健康・美容・美肌情報やサンプルをプレゼント中〜 ココミル

無料・サンプル・プレゼントの美容と健康の情報サイト〜ココミル

文字サイズ
食事と健康についての検証

食事と健康についての検証

今、食の安全性が危ぶまれていますね。医食同源というように、昔から食事と健康には密接な関係があると言われています。
しかし、わかっていてもなかなか忙しい生活の中だと、あまり気をかけていられないという方も多いのではないのでしょうか?そもそも、どこまで食事は健康に影響するのでしょうか?
今回は食事と健康の関係について徹底的に検証しました。
男性1586名、女性5628名、計7214名に行った「食事と健康に関するアンケート」の結果をまとめたものです。
 

家族の人数と食事の関係

自分を含めた家族の人数別に、直近1カ月の【ハンバーガーなどのファストフード】、【ファミリーレストラン】、【ファストフード、ファミリーレストランを除く外食】、【コンビニ弁当・スーパーの総菜など】、【インスタント麺やカップ麺など】、【加工品(ハム、ソーセージ、缶詰など)・レトルト食品】、【冷凍食品(1品から)】、【スナック菓子】のそれぞれで利用が週1回以上と回答した人の割合ををまとめました。

  全体
(7214名)
1人
(1216名)
2人
(1756名)
3人
(1656名)
4人
(1684名)
5人以上
(902名)
ファストフード
16.6% 21.8% 15.3% 17.1% 15.3% 14.0%
ファミリーレストラン
9.0% 11.3% 9.0% 8.4% 8.6% 7.5%
その他の外食
27.8% 43.0% 30.4% 24.6% 21.9% 19.6%
コンビニ弁当・スーパーの総菜
35.8% 54.4% 36.0% 31.8% 30.6% 26.9%
インスタント麺やカップ麺など
29.6% 35.9% 28.8% 27.4% 28.3% 29.3%
加工品・レトルト食品
56.9% 47.5% 51.5% 59.5% 63.2% 63.2%
冷凍食品
46.8% 38.2% 41.4% 46.4% 54.0% 56.0%
スナック菓子
62.0% 56.7% 58.7% 60.4% 67.6% 68.4%
  1位

案の定、一人暮らしの人が最も外食やコンビニ弁当、インスタント食品を利用しやすい傾向であることが、明らかとなりました。
また、逆に家族の人数が増えるほど、加工品や冷凍食品を利用する傾向が強くなることがわかりました。
やはり、家族の人数が増えると、安く、簡単に済ませたくなるものなのでしょうか。

ライン

外食などの利用と健康との関係は??

食事は健康に関係しているのでしょうか。直近1カ月の健康状態についてのアンケートで、良い状態ではない回答を選んだ人数の割合を出しました。
総有効回答全体と直近1カ月の【ハンバーガーなどのファストフード】、【ファミリーレストラン】、【ファストフード、ファミリーレストランを除く外食】、【コンビニ弁当・スーパーの総菜など】、【インスタント麺やカップ麺など】、【加工品(ハム、ソーセージ、缶詰など)・レトルト食品】、【冷凍食品(1品から)】、【スナック菓子】のそれぞれで利用が週1回以上と回答した人との平均とを比べてみました。

 
※下記の項目をご確認ください。
  • 全体
  • ファストフード
  • ファミリーレストラン
  • その他の外食
  • コンビニ弁当・スーパーの総菜
 
  • インスタント麺やカップ麺など
  • 加工品・レトルト食品
  • 冷凍食品
  • スナック菓子

直近1ヶ月のお肌の状態はどうですか?

 
A
B
C
D
E
F
G
H
I
人数(人)
7214 1201 646 2009 2580 2137 4102 3375 4475
肌荒れしている
22.6% 25.6% 22.8% 23.6% 25.8% 25.1% 23.2% 23.0% 24.6%
  全体と5%差以上   全体と3%差以上

「あまり大きな差ではないようです。

 

直近1ヶ月の排便状況はどうですか?

 
A
B
C
D
E
F
G
H
I
便秘・
便秘気味である
35.0% 36.7% 35.8% 34.9% 36.1% 32.7% 34.4% 34.5% 36.5%
下痢・
下痢気味である
6.3% 9.4% 10.5% 8.7% 8.6% 9.9% 6.6% 6.8% 6.2%
下痢と便秘を
繰り返している
5.8% 6.7% 7.0% 6.9% 7.0% 6.3% 6.0% 6.3% 6.0%
  全体と5%差以上   全体と3%差以上

「あまり大きな差ではないようです。

 

直近1ヶ月の精神状態はどうですか?

 
A
B
C
D
E
F
G
H
I
落ち込みがちである
29.0% 35.3% 36.1% 30.6% 32.8% 34.0% 29.8% 29.7% 30.1%
ハイテンションに
なりがちである
1.2% 1.7% 2.2% 1.3% 1.4% 1.2% 1.2% 1.1% 1.2%
喜怒哀楽が激しく
情緒不安定気味で
ある
15.1% 17.8% 15.3% 15.3% 16.0% 15.4% 15.7% 16.7% 16.1%
  全体と5%差以上   全体と3%差以上

ファストフードやファミリーレストラン、インスタント食品を週1回以上利用している人は「落ち込みがちである」傾向が多いようです。

 
※下記の項目をご確認ください。
  • 全体
  • ファストフード
  • ファミリーレストラン
  • その他の外食
  • コンビニ弁当・スーパーの総菜
 
  • インスタント麺やカップ麺など
  • 加工品・レトルト食品
  • 冷凍食品
  • スナック菓子

直近1ヶ月の疲れやすさはどうですか?

 
A
B
C
D
E
F
G
H
I
疲れやすい
58.4% 66.3% 66.1% 61.0% 63.2% 63.5% 60.5% 61.2% 61.4%
  全体と5%差以上   全体と3%差以上

ファストフードやファミリーレストラン、インスタント食品を週1回以上利用している人は、疲れやすい傾向があるようです。ファストフードやファミリーレストラン、インスタント食品を食べているから疲れやすいのか、疲れているから食事が手軽になるのか、さてどちらなんでしょう。

 

直近1ヶ月の髪の毛の調子はどうですか?

 
A
B
C
D
E
F
G
H
I
ダメージが大きく
コシやツヤがない
29.9% 33.1% 32.4% 30.3% 31.9% 31.7% 32.2% 33.1% 32.9%
  全体と5%差以上   全体と3%差以上

あまり大きな差ではないようです。

 

直近1ヶ月で風邪などで体調を崩したことはありますか?

 
A
B
C
D
E
F
G
H
I
ある
36.5% 43.2% 39.5% 39.0% 40.1% 38.9% 37.7% 38.6% 38.1%
  全体と5%差以上   全体と3%差以上

ファストフードを週1回以上食べている人は、風邪などで体調を崩した割合が高いようです。

 
※下記の項目をご確認ください。
  • 全体
  • ファストフード
  • ファミリーレストラン
  • その他の外食
  • コンビニ弁当・スーパーの総菜
 
  • インスタント麺やカップ麺など
  • 加工品・レトルト食品
  • 冷凍食品
  • スナック菓子

直近1ヶ月で片(偏)頭痛などの症状はありますか?

 
A
B
C
D
E
F
G
H
I
ある
41.6% 46.6% 40.9% 41.6% 44.7% 42.3% 43.1% 43.8% 43.9%
  全体と5%差以上   全体と3%差以上

ハンバーガーなどのファストフードを週1回以上利用している人は、片頭痛などの症状を感じてる割合が高いという結果が出ました。

 

直近1ヶ月、むくみなどはありますか?

 
A
B
C
D
E
F
G
H
I
むくみやすい
34.4% 40.8% 40.6% 40.0% 39.6% 34.6% 35.1% 35.3% 37.1%
  全体と5%差以上   全体と3%差以上

ファストフードなどの外食を週1回以上する人は、むくみやすいという結果が出ました。

 

直近1カ月でアレルギー(アトピー・花粉症など)の症状はありますか?

 
A
B
C
D
E
F
G
H
I
ある
23.8% 25.3% 25.5% 25.6% 24.4% 24.2% 25.2% 25.1% 24.7%
  全体と5%差以上   全体と3%差以上

あまり大きな差ではありませんでした。

 
※下記の項目をご確認ください。
  • 全体
  • ファストフード
  • ファミリーレストラン
  • その他の外食
  • コンビニ弁当・スーパーの総菜
 
  • インスタント麺やカップ麺など
  • 加工品・レトルト食品
  • 冷凍食品
  • スナック菓子

血圧の状態はどうですか?

 
A
B
C
D
E
F
G
H
I
血圧が高い
8.0% 9.3% 9.8% 8.7% 8.5% 10.2% 8.6% 9.0% 7.4%
血圧が低い
25.7% 29.1% 30.5% 29.3% 25.3% 22.9% 25.5% 24.8% 26.4%
  全体と5%差以上   全体と3%差以上

インスタント食品を週1回以上利用している人に血圧が高い傾向があるようです。
インスタント食品の塩分が原因の一つに考えられますが、意外なことに塩分が多いと考えられるスナック菓子を週1回以上利用している人は、血圧高めの人の割合が少なかったのです。
要因の一つとして、高血圧などはサイレント・キラーと呼ばれ症状が特にないため、血圧測定の機会がなく、気付かずにいる人も多いのではないでしょうか。

 

血糖値は状態はどうですか?

 
A
B
C
D
E
F
G
H
I
血糖値が高い
5.1% 6.3% 8.5% 5.8% 5.5% 5.9% 5.1% 5.5% 4.9%
血糖値が低い
3.5% 6.6% 7.4% 4.6% 4.8% 4.1% 3.2% 3.5% 3.6%
  全体と5%差以上   全体と3%差以上

ファミリーレストランで週1回以上食事している人は、血圧、血糖値の状態が正常値外と回答した割合が高い結果が出ました。

 
全体的にファストフード、ファミリーレストラン、その他の外食、コンビニ弁当・スーパーの総菜、インスタント食品、加工品(ハム、ソーセージ、缶詰など)・レトルト食品、冷凍食品、スナック菓子を週1回以上食べているという人は、全体の平均よりも健康・精神状態などがあまり良くないという傾向があるようです。
ライン

外食などの利用と健康との関係は??

「以下の中で食事について気にしていることはありますか?(複数回答)」の質問に対して【安心、信頼できる店等でしか、食品の購入・食事はしない】24.9%、【原材料名は必ずチェックし、添加物などを気にしている】31.0%、【カロリーや成分をチェックし、栄養バランスを考えている】36.4%、【外食する際は、サラダをプラスするなどしている】32.6%、【産地や原産国などを気にしている】58.1%、【その他】3.8%、【この中で気にしていることは特にない】13.5%の結果が出ました。
外食の際、栄養が偏らないようにサラダをプラスなんて話はよく聞きますが、健康面では効果的なんでしょうか。
今回は週に1回以上外食(ファストフード、ファミリーレストランを除く)を利用する人の中で、サラダをプラスすることを心掛けている人、心掛けていない人で分けて健康状態などを比べてみました。

 
※下記の項目をご確認ください。
  • 肌荒れしている
  • 便秘・便秘気味である
  • 下痢・下痢気味である
  • 下痢と便秘を繰り返している
  • 落ち込みがちである
  • ハイテンションになりがちである
  • 喜怒哀楽が激しく情緒不安定気味である
  • 疲れやすい
  • 髪の毛のダメージが大きくコシやツヤがない
 
  • 風邪などで体調を崩したことがある
  • 片(偏)頭痛などの症状がある
  • むくみやすい
  • アレルギー(アトピー・花粉症など)の症状がある
  • 血圧が高い
  • 血圧が低い
  • 血糖値が高い
  • 血糖値が低い
外食などの利用と健康との関係は??
 

「便秘・便秘気味である」、「むくみやすい」、「血圧が低い」などと答える割合はサラダをプラスすることを心掛けていない人の方が、やはり多い傾向があるようです。特に「むくみやすい」と答える人の割合は、サラダをプラスすることを心掛けていない人の方が10%以上多い割合となりました。野菜のミネラルやビタミンが血圧調整に必要だからでしょうか。
とはいえ、サラダをプラスすることを心掛けている人も、特に心掛けていない人も「肌荒れしている」などでは大きな差はありませんでした。サラダをプラスすることを心掛けている人の健康・精神状態は、予想していたほどではなかったかもしれませんが、便秘やむくみにはサラダをプラスすることは効果はあるかもしれません。

ライン

食事に気を使う人は健康??

食事に気を使っている人は健康なのでしょうか?
「食事について気にしていることはありますか」の質問に対して「安心、信頼できる店等でしか、食品の購入・食事はしない」の項目と「(この中)で気にしていることは特にない」の項目を選んだ人それぞれで健康状態などを比べてみました。

 
※下記の項目をご確認ください。
  • 肌荒れしている
  • 便秘・便秘気味である
  • 下痢・下痢気味である
  • 下痢と便秘を繰り返している
  • 落ち込みがちである
  • ハイテンションになりがちである
  • 喜怒哀楽が激しく情緒不安定気味である
  • 疲れやすい
  • 髪の毛のダメージが大きくコシやツヤがない
 
  • 風邪などで体調を崩したことがある
  • 片(偏)頭痛などの症状がある
  • むくみやすい
  • アレルギー(アトピー・花粉症など)の症状がある
  • 血圧が高い
  • 血圧が低い
  • 血糖値が高い
  • 血糖値が低い
食事に気を使う人は健康??
 

「安心、信頼できる店等でしか、食品の購入・食事はしない」を選んだ人たちの方が、「(この中)で気にしていることは特にない」を選んだ人たちよりも、「むくみやすい」、「アレルギー(アトピー・花粉症など)の症状がある」、「血圧が低い」と答える人の割合が5%以上高い結果となりました。「安心、信頼できる店等でしか、食品の購入・食事はしない」と回答している人の方が、「(この中)で気にしていることは特にない」と回答している人よりも良い結果のものもありましたが、それほど大きな差ではありませんでした。
なお、アレルギーのある方は、意識的に「食の安全」を考えるとして、「食の安全」を意識している方は、「むくみやすい」、「血圧が低い」という傾向があるようです。大きな差ではありませんが、少し意外な傾向といえるかもしれません。

ライン

健康は家庭から?気をつけたい食生活

総有効回答全体と直近1カ月の【ハンバーガーなどのファストフード】、【ファミリーレストラン】、【ファストフード、ファミリーレストランを除く外食】、【コンビニ弁当・スーパーの総菜など】、【インスタント麺やカップ麺など】、【加工品(ハム、ソーセージ、缶詰など)・レトルト食品】、【冷凍食品(1品から)】、【スナック菓子】の全ての利用がそれぞれ月1回以下の人で健康状態などを比べてみました。

 
※下記の項目をご確認ください。
  • 肌荒れしている
  • 便秘・便秘気味である
  • 下痢・下痢気味である
  • 下痢と便秘を繰り返している
  • 落ち込みがちである
  • ハイテンションになりがちである
  • 喜怒哀楽が激しく情緒不安定気味である
  • 疲れやすい
  • 髪の毛のダメージが大きくコシやツヤがない
 
  • 風邪などで体調を崩したことがある
  • 片(偏)頭痛などの症状がある
  • むくみやすい
  • アレルギー(アトピー・花粉症など)の症状がある
  • 血圧が高い
  • 血圧が低い
  • 血糖値が高い
  • 血糖値が低い
食事に気を使う人は健康??
 

外食や加工食品の利用がそれぞれ週に1回以下の人は、「(精神状態は)ハイテンションになりがちである」、「血圧が低い」、「血糖値が低い」でわずかに全体より割合が多かったものの、ほとんどの項目で良い傾向がありました。
「肌荒れしている」、「(精神状態は)落ち込みがちである」、「髪の毛のダメージが大きくコシやツヤがない」など8項目では5%以上の差がつく結果となりました。

 
総論

今回のアンケートの結果は、原因がよくわからないものもいくつかありました。
家庭で調理するのではないため、多少なりとも私たち消費者との間に認識のギャップがあるのではないでしょうか。調理の裏側が見れないだけに、良いのか悪いのか判断をしづらい部分はありますが、医食同源と言うように健康にも関わってくるので、もっと食べることに関心をもってもいいのではないでしょうか。

 
 
 

バックナンバー