます。疲労回復、免疫力強化の作用もあります。
  • 赤色は、血を補い、心臓の機能を高めて動悸を予防します。虚弱体質や手足の冷えにも効果があります。
  • 白色は、肺機能の強化のほか、胃腸機能の改善に効果があります。
  • 黒色は、腎機能を高め、排泄作用を強化します。
  • 黄色は、脾臓の機能を高めて新陳代謝を活発にします。
 
色のはたらきと野菜
五行 臓器 対応する野菜
青(緑)
肝臓 ほうれんそう・ブロッコリー・枝豆・きゅうりなど
心臓 にんじん・トマト・クコの実など
肺・胃腸 カリフラワー・きゃべつ・白菜・だいこんなど
腎臓 しいたけ・ごぼう・海藻・黒米・黒豆など
脾臓 大豆・かぼちゃ・とうもろこしなど
 

韓国料理は健康料理

韓国料理は、色とりどりの野菜をたっぷり使うのが特徴のひとつです。韓国には、五味・五色の食文化があります。
五味とは、塩・甘・酸・辛・苦の味つけ。この五味が揃うと、食事が最後まで飽きずにおいしく食べられるとされています。五味・五色で食材をバランスよく食べ、体内に取り入れることによって、“気”――健康が保てると考えられてきました。

 
おすすめ!韓国料理の五色野菜ナムル

韓国料理の前菜などとしてよく登場するナムルは、五色野菜の代表格です。使用する野菜は、五色のいずれか。調理方法や味つけを工夫すれば、五味も一緒に味わえるので、常備菜としても活躍します。

五色の例、五味の例
 
調理方法も「五」がポイント

日本の精進料理は、五味・五色・五法を基本とします。五法は、生・煮る・焼く・揚げる・蒸すの調理法をいいます。
精進料理では、動物性の魚・肉類は使わず、植物性食品だけを使用します。限られた材料で、見た目、味に変化をつけ、栄養のバランスを整えるための工夫が、五味・五色・五法なのです。

精進料理というと、難しく感じますが、厳密に五味・五色・五法を揃えなくても、単純に五色を意識すれば、見た目がよくなり、自然と栄養バランスがよくなります。
以下のような組み合わせを参考に、オリジナルを考えてみましょう。

参考例
 

最先端の五色の考え方

ここ数年、注目されている食物の成分のひとつがフィトケミカルです。フィトケミカルとは、植物の色素・香り・アクなどに含まれる化学物質。体の機能を活性化させる「機能性成分」で、とくに抗酸化作用が注目されています。
私たちは酸素を吸って、酸素からエネルギーを取り出して使っています。そのときに、活性酸素という老化やがん、動脈硬化を進める元凶となる物質ができてしまいます。この活性酸素の害を解消してくれるのが、抗酸化作用です。

このフィトケミカルは、単独でとるよりも、さまざまな成分を組み合わせて取ったほうがより効果的なことがわかっています。いろいろな色の野菜をとると、多くの種類のフィトケミカルをとることができます。五色の食品をとるという知恵には、きちんとした科学的根拠があることがわかったのです。

 
色とフィトケミカルの種類
色素名 含まれている野菜
青(緑)
クロロフィル ほうれんそう・ピーマンなど
リコピン トマト
カプサンチン 赤ピーマン・唐辛子など
赤(橙)
βカロチン にんじんなど
白(薄褐色)
ケルセチン たまねぎ・にんにくなど
白(薄黄色)
イソフラボン 大豆など
黒(紫)
アントシアニン 赤キャベツ・赤しそ・黒米・黒豆など
黒(濃褐色)
フコキサンチン ひじき・わかめ・昆布など
ルテイン とうもろこしなど
クルクミン しょうがなど
しみ・しわ・そばかす対策にも五色野菜!

活性酸素は、酸化作用がとても強い物質で、体のあちこちに酸化物質をつくります。たとえていうならば、サビがたまった状態です。このサビは、しみ・しわ・そばかすの原因になります。
五色野菜を揃えて食べるのは、健康だけでなく美容にも役立つ方法。しっかりと野菜を食べてサビ落としをしましょう!

 
関連記事
 
 
健康美人 バックナンバーへ
 

バックナンバー