健康・美容・美肌情報やサンプルをプレゼント中〜 ココミル

無料・サンプル・プレゼントの美容と健康の情報サイト〜ココミル

文字サイズ
我慢できないそのかゆみを解決!?
空気が乾燥してくるこの季節、お肌がカサカサしてかゆくなったりしていませんか?
ガサガサ肌は女性の大敵!予防と対策でしっとりお肌を手に入れ、かゆみともお別れしましょう。
 

どうしてかゆくなるの?

かゆみの原因は、肌の乾燥によるものです。気温が下がり、空気が乾燥してくる秋から冬にかけて肌は乾燥しやすくなります。加えて、暖房のきいた部屋に長時間いたり、お風呂に長く入ったりすることによって、自分でも気付かないうちに乾燥肌を助長させてしまっていることが少なくありません。

 

かゆみのメカニズム

健康な肌では、肌の表面に近い角質層の中にあるアミノ酸や角質細胞間の脂質(セラミド)が水分をしっかりと保持するとともに、表面を覆う皮脂膜が水分の蒸発を防ぎ、さまざまな刺激から肌を守っています。

しかし、乾燥によって角質層にある脂質や水分が失われると、細胞間にすき間ができてしまい、外界からの刺激を受けやすくなります。そうすると、深部にあるかゆみを感知する神経が刺激され、かゆみを感じるのです。
この神経は外からの刺激を受けることで、かゆみを引き起こす成分である「ヒスタミン」を放出する働きがあります。つまり、かゆいからといって皮膚をかくと神経を刺激してしまい、ますますかゆくなるといった悪循環におちいることになりかねません。

洗いすぎに要注意
洗いすぎに要注意

加齢とともに肌の新陳代謝が低下し、保湿機能も衰えて肌が乾燥しやすくなります。高齢者にかゆみが生じやすくなるのはそのためです。しかし、若い人にも増えてきているかゆみの症状の原因は、「洗いすぎ」によるものが大きいと考えられています。

石鹸は部分によっては必要な皮脂まで落としてしまいます。ボディブラシでゴシゴシこすったり、長時間熱いお湯につかったりしていると皮脂はますます奪われ、肌に負担をかけてしまいます。皮脂の多い背中や胸の中心部、汚れやすい手足・股・顔・首などは毎日石鹸で洗い、その他の部分は間隔をあけて石鹸で洗うようにするといいでしょう。
また、石鹸はよく泡立てて、手のひらか、刺激の少ない木綿のタオルでやさしく洗うようにしましょう。

 

乾燥肌を予防するには?

それでは、かゆみを予防するセルフケア方法をご紹介しましょう。

保湿剤をこまめにぬる

尿素やワセリン・セラミドなどが配合された保湿剤が一般的に使用されています。入浴後の肌がしっとりしている間に塗るのが効果的です。

ライン
暖房は設定温度を低めにして加湿をする

エアコンは空気をさらに乾燥させます。使用するのは必要最低限に抑え、加湿器を利用したり、水の入った器を置いたりして湿度を50〜60%に保つようにしましょう。

ライン
香辛料やアクの強い食べ物の摂りすぎに注意

唐辛子などの香辛料、ほうれん草やたけのこ、チョコレート、アルコールなどはかゆみを引き起こしたり強めたりすることがあるので食べすぎに注意しましょう。

ライン
ストレスをためず睡眠を十分にとる

肌の新陳代謝は睡眠中やリラックスした状態で活発になります。睡眠不足やストレスは代謝を乱すことに。
自分なりのストレス解消法を探してみましょう。

ライン
下着や寝巻きは水分を含む綿製品を着用する

肌に直接ふれる衣類も、肌トラブルを引き起こす原因になります。
乾燥を防ぎ、かゆみを予防するには、肌への負担が少ない木綿素材が適当です。

ライン
身につけるものを清潔にする

不潔な状態の衣類も、肌トラブルの原因になることがあります。こまめに洗濯する習慣を。
ただし、洗剤のすすぎ残しもかゆみの原因になるので注意しましょう。

 

ホルモンバランスを整えてかゆみを予防

ホルモンバランスを整えてかゆみを予防

ホルモンとかゆみには深い関係があります。女性ホルモンのエストロゲンが減少すると、皮膚の柔軟性を保つコラーゲンエラスチンが減少して弾力を失い、肌のバリア機能が衰えてしまうからです。少しでも乾燥すると、肌はガサガサの状態に。不規則な生活やストレス、偏った食生活はホルモンバランスを乱す原因になります。規則正しい生活でリラックスする時間を持つように心がけましょう。
生理周期によってエストロゲンの分泌量は変化しています。生理の約一週間前から生理中の時期がエストロゲンの減少期です。この時期は、ローションパックをするなどしていつも以上に肌の保湿対策をしてあげましょう。

かゆみは肌の乾燥やホルモンバランスの乱れ以外にも、アトピー性皮膚炎や糖尿病、腎臓病など内臓の病気が原因で起こる場合もあります。保湿剤を塗ってもかゆみが改善しないときは、皮膚科を受診しましょう。

 

かゆみにまつわるQ&A

質問 かゆみを治す体質改善とは?
アンサー かゆい部分に薬を塗るような外側からのケアではなく、体の内側からかゆみを軽減しようとすることです。食事によって体内環境を改善させることは重要です。とはいえ、かゆみと食事の因果関係は個人によってさまざまなので、具体的に「この食品がよくない」とはいえません。対策として、食べたものを記録し、かゆみの症状が出たときに原因が分かりやすくなるようにしておくといいでしょう。
カップ麺など、添加物の多い食品は避け、野菜を中心としたバランスのよい食事内容を心がけてみてください。
ライン
質問 かゆみとライフスタイルの関係って?
アンサー 肌が作られる時間帯についてはいくつかの説がありますが、一般的には午後10時〜午前2時といわれています。肌の健康を維持するには、この時間に安眠できる生活リズムをつくり、趣味や運動でストレス発散し、掃除や洗濯でかゆみを予防するなど、できることから生活習慣を見直す事が重要です。
ビタミンAは肌の乾燥を防ぎ、ビタミンCはシワやシミの予防、ビタミンEは肌の老化防止に効果があります。健康な肌づくりに欠かせないビタミンミネラルを多く含む野菜類や海藻を意識して摂り、バランスのよい食生活を送りましょう。
かゆみとライフスタイルの関係って?
 
 
 

バックナンバー