健康・美容・美肌情報やサンプルをプレゼント中〜 ココミル

無料・サンプル・プレゼントの美容と健康の情報サイト〜ココミル

文字サイズ
検証!!油断は禁物!!目のたるみから顔のシワ・たるみが起こる?!

検証!!油断は禁物!!目のたるみから顔のシワ・たるみが起こる?!

女性の多くが気にしているシワ・たるみの部分は「ほうれい線が気になる」が多く、47.22%を占めています。続いて「ほほ・口元のたるみが気になる」が43.20%と2番目に多く、回答者の女性全員の中では気になる部分は、ほうれい線やほほ・口元に集中していることがわかります。
 

顔でシワ・たるみが気になっている部分は何処ですか?(複数回答)

気になる部分 割合
額のシワが気になる
29.21%
目じりのシワが気になる
36.39%
目の下のシワが気になる
29.89%
目の下のたるみが気になる
28.31%
ほほ・口元のたるみが気になる
43.20%
ほうれい線が気になる
47.22%
1〜6以外の場所
5.95%
気になるところはない
13.41%

(有効回答数 女性 4303)

  1位   2位

では年代別でみてみましょう。

「10代⇒20代での気になる人の差は約44%」、「20代⇒30代での気になる人の差は約18%」、「30代⇒40代での気になる人の差は約4%」と年齢が高くなるにつれて変化の山は緩やかです。
20代・30代のお肌のお手入れや日常生活が後に大きく関わってきているようです。20代から30代の美容的時間の過ごし方を考えてみましょう。
また、40代以降の方も今からのお手入れでできるだけ健康で若い肌を取り戻すようにして、10年後もキレイを目指しましょう。

 
  シワ・たるみが気になる人   シワ・たるみが気にならない人
年代別グラフ
 

それでは顔全体のシワとして考えてみましょう。

「シワ・たるみが気になる人」の方が、体調不良やまぶたの浮腫み・目の疲労感などが「シワ・たるみが気にならない人」に比べて強く感じていることがわかります。
以下は女性の回答からデータを出しました。

総有効回答数 4303 シワ・たるみが
気になる人
シワ・たるみが
気にならない人
どちらかというと良く笑う
77.24% 74.38%
まぶたが重く感じる事がよくある
24.72% 14.95%
若いとき(昔)よりまぶたが垂れてきた
57.46% 16.73%
まぶたがよく浮腫む
17.18% 8.01%
目やまぶたに疲労をよく感じる
43.77% 29.36%
目の下にクマがよく出来る
37.49% 28.83%
月に1回以上貧血が起こる
31.45% 25.09%
どちらかというと冷え症
74.50% 69.75%
肩こり・背中のこりがよくある
61.81% 51.78%
疲れやすいと感じる事が多い
51.50% 41.81%
よく眠れている
37.09% 45.20%
精神状態は良い
22.14% 27.94%
涙もろい
77.67% 70.82%
  (有効回答数3726) (有効回答数562)
  40%程度の差があるもの   10%程度の差があるもの   5%程度の差があるもの
 

実は、目(まぶた)のたるみが顔のシワ・たるみに繋がるという話があります。
眼瞼下垂症(がんけんかすいしょう)というのをご存知でしょうか?

眼瞼下垂症(がんけんかすいしょう)とは

眼瞼下垂症(がんけんかすいしょう)とは、まぶたのたるみの病気です。まぶたが重く開けにくい状態になったり、いつも眠そうな表情に見えてしまったりします。
また、まぶたの筋肉(眼瞼挙筋・ミュラー筋)が上手に役割を果たせないことから、関連している筋肉に負担がかかり、目の疲れ・頭痛・肩こり・不眠などの体調不良がおこります。

※眼瞼下垂症(がんけんかすいしょう)には、先天性のものと加齢などからくる後天性のものがあります。また、まぶたの筋肉は、眼瞼挙筋とこれに付随するミュラー筋と呼ばれる小さな筋肉があります。眼瞼挙筋の補助的役割をして目の開閉に関わる筋肉がミュラー筋です。

※眼瞼下垂症(がんけんかすいしょう)は形成外科または一部の眼科で受診できます。ご心配の方は医療機関でご相談ください。

 

眼瞼下垂症予備軍と思われる人の潜在数は多いようです。もしかしたら、上記のような不調が複数あるのは予備軍になっているからかもしれません。
一度衰えるとまぶたの筋肉の「ミューラー筋」は自力回復はできないと言われています。「ミューラー筋」の衰えを予防して健康美人になりましょう。

「ミューラー筋」を衰えさせる原因
  • 目を擦る行為
  • 夜更かしをする
  • 涙もろい
  • 花粉症
  • 化粧
 
現在言われている予防方法
  • 目を擦らない
  • 眉を動かす癖をやめる
  • 目を休ませる
  • 上目遣いにならないようにする
  • 以上の事などが言われています。
ライン

今回のアンケートの結果の中には、病気を予防しながら、シワ・たるみを美容的にも予防するヒントがありそうです。男女全体で病気の点からみてみましょう。
眼瞼下垂症経験者とシワ・たるみが気になる人には「まぶたが重く感じる事がよくある」「若いとき(昔)よりまぶたが垂れてきた」など複数で割合が高いという共通点がみられます。そこにヒントがありそうです。
以下は男女の回答からデータを出しました。

男女 眼瞼下垂症経験者
(130人)
眼瞼下垂症未経験
(5824人)
シワ・たるみが気になる部分1番は
目じりのシワが気になる
42.31%
ほうれい線が気になる
37.11%
目じりのシワはどのタイプが多い
「ちりめんジワ」タイプ
40.77%
目じりにシワはない
44.66%
まぶたが重く感じる事がよくある
53.08% 20.49%
若いとき(昔)よりまぶたが垂れてきた
77.69% 49.29%
まぶたがよく浮腫む
46.92% 13.34%
目やまぶたによく疲労を感じる
55.38% 38.31%
目の奥によく痛みを感じる
43.85% 15.95%
まぶたをよくこする
43.08% 24.87%
目の下によくクマは出来る
46.15% 30.26%
貧血の症状を月に3回以上ある
23.08% 7.99%
冷え症・冷え症かもしれない
60.64% 60.60%
頭痛がよくある
34.62% 20.80%
めまいがよくある
26.15% 11.03%
疲れやすいと感じる事が多い
51.54% 46.26%
目に症状が出る花粉症
29.23% 9.72%
コンタクトを使用している・していた
58.46% 48.36%
  約25%以上の差がある   約15%以上の差がある   約10%以上の差がある

アンケート結果からヒントを考察してみましょう。

まぶたが重く感じる事がよくある、目やまぶたに疲労をよく感じる
下矢印
目にかかる負担や疲労の積み重ねを解消する
下矢印
疲れ目を長引かせないように注意をする
 

「眼瞼下垂症(がんけんかすいしょう)」未経験者で目の疲れや痛みなど感じていない人の疲れ目対策をみてみましょう。

  • 目薬をさす
  • 目を冷やす・温める
  • コンタクト・めがねを付けている時間を短くし、しっかりと休息をとる
  • 健康食品・ブルーベリー・ヨーグルトなどを食べている
  • 遠方を見る
  • 何もしないが意外にも多い
  • 目をいたわって、潤いや血行をよくする方法などをとっているようです。
まぶたがよく浮腫む、目の下にクマがよく出来る
下矢印
血行の改善
下矢印

お勧めはリンパマッサージですが、目の周りはあまりやり過ぎないほうがいいようです。首や肩・背中をほぐして全体の血行がよくなれば、目も血行がよくなります。手軽に出来るホットタオルパックなど上手に活用してみましょう。

ライン

それでは、年齢が高くなるほど発症率が上がると思われる眼瞼下垂症ですが、実際はどうでしょうか?
発症率をみて見ると、ココミル会員さんの中では20代も意外と発症していることがわかりました。
また、20代を除くと50代まではそれほど大きな差がないようです。70代では他と比較しても発症率は一番高いという結果でした。

発症率を男女で比べてみると、僅かですが、男性の方が発症率が高くなりました。女性の方が眼瞼下垂症になりやすいといわれています。その理由は、化粧をすることでまぶたを擦ることが男性よりも多くなるためと言われていますが、今回は違うようです。

眼瞼下垂症の発症率の男女比

眼瞼下垂症の発症率の男女比

眼瞼下垂症経験者と未経験者の年代別発症比率

年代 人数 発症人数 発症率
10代
140 3 2.14%
20代
1129 34 3.01%
30代
1990 39 1.95%
40代
1675 28 1.67%
50代
763 16 2.00%
60代
207 7 3.38%
70代
46 3 6.52%

10代〜70代の有効回答者数5950人

ライン
笑いジワは本当に良く笑う方ができるの?!

細かく浅いシワが沢山ある「ちりめんジワ」タイプと、深めのシワが数個ある「笑いジワ」タイプで比べてみましょう。
5%以上の差があった点は下記の2点です。ちりめんジワの人の方が目の下にシワができやすい傾向がみられます。

目じりのシワのタイプ別比較

  「ちりめんジワ」のタイプシワ 「笑いジワ」タイプ
目の下のシワが気になる
45.52% 37.69%
良く笑う
77.05% 85.83%
 
目のクマが良く出来る人は貧血を起こしやすい?!

アンケートの結果では、目の下にクマが良くできる人の方が貧血を起こしやすい割合が高いことがわかりました。栄養のバランスを摂ると同時に体全体の血行改善も考えてみましょう。

貧血の頻度の比較

女性 目のクマがよく出来る人
(1800人)
目のクマが出来たことがない人
(665人)
月に3回以上
14.08% 8.27%
月に2回くらい
8.64% 4.21%
月に1回くらい
15.29% 9.32%
2ヶ月に1回くらい
4.54% 3.16%
1年で1回〜5回くらい
24.95% 24.41%
なったことがない・殆どない
32.50% 49.62%
その他のアンケート結果について

今回は、「睡眠時間・睡眠に入る時間」「近視・遠視」について設問がありましたが、あまり大きな差はありませんでした。

 
 
 

バックナンバー