健康・美容・美肌情報やサンプルをプレゼント中〜 ココミル

無料・サンプル・プレゼントの美容と健康の情報サイト〜ココミル

文字サイズ
美脚の作り方
春が過ぎれば、キラキラな太陽の下で元気に楽しみたい夏が到来!まだ春なのに・・・と思うかもしれませんが、夏に向けて体を準備するのであれば、春からはじめなければ間に合いません。
「夏らしくミニスカートやホットパンツを着て出かけたい!でも、脚に自信がないから出せない・・・」なんて悲しいですよね。そんな思いをする前に、今から美脚ケアをはじめましょう!
 

理想的な美脚とは?

理想的な美脚の条件は、脚をつけてまっすぐ立ったとき、太ももの一番太いところ、ひざ、ふくらはぎ、内くるぶし、つま先の5箇所がくっついて、ほかは少し隙間があいていることと、膝頭がまっすぐ前を向いていることです。
さらに、適度な細さがあれば完璧。サイズとしては、太もも=身長×0.3、ふくらはぎ=身長×0.2、足首=身長×0.12が美しい脚の細さです。
サイズを測るのはめんどうですが、実際に測ってからケアを行うと、ちょっとずつの変化がモチベーションアップにつながります。

 

筋肉をつけすぎないおすすめエクササイズ

女性らしい脚線美をつくるには、ハードなエクササイズで強靭な筋肉をつけるのではなく、バレエエクササイズのように緩やかな動きのエクササイズで、なめらかな形の筋肉をつけるのが理想です。
一緒にストレッチも行うようにすると、よりエクササイズの効果がアップします。

 
自宅で行う脚のゆがみケア
●バレエエクササイズ

バレエの基本となるプリエなどの動きは、普段使わない筋肉を鍛えてしなやかにしたり、骨盤や大腿骨の位置を整えるので、ゆがんでしまった脚をまっすぐに戻すのにとても効果的です。プリエは「曲げる」という意味で、膝を曲げ伸ばしする動きを指します。
何種類もありますが、ここではやさしくて基本的なプリエをご紹介しましょう。

  • 足先と膝が同じ方向を向くように、両足を肩幅に開く。
    足の裏は常に床についているようにする。
  • 背筋をピンと伸ばし、頭はその延長上にのるようにする。
  • 両手はリラックス。軽く腰に当ててもOK。
  • 上半身はそのままで、息を吐きながら膝をゆっくり直角より浅く曲げ、息を吸いながらゆっくりと伸ばす(膝に負担がかかるので深く曲げすぎないように)。これを10回繰り返し、2セット行う。
オフィスでもできる美脚体操
自宅で行う脚のゆがみケア
●脚の内側の筋肉を鍛えるエクササイズ
  • 足の裏が全部床につくように、椅子に浅く座る。
  • 両足をそろえて、かかとを上げ下げする動作を10回。
  • 次に両足をそろえたまま、つま先を上げ下げする動作を10回。
●膝をまっすぐにするストレッチ
  • 椅子に浅く腰掛けて片脚を前に出し、かかとは床につけ、つま先を上げる。
  • 息を吐きながら、脚と上体が90℃になるように状態を前に傾ける。
  • 息を吸いながら元に戻す。これを10回繰り返し、反対の脚も同じようにする。
 

美しい脚のために避けたいこと

美脚づくりは、いつもの生活に何らかのケアをプラスするだけでなく、脚の形を悪くする悪い習慣をやめるのも大切。クセになっている習慣を除くだけでも美脚効果はあらわれるはず。悪い習慣をなくすように意識しながらすごしてみましょう。

やめておきたい悪い習慣
  • 立っているとき、重心が片脚に集中している。
  • 床に座るとき、横座りや両足を外に曲げて真ん中におしりを落として座る。
  • 椅子に座るとき脚を組む。

これらの習慣を続けると関節や筋肉にゆがみが出て、脚の形を崩しやすくなるので注意しましょう。

 

美しい肌も美脚には重要!!

美脚の条件は形だけに限ったことではありません。スキンケアもとても大切です。
せっかく形がよくても膝が黒ずんでいたり、かかとがガサガサだったりひび割れていたら、決して美しいとは言いがたいもの。ストッキングなどで隠せない夏だからこそ、スキンケアも入念に行いましょう。

 
膝の黒ずみケア
膝の黒ずみケア

膝は頻繁に伸び縮みする場所。そのため、脚を伸ばしたときに皮膚が寄って黒ずんで見えてしまいがちです。それにも加えて、入浴時にナイロンのタオルでゴシゴシ洗ったり、きつめのジーンズをはいてこすれたり、膝で歩いたりすると、皮膚が厚くなるばかりか色素が沈着しやすくなってしまい、より黒ずんで見えてしまいます。
黒ずみが気になるときは、まずはこれらの刺激を除去しましょう。

体を洗うときは、しっかりと弾力のある泡を立てて、手かやわらかいタオルで優しく洗い、お風呂上りにはローションなどでしっかり保湿し、最後に乳液やクリームなどで保護しましょう。ひどく気になる黒ずみの場合は、刺激が弱いピーリングなども効果的。最近は、エステでも膝の黒ずみケアのメニューがあるところも多いようです。

かかとの乾燥ケア
かかとの乾燥ケア

かかとはケアをし忘れやすい部分。歩くたびに全体重がかかるために角質層が厚くなっているのに加えて、皮脂の分泌量が少ないのでとても乾燥しやすい状態になっています。空気が乾燥している冬はもちろん、素足になる夏もエアコンの空気で乾燥しやすくなっています。乾燥がひどくなるとケアが大変になるので、まめにケアしましょう。

入浴時にはゆっくり湯船につかって角質層がやわらかくなってから、軽石やピーリング石鹸、ジェルなどを使って優しくマッサージするように余分な角質を除きます。入浴後は、乾燥する前にローションやクリームをつけてしっかり保湿。靴下やかかとケア用スリッパ、サポーターなどをはくとよりよいでしょう。

 

緊急時には美脚グッズを活用!!

「夏までに美脚を」というのであれば、まだ時間があります。しかし、今の季節でも結婚式やパーティなど、脚を見せるファッションを身にまとう機会は多々あります。そういったスケジュールまでの間もエクササイズやスキンケアを行うのは大切ですが、じっくりと時間をかけて美脚づくりに励めないときもあるはず。そんなときに便利なのが、脚用化粧品です。
スプレータイプやローションタイプの脚用ファンデーション、ラメ入りでほっそり効果のあるパウダーなど。どれも、毛穴やシミ・キズなどをきれいにカバーしてくれる優れもの。もちろん、しっかりとケアした美脚につければ効果は倍増!緊急時でも時間があるときでも役に立つ美脚グッズで、夏を楽しんでみてはいかがでしょうか。

緊急時美脚グッズ
 
 
得するビューティー 一覧へ
 

バックナンバー