草津温泉 効果・効能 【ココミル】

無料・サンプル・プレゼントの美容と健康の情報サイト〜ココミル

文字サイズ
別府温泉「ゆかり文学」
  • 効果・効能
  • 歴史豆知識
  • 開湯秘話
  • ゆかり文学
  • おもしろ名店
  • 穴場スポット
効果・効能

群馬の草津温泉は、有馬温泉や下呂温泉と並んで「日本三名湯」と呼ばれるほど、有名な日本有数の温泉地です。

温泉の自然湧出量は日本一を誇り、その量はなんと毎分32,300リットル以上にのぼります。この豊富な湯量を活かして、草津温泉では旅館をはじめとするさまざまな温泉施設で源泉かけ流しの贅沢なお湯を楽しめます。

また、北西にそびえたつ草津白根山・本白根山・逢の峰など山々はまさに圧巻です。温泉の質量ともにすぐれているうえに、自然に恵まれ見所スポット満載の草津温泉は、ぜひ一度は訪れたい定番の温泉地です。

草津温泉の歩き方・・・
1.湯畑

草津温泉の中心地にある湯畑は、草津温泉内の代表的な6つの源泉のひとつです。毎分4,000リットルものお湯が湧き出すと、お湯の温度を自然に冷ますために作られた7本の木樋を通り、最後に滝となって流れ落ちる音と湯けむりは圧巻です。また、湯樋の底に沈殿する湯の花は、おみやげとしても人気を集めています。そして、湯樋を囲む柵には、草津温泉を訪れた有名人の名前が刻まれているので見逃さないようにしましょう。
最近は、期間限定で夜間ライトアップが行われるようになり、昼夜を問わず多くの観光客が訪れる人気スポットです。

2.将軍御汲上の湯枠

湯畑の源泉の中は、四角に組まれた木の枠が沈んでいます。この木枠の中の湯は「御汲上の湯」と呼ばれ、徳川八代将軍吉宗が、温泉を汲み上げて樽に詰め、江戸まで運ばせた際の汲み上げ場所を示す木枠です。
また、豊臣秀次や家康の正室朝日姫、また前田利家公なども草津温泉に入湯したという記録もあり、草津の湯は多くの武将たちにも愛されていたことがうかがえます。

3.湯滝の燈篭

湯畑の滝の流れを見下ろすように立つ湯滝の燈篭この石燈篭は、文政13年(1830年)に、伊勢太々講中の人々によって寄進され、不動堂の常夜燈として機能していました。日本画の巨匠川端龍子は、若き日にこの石燈篭に感動し、後に出世作となる「霊泉由来」という作品を制作したというエピソードが残っています。
また宮崎駿監督の映画「千と千尋の神隠し」では、ここの湯の音が使われたことから、再び注目されるようになり、最近は観光客の撮影スポットしても人気の場所です。

4.草津の「湯もみ」

草津温泉の源泉は、51度から94度と大変熱く、そのままでは熱くて入浴することができません。しかし、水を加えると温泉成分が薄くなってしまうため、水を使わずに源泉の温度を下げる方法として、「湯もみ」が考え出されました。幅30センチ、長さ180センチの板を使って、20分〜30分かけて湯をかき混ぜ続けます。このときに、湯もみのリズムを合わせるために歌われるのが「草津湯もみ唄」です。
現在、湯もみは日常的には行われなくなりましたが、熱の湯では観光客向けの公演が毎日行われています。

5.西の河原公園

天然の湯の川が流れ、溶岩石が転がる河原には、湯気をあげて湧き出す温泉の池が点在しています。また、公園の中央には、500平方メートルもの広さを誇る男女別露天風呂があり、自然を満喫しながらゆったりと入浴を楽しむことができます。

草津温泉の湯を訪ねて

草津温泉の泉質は、基本的には酸性・含硫黄-アルミニウム-硫酸塩・塩化物温泉(硫化水素型)(酸性低張性高温泉)です。pHは2前後と酸性が大変強く、白根山の山頂に近づくほど含有成分が多くなりpHは低くなるという特徴があります。

飲泉(飲湯)

草津温泉の湯は、pH2程度と大変酸性が強いため飲泉には適していません。

浸かる湯

泉質
酸性・含硫黄-アルミニウム-硫酸塩・塩化物温泉
主な効果・効能
神経痛・筋肉痛・関節痛・皮ふ病・五十肩・うちみ・くじき・病後回復期・疲労回復・健康増進・慢性婦人病・糖尿病・高血圧症・動脈硬化症など

草津温泉の湯には、江戸時代から「時間湯」という独自の入浴習慣があります。
草津温泉の源泉は大変熱く、刺激の強い酸性泉であるため、長時間浸かっていると体調を崩す可能性があります。そこで湯長の号令に従って3分単位で入浴するという独自の温泉療法が行われるようになったのです。

温泉地に行くと、できるだけ多くの湯船に浸かりたくなりますが、草津温泉でのはしご湯は注意が必要です。温泉をはしごしていると、強い酸性泉で肌がボロボロ、なんてことになりかねないで、とくに女性の方は気をつけましょう。

酸性・含硫黄-アルミニウム-硫酸塩・塩化物温泉とは

酸性泉」「硫黄泉」「硫酸塩泉」「塩化物泉」の4つの泉質の効能を持っている泉質です。

神経痛、筋肉痛、関節痛、五十肩、運動麻痺、関節のこわばり、うちみ、くじき、慢性消化器病、痔疾、冷え性、疾後回復期、疲労回復、健康増進、慢性皮膚病、慢性婦人病、水虫、ニキビ、切り傷、糖尿病、高血圧、動脈硬化、オイリー肌、リュウマチ、喘息、美肌効果、火傷、虚弱児童、などがあげられます。

酸性・含硫黄-アルミニウム-硫酸塩・塩化物温泉 一覧
草津温泉 蔵王温泉 須川温泉 登別温泉 など
関連記事
 
温泉ガイド 一覧へ
 

バックナンバー