健康・美容・美肌情報やサンプルをプレゼント中〜 ココミル

無料・サンプル・プレゼントの美容と健康の情報サイト〜ココミル

文字サイズ
疲れしらずの健康美人に!!夏の疲れ編
毎日うだるような暑さが続き、このところ、なんとなく「からだがだるい」「食欲がない」「やる気がでない」と感じている方も多いのでは? 実は、それらの症状は夏バテのサインかもしれません!
今回は、夏バテを予防・解消するための、夏の過ごし方のひと工夫をまとめてみました。
 

そもそも「夏バテ」って何?

「夏バテ」とは何かをはっきりと示す定義はなく、夏の暑さによる疲れや体の不調の総称です。梅雨の時期から真夏にかけて気温の変化が激しくなると、体には思いのほか負担がかかってしまいます。

夏バテの主な原因
  • 自律神経の乱れ
  • 気温が高くなると、体は血管をひろげたり、汗をかいたりして体温を調節します。暑さが強いときや、汗がうまく出せないときには、自律神経が負担を受けてしまい、はたらきも弱まってしまいます。内臓や血管などのはたらきをコントロールして体内の環境を整えている自律神経が乱れると、めまいや疲れ・冷えや食欲の低下などさまざまな症状が出てきます。また、暑いところから冷房の効いた場所への移動などの急激な温度変化も、自律神経の乱れを引き起こす大きな原因です。
  • 胃腸のはたらきの低下、食生活の乱れ
  • 自律神経が乱れると、胃腸のはたらきが低下し、食欲がなくなったり、下痢や便秘も起こりやすくなります。また、冷たいジュースやアイスクリームの摂りすぎは、さらに胃腸に負担をかけるだけでなく、糖分を過剰に摂取してしまうため空腹を感じにくくなり、食事を抜く・食事内容が偏るなどの問題を招きます。食生活の乱れは、体力を低下させ、胃腸のはたらきを悪化させる悪循環に陥ります。
  • 水分不足
  • 暑いときは、体温を一定に保つために汗が出ます。水分が不足するとうまく汗が出ず、体温調節ができなくなります。ひどいときには、熱中症を引き起こしてしまうのでとても危険です。胃腸不良による下痢や嘔吐でも、多くの水分を失ってしまいます。また、体内の水分が不足すると、栄養素や老廃物をうまく運ぶことができなくなるので、疲れもたまりやすくなります。
 

事前に解決!夏バテ予防法

夏の疲れは美容の大敵!自覚症状がなく「私は大丈夫!」と思っている方も、夏の終わりに疲れをためないために、夏の過ごし方をチェックしてみましょう。

冷房病の予防で自律神経の乱れを防止

現代では、暑さだけでなく、冷房による温度差に体がついていけないためにおこる夏の疲れがよくあります。冷房の設定温度を高めにしたり扇風機などを上手に利用し、部屋を冷やしすぎないように注意しましょう(外気との差は5℃以内が望ましいです)。職場や外出先などで調節が難しいときには、上着などをこまめに脱ぎ着して体を冷やさないようにしましょう。冷房の効いた室内に入る前に、しっかり汗を拭きとっておくことも大切です。また、普段からウォーキングなどの軽い運動で体を動かすようにしておくと、体が正しい汗のかき方を思い出し、体温調節を行いやすくなります。

1日3回の食事で体のリズムを保つ

人の体内時計は食事や睡眠によっても調節されており、不規則な食事は体のリズムを乱し夏バテの引き金に。夏は暑さで体力も消耗し、ビタミンミネラルも不足しやすくなります。
1日3回の食事を摂り、体のリズムを保ちましょう。

しっかりと水分を補給

喉が渇いたと感じるときには、すでに水分は不足しています。喉が渇く前に、水分をとることを心がけましょう。ビールや濃いお茶などは、利尿作用が強いので水分補給には適しません。また、一度にたくさん飲むと吸収されにくく、胃腸にかえって負担をかけます。コップ1杯ほどの水か薄めのお茶で、こまめに水分をとりましょう。

 

無理は禁物!夏バテ解消法

夏バテの予防・解消には、まず、充分な栄養と睡眠をとり、適度な運動を行うことが大切です。
その手助けになる方法を紹介します。

入浴

日本の夏は気温だけでなく湿度がとても高いので、乾燥している地域に比べ汗が出にくく、夏バテになりやすいといえます。シャワーだけでなく、ゆっくりと湯船につかり汗をしっかり出すことも夏バテの解消に有効です。血行も良くなり、冷房による冷えやむくみの改善にもつながります。入浴の前後の水分補給を忘れずに!

マッサージ

足や肩にだるさを感じたら、手のひら全体で包みこむようにマッサージしてみましょう。ゆっくりと呼吸し、気持ちいい程度の力でつかむときは息を吐き、手の力を抜くときは息を吸うように吐く息に合わせて行いましょう。体のだるさをやわらげるとともに、リラックス効果も得ることができます。

症状が長引くようなら医療機関で受診を

夏バテの症状がひどく日常生活に支障をきたす場合は、無理をせず診察をうけるようにしてください。夏バテの症状にほかの病気が隠れていることもあるので、長引くときは注意しましょう。

 

夏バテにまつわるQ&A

質問 夏は暑くてよく眠れない。夏の快眠法って?
アンサー 暑い夜は寝苦しいですが、寝ている間は体温が下がるので、冷房をかけたままで寝ると、寝ている間に体が体温を上げようとして疲れてしまいます。翌朝だるさを感じるのはこのためです。改善策として、就寝前に部屋の湿度を下げたり扇風機を利用すると、あまり室温を下げないでも、快適に眠ることができます。そのとき、体に直接風があたらないように注意しましょう。また、就寝前に軽いストレッチやマッサージを行うと眠りやすくなります。
ライン
質問 食欲がないときに、おすすめのメニューは?
アンサー カレーやコショウ・唐辛子などの香辛料を用いた料理は食欲増進効果があるので、暑さで食欲がないときにはおすすめです。香辛料には汗を出しやすくする効果もあり、食べた後に清涼感を得ることもできます。また、酢やレモンなどで酸味を加えると、唾液や胃液の分泌を促進し、食欲を促してくれます。ただし、食欲が低下しているだけでなく胃腸の調子を崩してしまっているときには、強い酸味や香辛料は胃腸の粘膜を刺激するので控えめに。そんなときは、消化の良いあたたかい料理で胃腸の回復を助けてあげましょう。
 
 
 

バックナンバー