先手必勝アンチエイジング【ココミル】

無料・サンプル・プレゼントの美容と健康の情報サイト〜ココミル

文字サイズ
5年後の輝く自分のために
年齢を重ねるということは、避けることのできない現実です。しかし、加齢=老化では決してなく、年齢は迎え方次第で人間の魅力として輝きを増すものなのです。美容や生活習慣に関して1日1日いかに過ごすかが、5年後の自分に大きく影響してくるもの。今回は、20代であっても40代であっても5年後の自分に自信が持てる、若さや美しさを保つ美容方法や秘訣について紹介します。
 

5年後のため、絶対身につけたい美容習慣

アンチエイジングとは、「現在の状態を保ちながら老化を遅らせる」という意味。少しでも早くエイジング対策を始めることで、5年後の肌年齢や見た目年齢、体力などにも違いが現れます。まずは、「時間がない人もこれだけは絶対押さえておきたいエイジング対策」を紹介しましょう。あれもこれもしなくて大丈夫。小さな努力の積み重ねが将来のあなたを左右すること間違いありません。

 
紫外線は完全シャットアウト

加齢は肌老化の最大原因ですが、肌老化を加速させる大きな要因のひとつに“紫外線”があります。紫外線は1年中降り注いでいるため、毎日の対策はもちろん、浴びてしまったケアも同時に必要。紫外線によりダメージを受けた細胞の修復をするには、ビタミンBやβカロチン、ビタミンC、カテキン、イソフラボンなどを意識して摂り、体の中からもしっかりケアをします。顔だけでなく、紫外線にさらされる全身にも予防とケアを忘れずしましょう。

日中の保湿クリーム
日中の保湿クリーム

午後になると、肌がゴワゴワしてきたりしませんか?それは肌の乾燥がピークになったサイン。これを放っておくと乾燥がどんどん進みシワやタルミを引き起こす原因になります。
職場や外出時には保湿クリームを常に携帯して、12時、15時、退社前とこまめに保湿をしてみてください。5年後はもちろん、1週間後の肌の潤いが違ってきます。

化粧直しの手順ですが、ティッシュで脂を軽く押さえて、乾燥している部分にクリームを塗り、ファンデーションを塗るだけですから、時間もさほどかかりません。これも忙しい女性にこそ取り入れていただきたい小さな積み重ねの一つです。余裕があればデコルテやネックラインにもクリームを。

 

5年後が楽しみになる生活習慣

いくら美容にいいからといっても、無理なルールでは苦痛ばかりを感じ続かない結果になりかねません。何もしないで肌や肉体が好転することは残念ながら望めませんが、ちょっとした意識やメカニズムを知ることで、無理なく健康と美容に効果を発揮する方法があります。

 
忙しい人こそ、睡眠の質にこだわる
忙しい人こそ、睡眠の質にこだわる

私たちの体は眠っている間にさまざまなホルモンが活動して、細胞の再生や修復をしてくれるのです。

特に大切なのが寝入りから3時間の深い眠りの間に分泌される成長ホルモン。就寝前に体温を上げると寝入りが早く深くなりますので、寝る前のお風呂やストレッチをしてからベッドに入ることをおすすめします。

ここでぜひ控えて欲しいのが、寝る前のメールです。液晶の光は脳を興奮させて、寝入りの邪魔をします。忙しい人こそ、睡眠を利用して体と美肌のメンテナンスをするといいでしょう。

夜9時以降の食事

そもそも夜の食事が良くないのは、食べた後すぐに寝てしまうから。胃に負担をかけるととともに、栄養の吸収も睡眠もどちらも妨げてしまいます。仕事の付き合いの外食なら仕方がありませんが、家で食事をする場合には時間と食べるものに少し気をつけてみましょう。どうしてもお腹がすいたときは、消化のいい温かいものをゆっくり食べると翌日の胃腸の負担を少なくできます。ほんのちょっとした意識が5年後の体重やボディラインに影響しているはずです。

活性酸素を増やさない生活

細胞をサビさせ、肌老化や生活習慣病などの体老化をもたらす活性酸素。紫外線や喫煙、ストレスなどにより発生するため、その要因を取り除くことができれば、老化全体のスピードを落とすことができます。

活性酸素を減らす生活のコツ

紫外線を避ける
外出はもちろん、室内でもUVクリームなどで常に予防

抗酸化食品を食べる
緑黄色野菜、果物、ポリフェノール、魚介類を意識して摂る

適度な運動
激しい運動は活性酸素を増やすので注意しましょう

古くなった油
油で加工され、時間が経過した食品は避けましょう。

 

エイジレスボディの秘訣

見た目の印象と姿勢は重要

洋服で隠しきれなのが姿勢。姿勢の良い人は年齢を重ねていても印象が若々しく、スタイルもよくさまざまなファッションも素敵に着こなしています。
姿勢や歩き方が良くなれば腹筋、背筋、インナーマッスルが自然に鍛えられ、新陳代謝も良くなり脂肪を燃焼しやすい体になって一石二鳥。そして気持ちもどんどん明るくなって迎える年齢を、自信を持って受け入れられるかもしれません。
正しい姿勢と歩き方のポイントをマスターして、未来のボディラインにうれしい変化を起こしてみましょう。

姿勢

胸を張るというよりも腰骨を伸ばして背中を持ち上げるイメージで肩甲骨を寄せます。デコルテラインもピンと張りバスト位置も持ち上がります。

Point.やや前傾
90度ではなく、87度にやや前傾して立つ。視線は正面。少し遠くを見るような感じで

歩き方

大股を意識して足を踏み出し、かかとから着地しましょう。上体は上に引き上げられるイメージで、ヒザを伸ばしまっすぐ前方に足を出します。

Point.
かかと着地→足裏全体→親指で地面を蹴る。

座り方

背筋を伸ばして、両方の膝頭をピッタリくっつけます。

Point.

  • 足をできるだけ後ろに引く
  • かかとを軽く引き上げる
  • 膝を少し斜めに倒す
 
 

エイジレスなひとの共通点

見た目の美しさや若さはもちろん素敵なことですが、季節の移ろいに心をときめかせたり、新しい事にチャレンジしたりしている女性は、いくつになっても美しい輝きを放っています。ある70歳を超えた平和活動家の女性は、スキンケアも美容も食事も運動も直感で決めているといいますが、とても若く個性が光っています。しかしその直感や心のときめきが若さに関係するという科学的根拠がありました。エイジレスなひとに共通するエピソードから、素敵な5年後を迎えるヒントを見つけてください。

 
紫外線は完全シャットアウト

若いと感じる人に多いのがピンクやオレンジ色を好んで身につけていることです。明るい色は女性ホルモンの分泌にも影響を及ぼすとも言われています。

笑いと運動

エイジレスな人はよく笑うといいます。笑うことによりストレスが発散され、セロトニンという幸福や安心感を得られる物質の分泌が増えます。すると気力が溢れ生き生きとして過ごすことができます。また、適度な運動もセロトニンを増やすことが分かっています。

ちょっとした恋

恋愛だけでなく、瞬間出会った人の魅力を素早く見抜いたり、感心したりして常にワクワクドキドキ心をときめかせていると、肌に艶を与えるフェニルエチルアミンが分泌され、さらに女性ホルモンがどんどん増えてきます。人に限らず、風景や映画を見るだけでも同じ効果が生まれることも分かりました。

 
関連記事
 
得するビューティー 一覧へ
 

バックナンバー