手応え想像以上!洗い分け洗顔 〜正しい洗顔〜【ココミル】

無料・サンプル・プレゼントの美容と健康の情報サイト〜ココミル

文字サイズ
知っていますか?正しい洗顔
肌荒れやニキビなど肌のコンディションには「洗顔」が大きく係わっています。毎日の洗顔方法が肌に負担をかけているとしたら・・・。そのようなことにならないためにも自分の肌状態に合った洗顔を見直してみましょう。
 

あなたの洗顔習慣は大丈夫?

ダメージを与える毎日の習慣

以下の項目が一つでも当てはまる人は、洗顔が肌のコンディションを落としている可能性も。無意識の行動や習慣がトラブルを招いているかもしれません。

 
洗顔をバスタイムにしている人は要注意!
洗顔をバスタイムにしている人は要注意!

入浴やシャワー時に洗顔するとき、すすぎの温度を変えていますか?体や洗髪と同じ温度では高すぎて、肌の乾燥の原因になっているかもしれません。

Point.すすぎの温度は体温よりも低いぬるま湯
(32〜34℃)

泡立て不十分な洗顔

泡立てることによって洗顔料の濃度が薄まるのと同時に、泡がクッションになり手と肌の摩擦を防いでくれます。泡立て不足は肌に負担がかかり様々なトラブルの原因になりかねません。

Point.洗顔は手や指ではなく泡の弾力で洗う。

Uゾーンから洗っている

Uゾーン(頬や口、目元)のように乾燥した部分から洗顔料で洗い始めると、必要な潤いまで取り去ってしまいより乾燥を悪化させる原因に。このUゾーンに大人ニキビができる人は洗い過ぎも原因の1つかもしれません。

Point.皮脂分泌の多いTゾーン(額や小鼻)から洗い始め、頬や口、目元の乾燥しやすい部分は最後に洗うことで皮脂バランスを整える洗顔ができます。

 

洗い分け洗顔

同じ肌質の人はいない

元々の肌質や年齢、生活環境を考えると同じ肌コンディションの人はいないはずです。また、体調や季節によっても肌の状態は毎日同じではありません。乾燥や肌荒れ、ニキビやシワなどのトラブルを抱えているときは、洗顔料を使う回数を減らしたり、部分洗いに切り替えたり、ぬるま湯の温度を変えることをおすすめします。その日の肌状態を見極めて“こまめな洗い分け”を実践してみましょう。

 
ヨガエクササイズ
  • ヘアバンドやピンを使って髪の毛をまとめる
  • 耳、アゴ下まで洗えるように、首元を大きく開ける
  • 手をきれいに洗う
  • クレンジング剤でメイクや汚れを馴染ませ、水で濡らしたコットンでやさしく拭き取る

※ウォータープルーフタイプのマスカラやファンデーションなどは、専用のリムーバーなどを使い、丁寧に落としましょう。

 
クレンジングと洗顔料の役割をおさらい

クレンジング・・・皮脂やファンデーションなどの油性の汚れを落とす。

洗顔料・・・埃や汗などの水性の汚れを落とす。クレンジングと洗顔料を組み合わせた洗顔方法をダブル洗顔と呼びます。

 
基本の洗顔(普通、オイリー、混合肌の人に)

洗顔前の準備を済ませます。

ぬるま湯32〜34℃で顔を濡らします
洗顔料をしっかり泡立てて弾力のある泡を作ります

ホイップクリームのような泡を両手にこんもり作りましょう。泡立てネットを利用すると便利です。

皮脂分泌の多いTゾーンから

額や小鼻を泡の弾力でやさしく洗います。指や手のひらが直接肌に触れないように泡を転がしましょう

皮脂線の少ないUゾーンへ

頬やアゴをStep3同様に洗います。時間をかけずにさっと泡を転がします

デリケートな目、口元に

そっと泡を乗せてstep4と同じく短時間で洗います

ぬるま湯ですすぎをしっかり

こすらず、手のひらを顔につけやさしく押し洗います。生え際、耳周りまでしっかりすすぎましょう。

清潔なタオルで拭きます。

こすらず、タオルでやさしく押さえるように水滴を拭き取りましょう。

 
基本洗顔のポイント

肌コンディションの良いときは基本の洗顔を続けていても大丈夫ですが、肌が乾燥してきたと感じたら泡洗顔を控えてみたり、すすぎの温度を下げてみたりしながら、こまめな洗い分けを取り入れてみましょう。

 
乾燥肌の人は

基本の洗顔を踏まえつつ、毎日の肌状態で洗顔の方法を変えてみましょう。
洗顔料の使用を夜だけにする、または1日置きにするなど肌の乾燥をよく見極めながら調節をしてください。
また、すすぎの温度を32℃よりも低く設定することや水に変えることで潤いを守る洗顔を取り入れてみるのも乾燥防止には効果的です。

 

洗い方と意識で表情が変わる

洗うときも流すときも下から上へ、中心から外へ、まるく手で包み込むようにやさしく20回ほど洗います。そしてとても大切なのが洗っているときのイメージと表情。自分の手のひらがやさしく顔に触れるたびに「すごく気持ちいい」「キレイになっている」と思いながらリラックスした表情を意識してください。ポイントは口元と頬を心地よく緊張させること。洗い終わった自分の表情をご覧ください。顔全体が引き締まり、肌も表情もグンとランクアップしていますよ。

 
関連記事
 
得するビューティー 一覧へ
 

バックナンバー