簡単足ツボマッサージ 【ココミル】

無料・サンプル・プレゼントの美容と健康の情報サイト〜ココミル

文字サイズ
簡単足ツボマッサージ
季節の変わり目に体の不調を感じていませんか?なんとなく体がだるい、スッキリしない、疲れが抜けない・・・。
そんな方にオススメの、自分で簡単にできる膝下から足裏のツボマッサージをご紹介します。今すぐできる簡単なマッサージですので、ぜひお試しください。
 

足ツボマッサージってどんな効果があるの?

足ツボのマッサージというと「痛〜い!」と悶絶する姿が思い浮かぶ方も多いかもしれませんね。マッサージで「痛い」のはその部分が何かしら体に問題があることの証。でも、痛みがあること=神経が生きているということで、体がきちんと反応している証拠でもあるのです。

足には「ツボ」と「ゾーン」があります。

「ツボ」は親指などで押すワンポイントの部分。また「ゾーン」は一定の範囲をさします。 「ツボ」や「ゾーン」は全身の器官にそれぞれ対応していて、押す・揉むなどの刺激をすることで、関連のある器官や生理機能が刺激を受けて血液循環がよくなることから体のトラブルの改善に繋がるとされています。

ツボ押しやマッサージで筋肉をほぐすと、筋肉の緊張がほぐれて体の骨格を正しい位置に戻してくれる効果もあると言われています。骨格の歪みが気になる方も試してみませんか。

 

疲労回復+気になる症状で効果UP

足ツボマッサージがよいとわかっても、実際に施術を受けにいくのは結構面倒だったりするもの。ここでは、自宅で簡単にできる足ツボマッサージをご紹介します。

疲労回復して体を癒す

まずは、体がだるい・重い・元気がないなどのちょっとした疲労の蓄積の改善方法から紹介します。体全体に溜まった疲れを解消すると体の血行が良くなり、老廃物の排泄が促されるので、気になる部分の足ツボマッサージを行う際に、この疲労回復のためのマッサージをあわせて行いましょう。不快な症状の改善への効果がよりUPします。

疲労回復に効くゾーン
疲労回復に効くゾーン・ツボ

脳全体・胃(のうぜんたい・い):脳(頭)の疲れを取り、胃の調子を整える
場所:足の親指は頭に、人差し指は胃に対応しています

◎足の親指は、頭部に繋がっているとされ、脳の疲れや脳内の血行不良を改善し、脳全体に刺激を与えて疲れをほぐしながら頭痛も和らげてくれます。人差し指は胃に関係しているとされ、人差し指の外側(中指側)への刺激は、胃腸の働きを良くして消化機能を高めます。刺激の仕方としては、親指と人差し指の両脇を指の股に向かってさすります。その後、指の先から指の付け根に向かってよく揉みます。指をグルグルと回してもOKです。

疲労回復に効くツボ

湧泉(ゆうせん):体力や気を高め疲労回復、冷え症などにも効果的
場所:土踏まずより少し上(指に向かって)の左右の真ん中あたりです。足の指をぎゅっと曲げたときに凹んだところにあります

◎親指などを使い、約3秒間隔で押して、離して・・・と刺激を与えます。湧泉のあたりが温かくなるまでを目安に繰り返します。

これからの季節に増える、冷えやむくみを改善

寒い時期を迎えて多くの女性が悩む冷えや、むくみに効く足ツボマッサージを紹介します。
【疲労回復 ゾーン・ツボ】とあわせて行います。

むくみ解消のツボ
むくみ解消のツボ

三陰交(さんいんこう):女性によくある症状に効くツボ 生理痛・冷え症・更年期障害・婦人科系疾患など
場所:脚の内側、くるぶしから指4本(5〜6センチ)ほど上

◎親指を使って軽く押します。3秒押して・3秒離すを何度か繰り返していくと、むくみや冷え性、生理不順も徐々に解消されていきます。
※ツボがわかりにくい場合は、その周辺を押してみて刺激を感じる場所です。

水分バランスのツボ

足心(そくしん):腎臓の働きを良くして体内の水分バランスを整えるツボ
場所:足の裏のほぼ中心

◎左右の足心に行います。親指でゆっくりと強めに押します。

 

女性特有の悩みも軽減

季節を問わず生理痛に悩まされている方に試していただきたい足ツボマッサージ。あの不快感や痛みが少しでも楽になってくれたら、これほどうれしいことはないですよね!
【疲労回復 ゾーン・ツボ】と【むくみ解消のツボ】とあわせて行います。

生理痛に効くツボ
女性特有の悩みも軽減

中封(ちゅうほう):生理痛、リウマチ痛、関節痛、腰痛
場所:内側のくるぶし骨が一番出っ張っている部分から前側に2センチほどのところ

◎足首を掴むようにして親指で気持ちが良いと感じる程度の強さで押しながら揉みます。

 

ダイエットにも良いツボ

年末に向けて飲み会や食事会が続いたり、仕事や日々の家事のストレスでつい食べ過ぎてしまうという方も多いのでは?食欲を抑えたりストレスを解消できるツボ押しで、ベストコンディションのキープにも気をつけましょう。
【疲労回復に効くツボ】とあわせて行います。

ストレス解消のゾーン
ダイエットにも良いツボ

脳下垂体(のうかすいたい):ストレスを解消して食べ過ぎ予防
場所:足の親指の裏のちょうど真ん中あたり

◎親指裏の中央部分を指やツボ押し棒などで強く揉むように押します。

食欲を抑えるツボ

胃経(いけい):食欲の抑制(食前に行う場合) 消化促進(食後に行う場合)
場所:足の人差し指の外側部分

◎指先から指の股のほうに向かって揉みます。また、食欲を抑えたいときは、食前に行うようにしましょう。

 

足ツボマッサージで知っておきたいポイント

お風呂上がりなど、体が温まっていてリラックスしている時がオススメ

※食前など一部ではオススメのタイミングが違う事もあります、確認しながら行ってください。

水分補給も充分に

体の老廃物がスムーズに排出されるよう、水分の補給も忘れずに。

ツボ押しの仕方

親指で押し・揉み、押す・離すなど緩急で行う方法があります。また、ツボ押し棒などを使っても良いでしょう。

揉みすぎに注意

ツボ押しは足全体でも15分から20分程度が目安です。また、体調の変化(痛すぎる・気持ち悪くなるなど)を感じた場合は無理せずに止めましょう。

ツボ押しをしてはいけない場合

妊娠中や、発熱などの体調不良時、また怪我がある時はしない方が良い場合が多いので控えるようにしましょう。不慣れな動きや運動不足による痛みや、骨の異常による痛みにもツボ刺激の効果は望めません。自己判断でのツボ押しは、かえって病院での必要な治療を遅らせてしまう原因にもなりうるので注意が必要です。該当する場合や気になるときは医師などに相談してみましょう。

※症状が重い場合や行ってみて改善されない場合、気になる場合は自己判断せず、医師などに相談しましょう。

関連記事
 
 
健康美人 バックナンバーへ
 

バックナンバー