目指せ!エイジレス【ココミル】

無料・サンプル・プレゼントの美容と健康の情報サイト〜ココミル

文字サイズ
目指せ!エイジレス 美容と健康に良い“酵素”をもっと取り入れよう
知っているようで知らない酵素。体にいいらしいけど、でも酵素って何を食べたらいいの?酵素ダイエットって聞くけど、どんな関係があるのでしょうか?実は、生命維持のカギとも言える存在なのです。酵素について正しく知って、エイジレスな若さを手に入れましょう!
 

酵素がないと生きられない!その役割とは?

酵素がないと生きられない!その役割とは?

私たち人間の体内は約60兆個もの細胞からできており、日々新陳代謝を繰り返しています。その体内活動の中で酵素は、食物を摂取した際の消化から吸収・輸送・代謝・排泄に至るまでのあらゆる過程に関与しており栄養素をエネルギーに変える働きをしています。

工場に例えるならば、たんぱく質などの栄養素は「原材料」や「道具」で、酵素は「作業員」にあたります。工場に作業員がいなければ原材料や道具があっても何も作ることができないのと同様に、いくら栄養素をたくさん摂取しても酵素が無ければエネルギーに変えることはできません。酵素は私たち人間が生命活動を営んでいく上で最も重要な作業を担っている、といっても過言ではないのです。

体の機能がきちんと働かなければ、代謝が低下したり、免疫力が落ちたり太りやすくなるなど体に良くない影響も考えられます。

元気で若々しくいるためにも酵素を上手に取り入れたいですね。

 

何を食べたら酵素を取り入れられる?

消化酵素と代謝酵素、どちらが少なくても体内のバランスは崩れてしまいます。だからこそ、食物から酵素を上手に取り入れることがとても大切になります。酵素はさまざまな食材に含まれていますが、加熱により破壊される性質を持っています。つまり、酵素をたっぷりと含む食材とは“新鮮な生の食材”ということになります。

酵素が多い食材
  • 果物:パパイヤ、パイナップル、イチゴ、キウイ など
  • 生野菜:きゅうり、かぶ、人参、やまいも など

※この他、生魚や生肉、発酵食品

日常の中で手軽に酵素を取り入れる方法
  • くだものや野菜生ジュースを加える
  • フルーツサラダとして食べる
  • 生野菜や海藻のサラダを加える
  • 大根おろしやもみじおろしなどをトッピングしてみる
  • おなじパン食なら、生野菜やフルーツが入ったサンドイッチを選ぶ
  • お刺身など生で食べられるものを選ぶ
  • 発酵食品を取り入れる
 

実は酵素の宝庫!発酵食品

発酵食品とは、酵母や乳酸菌などの微生物の働きで原料が元々もっている成分を分解・合成し、新たな食品を作成したものを指します。納豆や味噌、漬物、キムチ、ヨーグルトにチーズなどの発酵食品には、微生物由来の食物酵素が多く含まれており、さらには酵素の活性化を補強する作用があります。

発酵食品のメリット
  • 微生物の発酵でうまみ成分も多く食べやすい
  • 発酵することで栄養成分が増える
  • 腸内環境を整える
  • 消化が良い
  • 日持ちが良く、食事に加えやすい
 

酵素摂取のベストタイミングは?

酵素はいつ摂取するのが効果的なのでしょう?それは、食事の最初です。
例えば、和食を食べる際にまずお味噌汁を飲む方がいいです。発酵食品である味噌を使ったお味噌汁を最初に飲むことで、後から食べる食物の消化を促進します。

また洋食の場合、イタリアンやフレンチのコース料理ではほとんどの場合最初に生野菜を使ったサラダや前菜が出てきます。生野菜にも酵素が豊富に含まれているため、お味噌汁を最初に飲むメリットと同様、酵素が次に胃に入ってくる食物の消化を助けてくれるのです。

コラム 〜ダイエットと酵素〜

代謝酵素の不足は新陳代謝の低下にも繋がるとお話しましたが、実は体温が下がると体内酵素の働きが下がるという説があります。東洋医学では「冷えは万病のもと」という考え方がありますが、それは代謝酵素の働きが鈍くなることも一因にあります。

代謝酵素が活性化するのは約36°〜38°と言われています。理想的な平均体温36.5°〜37°では代謝酵素が働きやすいようです。ポカポカと自分で熱をつくれる身体こそが、体内酵素のパワーアップに繋がり、さらには代謝アップにも繋がります。

関連記事
 
あんな事こんな事 一覧へ
 

バックナンバー