「健康への意識」と「健康への行動」を検証…健康に対して、行動はできているか?【ココミル】

無料・サンプル・プレゼントの美容と健康の情報サイト〜ココミル

文字サイズ
健康診断(人間ドック)についての意識を検証
「健康への意識」と、「健康への行動」について、調査、検証を実施してみたいと思います。
人は、誰でも、健康で長生きをしたいと考えているかと思います。しかし、健康である為には、運動をしたり、食事に気を使ったり、いろいろ制約があるのも事実です。この制約を乗り越え、実際に行動出来ているのは、どの程度あるのかを、アンケート調査を行い、検証したいと思います。

調査期間:平成24年3月1日〜平成24年4月30日/リリース日:平成24年5月17日

男性 女性 合計
1419 1119 2538
 
10代以下 20代 30代 40代 50代 60代 合計
回答数(人)
23 292 391 855 610 367 2538
 

今、あなたは、健康だとおもいますか。

非常に健康 普通に健康 健康というほどではない 健康だとは思わない
4.0% 59.5% 25.7% 10.8%
  比率の最も大きいもの
 

今、あなたは、健康でいられるように、意識していますか。

かなり意識している 意識はしている あまり意識していない ほとんど意識していない
13.1% 63.8% 20.4% 2.7%
  比率の最も大きいもの
 

健康でいられるように、どんなことを意識していますか。

※下記の項目をご確認ください。
  • 食事の量
  • 食事の順番
  • 食事の早さ
  • 食事のカロリー
  • 食事の品目
  • 間食の量
  • 間食のカロリー
 
  • 間食の品目
  • 運動の量
  • 運動の時間
  • 運動の日数
  • 休養(睡眠含む)の時間
  • 休養(睡眠含む)の日数
 
  • 休養(睡眠含む)の質
  • ストレスの受け止め方
  • ストレスの発散の方法
  • ストレス発散の回数
  • その他
  • 特にない
割合
48.7% 10.6% 12.2% 33.6% 36.7% 23.2% 13.6% 6.2% 36.8% 16.6%
割合
16.2% 48.7% 14.1% 18.7% 26.8% 34.4% 7.4% 3.4% 11.2%
  意識している方が30%以上のもの

食事の量や、休養などを、もっとも意識しているようです。次に、カロリーや品目、運動、ストレスなどを意識しているようです。

 

食事に関しては、どの程度意識していますか。

かなり意識している ある程度意識している ほとんど意識していない まったく意識していない
10.0% 68.2% 18.6% 3.2%
  比率の最も大きいもの

食事に関しては、「かなり意識している」「ある程度意識している」を合わせると、8割近く(10.0+68.2)いました。

 

あなたの理想の食事(健康への意識したもの)は、どのくらい行動できていますか。

(平均54.0点)

ほぼ100点 80点ぐらい 60点ぐらい 40点ぐらい 20点ぐらい 食事を意識していない
0.7% 20.4% 45.3% 20.4% 8.5% 4.7%
  比率の最も大きいもの
 

間食に関しては、どの程度意識していますか。

かなり意識している ある程度意識している ほとんど意識していない まったく意識していない
11.5% 56.2% 24.7% 7.5%
  比率の最も大きいもの
 

あなたの理想の間食(健康への意識をしたもの)は、どのくらい行動できていますか。

(平均53.1点)

ほぼ100点 80点ぐらい 60点ぐらい 40点ぐらい 20点ぐらい 間食を意識していない
2.1% 21.4% 39.4% 20.8% 9.8% 6.5%
  比率の最も大きいもの
 

運動に関しては、どの程度意識していますか。

かなり意識している ある程度意識している ほとんど意識していない まったく意識していない
11.9% 53.1% 25.0% 10.0%
  比率の最も大きいもの
 

あなたの理想の運動(健康への意識したもの)は、どのくらい行動できていますか。

(平均42.4点)

ほぼ100点 80点ぐらい 60点ぐらい 40点ぐらい 20点ぐらい 運動を意識していない
2.2% 15.6% 23.3% 22.4% 24.1% 12.4%
  比率の最も大きいもの
 

休養(睡眠含む)に関しては、どの程度意識していますか。

かなり意識している ある程度意識している ほとんど意識していない まったく意識していない
16.5% 63.6% 16.6% 3.3%
  比率の最も大きいもの
 

あなたの理想の休養(健康を意識したもの)は、どのくらいできていますか。

(平均58.2点)

ほぼ100点 80点ぐらい 60点ぐらい 40点ぐらい 20点ぐらい 休養を意識していない
4.4% 32.1% 31.6% 18.2% 9.5% 4.2%
  比率の最も大きいもの
 

ストレスに関しては、どの程度意識していますか。

かなり意識している ある程度意識している ほとんど意識していない まったく意識していない
17.8% 55.9% 21.6% 4.7%
  比率の最も大きいもの
 

あなたの理想のストレス対処法(健康を意識したもの)は、どのくらい行動できていますか。

(平均52.7点)

ほぼ100点 80点ぐらい 60点ぐらい 40点ぐらい 20点ぐらい ストレスを意識していない
3.0% 25.4% 31.0% 19.4% 15.2% 5.9%
  比率の最も大きいもの
 

健康に関する注意点全体で、総合的に何点ぐらいの行動をしていると思いますか。

(平均55.3点)

ほぼ100点 80点ぐらい 60点ぐらい 40点ぐらい 20点ぐらい 健康を意識していない
0.6% 19.3% 48.7% 21.4% 7.9% 2.2%
  比率の最も大きいもの
 
総論

「健康への意識」を調査したところ、食事の量(48.7%)、休養の時間(48.7%)、について、意識されている方が多くなりました。
逆に、健康への意識で低いものは、「間食関連(23.2%、13.6%、6.2%)」で、30%に達するものがありませんでした。
食事について、さらに調査してみると、食事の量が多いのは当然として、次に意識しているのが、食事の品目となりました。
食事のカロリーを意識している方が多いと思いましたが、品目が多いという結果でした。

「健康への行動」を調査したところ、理想の行動が出来ているのが、休養でした。(平均58.2点)
逆に、理想の行動が出来ていないのは、運動でした。(平均42.4点)

このアンケートの結果からみても、「運動への行動」がポイントと言えるかと思います。

 

今回のアンケートの結果を元に、さまざまな集計をしてみたいと思います。

男女別集計

今、あなたは、健康だとおもいますか。(男女別集計)

非常に健康 普通に健康 健康というほどではない 健康だとは思わない
全体 4.0% 59.5% 25.7% 10.8%
女性 2.7% 62.5% 24.2% 10.6%
男性 5.1% 57.2% 26.8% 10.9%
  全体と比較して大きい数値
 

あなたの理想の運動(健康への意識したもの)は、どのくらい行動できていますか。

かなり意識している 意識はしている あまり意識していない ほとんど意識していない
全体 13.1% 63.8% 20.4% 2.7%
女性 11.3% 66.8% 19.7% 2.3%
男性 14.5% 61.5% 21.0% 3.0%
  全体と比較して大きい数値

健康に関して、「かなり意識している」のは、男性が多い。しかし、ある程度「意識している」レベルでは、女性が多い、という結果になりました。

 

運動に関して、男女別集計

運動に関しては、どの程度意識していますか。

かなり意識している ある程度意識している ほとんど意識していない まったく意識していない
全体 11.9% 53.1% 25.0% 10.0%
女性 9.1% 50.1% 28.2% 12.5%
男性 14.2% 55.4% 22.4% 8.0%
  全体と比較して大きい数値
 

あなたの理想の運動(健康への意識したもの)は、どのくらい行動できていますか。

グラフ

(女性 平均38.9点/男性 平均45.1点)

ほぼ100点 80点ぐらい 60点ぐらい 40点ぐらい 20点ぐらい 食事を意識していない
全体 2.2% 15.6% 23.3% 22.4% 24.1% 12.4%
女性 1.9% 12.6% 19.9% 23.9% 27.4% 14.3%
男性 2.4% 17.9% 26.0% 21.3% 21.5% 10.9%
  全体と比較して大きい数値

健康への意識、健康への行動、どちらも、男性が意識をして行動をしているという結果になりました。逆に、女性は、意識も、行動も、あまりしていないという結果になりました。運動に関しては、男女差について、大きく違いがでました。

 

年齢別集計

健康でいられるように、どんなことを意識していますか。

※下記の項目をご確認ください。
  • 食事の量
  • 食事のカロリー
  • 食事の品目
  • 間食の量
  • 間食のカロリー
 
  • 運動の量
  • 運動の時間
  • 運動の日数
  • 休養(睡眠含む)の時間
 
  • 休養(睡眠含む)の質
  • ストレスの受け止め方
  • ストレスの発散の方法
  • 特にない
全体
48.7% 33.6% 36.7% 23.2% 13.6% 36.8% 16.6%
20代以下
41.6% 29.2% 32.1% 21.0% 11.7% 34.9% 15.9%
30代
41.4% 29.9% 29.9% 18.4% 12.0% 31.2% 14.3%
40代
45.5% 32.5% 32.5% 20.7% 12.4% 31.8% 12.3%
50代
53.1% 34.8% 43.0% 27.4% 15.2% 37.2% 17.9%
60代以上
62.7% 42.2% 47.4% 29.4% 16.9% 55.0% 27.5%
全体
16.2% 48.7% 18.7% 26.8% 34.4% 11.2%
20代以下
15.6% 46.3% 17.5% 25.7% 37.1% 13.0%
30代
13.8% 46.8% 20.5% 27.6% 32.7% 12.5%
40代
13.2% 48.1% 16.7% 27.0% 34.5% 13.6%
50代
18.4% 48.5% 20.3% 28.7% 34.8% 9.5%
60代以上
22.3% 54.8% 19.6% 22.9% 32.7% 5.4%
  全体と比較して最も大きい数値

食事の量、カロリー、品目、運動の量、休養、どれも、60代以上の方が、高い意識を持っていました。なお、ストレスに関しては、若い方が意識が高い結果となりました。

 

食事に関しては、どの程度意識していますか。

かなり意識している ある程度意識している ほとんど意識していない まったく意識していない
全体 10.0% 68.2% 18.6% 3.2%
20代
以下
7.9% 57.5% 27.9% 6.7%
30代 8.2% 67.5% 19.4% 4.9%
40代 7.7% 67.7% 20.9% 3.6%
50代 9.8% 73.1% 15.6% 1.5%
60代
以上
19.1% 71.1% 9.3% 0.5%
  全体と比較して大きい数値

60代以上の方は、食事にかなり意識されているようです。

 

間食に関しては、どの程度意識していますか。

かなり意識している ある程度意識している ほとんど意識していない まったく意識していない
全体 11.5% 56.2% 24.7% 7.5%
20代
以下
12.1% 47.0% 28.3% 12.7%
30代 9.0% 52.7% 26.9% 11.5%
40代 9.1% 55.2% 28.0% 7.7%
50代 12.0% 62.3% 21.8% 3.9%
60代
以上
18.8% 60.2% 16.6% 4.4%
  全体と比較して大きい数値

60代以上の方は、間食に関して、かなり意識されているようです。

 

運動に関しては、どの程度意識していますか。

かなり意識している ある程度意識している ほとんど意識していない まったく意識していない
全体 11.9% 53.1% 25.0% 10.0%
20代
以下
11.4% 47.3% 29.8% 11.4%
30代 10.2% 49.1% 28.9% 11.8%
40代 9.5% 49.9% 27.3% 13.3%
50代 13.1% 56.1% 23.6% 7.2%
60代
以上
18.0% 64.6% 13.6% 3.8%
  全体と比較して大きい数値

60代以上の方は、運動の意識が非常に高いようです。

 

休養(睡眠含む)に関しては、どの程度意識していますか。

かなり意識している ある程度意識している ほとんど意識していない まったく意識していない
全体 16.5% 63.6% 16.6% 3.3%
20代
以下
18.4% 57.1% 19.0% 5.4%
30代 18.7% 60.1% 16.4% 4.9%
40代 15.4% 62.2% 19.3% 3.0%
50代 12.8% 70.7% 14.3% 2.3%
60代
以上
21.3% 64.3% 12.3% 2.2%
  全体と比較して小さい数値

休養(睡眠含む)に関しては、50代の方は、お忙しいのでしょうか。意識が低めです。

 

ストレスに関しては、どの程度意識していますか。

グラフ
かなり意識している ある程度意識している ほとんど意識していない まったく意識していない
全体 17.8% 55.9% 21.6% 4.7%
20代
以下
21.0% 46.0% 24.8% 8.3%
30代 21.0% 55.2% 19.4% 4.3%
40代 18.1% 58.0% 19.5% 4.3%
50代 16.9% 58.9% 20.3% 3.9%
60代
以上
12.8% 55.0% 28.1% 4.1%
  全体と比較して大きい数値   全体と比較して小さい数値

ストレスに関しては、年齢が若いほど、意識をしているようです。

 
総論

年齢別の集計につきましては、予想通り、60代以上の方が、意識が高いということになりました。
ただし、ストレスに関してのみ、20、30代の方が、意識が高いという結果がでました。

 
 
 

バックナンバー