更年期とうまく付き合う 更年期障害〜 ココミル

無料・サンプル・プレゼントの美容と健康の情報サイト〜ココミル

文字サイズ
元気に過ごすために 更年期とうまく付き合う
「更年期」「更年期障害」という言葉を耳にしたことはあっても、具体的にどんなことなのか知っていますか。「もっと年をとってからの話でしょ?」と思っている人も多いと思います。
いずれ向き合うことになる更年期。更年期障害について今から知ることによって、更年期を気持ちよく過ごす準備をしていきましょう。
 

更年期・更年期障害とは?

更年期・更年期障害とは?

人間は、「小児→思春期→成熟期→更年期→老年期」というライフサイクルをたどります。成熟期に達したのち、老後を迎える準備を行う重要な時期が更年期といえるでしょう。
女性にとっての更年期障害とは、エストロゲン(卵胞ホルモン)という女性ホルモンの分泌量が減ることによって起こる様々な不快な症状のことをいいます。

エストロゲンは、思春期ごろから分泌が増加する女性ホルモンです。脳から分泌される卵胞刺激ホルモンの刺激を受けて卵巣から分泌され、妊娠を助けたり、女性の体を正常に維持する役割を果たしています。一般に、40歳ごろからエストロゲンの分泌が低下していきます。
その結果、月経周期が不規則になり、最終的に閉経を迎えることになります。閉経の前後約5年間の時期を更年期と呼ぶこともあります。日本人女性の閉経年齢は平均して50歳ごろですので、45〜55歳ごろが更年期といえるでしょう。

 
 

更年期障害の症状

自覚症状の一例として、疲労感・ほてり・腰痛・肩こり・不眠・発汗などが挙げられます。こうした身体症状に加えて、気分が沈む、イライラする、といった精神症状を訴える人も多くみられます。
こうした症状の出現には、ホルモン分泌の乱れに加えて、生まれ持った性格や気質、さらには更年期ごろの女性が直面する変化(例:年老いた親の介護、子供の独立)によるストレスも関係しているといわれています。
更年期障害症状の種類・期間・重さには、月経や妊娠時のつわりと同様に個人差があります。月経周期が乱れるくらいで閉経後はけろっとしている人もいれば、日常生活に支障をきたすほどの自覚症状を訴える人もいます。

 
更年期障害セルフチェックの一例

次に挙げる項目に当てはまるものはありますか?
当てはまる項目数が多いほど更年期障害の可能性があります。

  • 月経周期が乱れるようになった
  • 顔がほてったり、のぼせやすくなった
  • 汗をかきやすくなった
  • 手足・腰の冷えを感じるようになった
  • 息切れ・動悸を自覚するようになった
  • 睡眠が浅く、寝付きも悪くなった
  • 何かにつけてイライラする
  • めまい・頭痛が頻繁に起こるようになった
  • ちょっとしたことで気が滅入ったりくよくよしてしまう
  • なんだか疲れやすいような気がする

ここでひとつ問題なのは、心身の不調すべてを「更年期障害」と一言で片付けてしまうことの危険性です。例えば、頭痛や疲労感を「更年期障害のせいだから、きっと大丈夫」と自己判断し放置していたら、実は心臓や脳の病気だったという可能性があるのです。
そのため、症状を自覚したときには、医療機関を受診し相談することをおすすめします。

 

更年期障害の治療

更年期障害に対しては、大きく分けて2つの治療が考えられます。

1.薬物による治療 2.ストレスの除去など精神面へのはたらきかけ
更年期障害の治療

薬物療法は、減少してきた女性ホルモンを補うホルモン補充療法と、更年期障害症状をやわらげる対症的な治療法に大別できます。
ホルモン補充療法(HRT)は、女性ホルモンを補充し症状を軽減する治療法です。この治療は世界中で行われていますが、欧米に比べ日本の普及率はまだまだ低いのが現状です。HRTのメリットには、ほてり・発汗の早期軽減、骨粗鬆症の予防などが挙げられます。一方デメリットとして、乳房・おなかの張り、吐き気、子宮筋腫の悪化などが挙げられます。
また、HRTによって乳がん、静脈血栓症、脳卒中になる危険が高まるという報告があります。HRTを受ける際には、医師と相談し定期的な全身のチェックを受けましょう。
その他、薬物療法として選択されるものには、漢方薬、向精神薬(抗うつ剤・精神安定剤)などがあります。症状のつらさを緩和し、より良い生活を営むことを目的としています。

 

治療の選択にあたっては、薬の作用と副作用を理解し、その薬が自分自身の症状に合っているのかをよく考えてから決定しましょう。そのためには、医師から、納得できるまで十分な説明を受けることをおすすめします。
薬物治療に加え、精神面へのはたらきかけも大切です。ストレス源となっている環境の変化を見直すことはその一例です。
また、これまでの考え方を変えたり、趣味に取り組むことによって、精神的苦痛が緩和されることがあります。更年期障害と上手につきあっていく方法を見つけ、ストレス・症状を軽減していくことも大切な治療といえます。

 

更年期を上手に過ごすには

更年期障害のつらさは他人になかなか理解してもらえず、一人で抱え込み思い悩む人も多いといいます。つらい時に、症状や自分の気持ちをゆっくり話せる人の存在は心身を楽にしてくれることでしょう。何でも相談できるような友だちや家族を持つことによって、更年期を少しでも快適に過ごしていければいいですね。
また、症状のつらさから、家に閉じこもりがちになり、さらに症状が悪化してしまう人もいます。趣味やボランティア活動などに積極的にとりくみ、生活にリズムを持って社会との関わりを保ちましょう。スポーツやストレッチによって、ストレスを発散することもよいでしょう。
また、バランスのとれた食事も大切です。女性ホルモンと似た物質であるイソフラボンを多く含む大豆製品(豆腐、納豆など)を意識的に摂取することもよいといわれています。

これらのことは、更年期を迎える前から心がけることができます。いずれ訪れる更年期をより快適に過ごすために、少し意識してみてはいかがでしょうか。また、症状が現れたときには、「自分の心身と改めて向き合う良い機会」と受けとめて、医師や家族と相談するなど一人で悩んでしまうことのないようにして、よりよい日々を過ごしていきましょう。

 


男性にも更年期障害はあります。女性の更年期と同じように、40〜50歳ごろに疲労感、うつ、性欲減退などの症状を訴えます。まだ認知度が低く、女性の閉経のような目安がないため軽視されがちです。

また、近年、更年期障害と同じような症状を訴える20代・30代の女性が増えています。「若年性更年期」「プチ更年期」と呼ばれるこの状態は、進学・転職・結婚など若い女性の日常にひそんでいるストレスや激しいダイエットによってホルモンバランスが崩れることによります。3ヵ月以上月経がないことに加えて、倦怠感・めまい・冷え・肩こり・頭痛・発汗・動悸・イライラ・不眠・集中力や記憶力の低下などを自覚することがあります。

 
関連記事
 
 
健康美人 バックナンバーへ
 

バックナンバー