家の中にも危険はいっぱい 意外と多い「家庭内事故」 〜 健康美人を応援【ココミル】

無料・サンプル・プレゼントの美容と健康の情報サイト〜ココミル

文字サイズ
家の中にも危険はいっぱい・・・意外と多い「家庭内事故」
家の中にいると、守られているような安心感があります。しかし、安心して油断してしまうがゆえに、思わぬ大事故を引き起こす危険が潜んでいます。
厚生労働省では、死亡原因のひとつに「家庭内事故」という言葉を用いているほど。年間に数十万件も発生していると言われており、そのうちの約1万人が命を落としているのです。
とくに、乳幼児やお年寄りに多いとされていますが、ほかの世代にも起こりうること。「自分は大丈夫」と思わず、できるところは改善し、より安全で快適な生活ができるように対策を取ることをおすすめします。
 

子どもの危険は大人が防ぐ

テレビでも連日のように、幼い子どもの事故が報道されていますが、その多くは家の中で起こっています。大人が近くにいても起こるものもありますが、周りの大人が気をつけていれば防げるものが大半です。

子どもの危険の例
子どもの危険は大人が防ぐ



  • 転倒
  • 床の上に置いてある物につまずいたり、新聞紙やチラシに乗って滑ってこけたり、家の中でも転倒する場面は多数あります。
    その際に、長い棒のようなものや尖ったものを持っていると、重篤なけがをする危険があります。足もとにつまずきやすいものがないか、長いものを持って走り回っていないか、子どもから目を離さないようにしましょう。
  • 転落
  • 乳幼児の体バランスは頭のほうが重いもの。そのため、階段やベビーベッドなどから身を乗り出したりすると、頭から落ちやすくなります。
    とくに多いのは、ベランダやテラスから乳幼児が墜落する事故。
    手すりの近くには、踏み台となるような椅子や箱などを置かないようにしましょう。
    また、階段を降りるときは大人と手をつないだり、階段に子ども用の手すりをつけるなどの対策も大事です。
  • 誤飲
  • 子どもには、大人が目を離すと何でも口に入れてしまう時期があります。口に入る大きさの日用品、誤って口にしてしまうと危険な内服薬や煙草などは、子どもの手が届かないところに置きましょう。
    また、意外と気づきにくいのが、食べ物を大きい形のまま口に入れて、のどにつかえてしまうこと。食事をしながら動き回る子どもにも注意が必要です。食べることに集中させましょう。
  • やけど
  • 家の中でのケガで見過ごせないのがやけどです。炊飯器やポットの蒸気口に誤って触れてしまったり、熱いストーブに触ってしまったりと、やけどの原因も起こる場所もさまざまです。
    とくにお風呂は要注意。自動湯張り機能がついたお風呂のほとんどは、はじめから適温の湯が出るのではなく、熱い湯が出た後に冷たい水が出て最終的に適温になる設計となっており、それを知らずに大やけどを起こすケースが多数発生しています。なるべく大人と一緒に入り、目を離さないようにしましょう。
  • その他
  • このほかにも、コンセントにおもちゃなどを差し込んで感電する、ドアや引き出しに指を挟む、扇風機に指を入れる、うつぶせ寝で窒息するなど、家の中にはたくさんの危険が潜んでいます。
    大丈夫、と思っていても、一度子どもと同じ目線に立って、家の中を見回してみましょう。大人の目線では気づけない危険が見えてくるかもしれません。
 

体の変化がもたらす高齢者の危険

子どもと同じように、家の中での事故やケガが多いのがお年寄りです。軽傷の場合は、打ち身や切り傷で済みますが、重傷になると骨折ややけどをすることも。また、年齢が上昇するにつれて件数が増加しているのも特徴です。

体の変化がもたらす高齢者の危険の例
  • 骨折
  • 家の中にある段差につまずいて骨折する高齢者が後を絶ちません。階段はもちろん、敷居や浴室など、わずか2〜3センチの段差でもつまずきやすくなります。身体能力が低下するために、足をちゃんと上げているつもりでも思っているほど上がらずにつまずいてしまうのです。床をフラットにするのもよいですが、足元に物を置かないようにしたり、すべりやすい靴下やスリッパは避けたり、照明を明るくしたりするなど、すぐにできることから改善を。万が一に備え、手すりをつけておくのもよいでしょう。
  • 誤嚥
  • 餅をのどにつまらせる話はよく聞きますが、年と共に噛む力、飲み込む力が低下し、これまでは普通に食べることができていたものがうまく飲み込めなかったり、誤って気管に入ってしまったりすることがあります。餅のようなものはわかりやすいですが、実は水のような液体を飲んでむせやすいのも高齢者の特徴です。さらっとした液体よりも、少しとろみのついた料理を食べるようにするとよいでしょう。
 

誰にでも起こりうる危険

子どもやお年寄りに限らず、家の中の危険は誰にとっても注意が必要です。住み慣れた家であっても、それは同じ。今一度、家の中を見直してみましょう。

誰にでも起こりうる危険の例
誰にでも起こりうる危険


  • 火事
  • 掃除をしてホコリをちゃんと取り除いていますか?コンセントにたまったホコリは発火の原因となり火事が起こることがあります。棚の後ろなどのコンセントにホコリが積っていないか、コンセントが抜けかけていないか、ときどき確認してみましょう。家で煙草を吸う人がいる場合、煙草の消し忘れやマッチやライターの扱い方によって家事になることがあります。火の始末はとくに気をつけましょう。
  • 有毒ガスの吸引
  • 管理や使用方法に注意が必要なのは、お風呂やトイレなどの洗剤です。1種類の洗剤だけを利用するなら問題は少ないのですが、2種類以上の洗剤を使用する時には、組み合わせによって有毒ガスが発生することがあります。使用方法をよく読んで、誤った使い方をしないようにしましょう。また、1種類だけしか使わない時でも、換気を忘れないようにしましょう。
  • 暖房器具による被害
  • 冬は寒さをしのぐために、暖房器具を使います。しかし使い方を誤ると、こたつやカーペットで低温やけどをしたり、石油ストーブでは換気が悪いと一酸化炭素中毒が起こる場合があります。火をおこして使う暖房器具が多かった時代に比べ、安全性は向上していますが、暖房器具が火災の原因になる場合もあるので注意しましょう。
  • 冷房器具による被害
  • 夏はクーラーによって夏バテや冷え性になることも。それを避けるためにクーラーを使わず暑さに耐える人の中には、脱水症状熱中症を起こす人もいます。冷房を使うのであれば、温度設定を高めにするなどして体が冷えすぎない工夫を、使わないのであれば、汗をかいた分の水分摂取を心がけましょう。
  • その他
  • 身の回りのありとあらゆるものから、ホルムアルデヒドという化学物質が検出されています。
    電化製品や日用品もそうですが、怖いのは私たちの体に触れることが多い衣類や寝具、食器に使われている場合。有害物質とされているホルムアルデヒドが知らないうちに体内に入っているかもしれません。製品の原料に気をつけましょう。
 

夏に気をつけたいこと

温暖化の影響なのか、年々暑さが増しているような気もします。そんな夏に起こりやすい事故は、熱中症や熱射病、水の事故など。これらは家の中に限らず外でも、気をつける必要があります。しっかりと水分補給をして脱水症状を防いだり、外出するときは帽子をかぶるなど、熱さ対策をしましょう。

車の中はほんのわずかな時間でも、夏の日中は温度が急激に上がります。子どもやペットを車の中に置いて出かけたりすることがないようにしましょう。
また、虫さされなども夏に増えます。「蚊にさされたかも」と放置していたらものすごく腫れてきた、突然熱が出た…なんてことも。普段と違う虫にさされたようであれ、速やかに病院に行きましょう。

 
関連記事
 
 
健康美人 バックナンバーへ
 

バックナンバー