健康・美容・美肌情報やサンプルをプレゼント中〜 ココミル

無料・サンプル・プレゼントの美容と健康の情報サイト〜ココミル

文字サイズ
胸元をきれいに美しく
実は、意外に視線を集めている首から胸元にかけてのデコルテ。うっかりケアをサボってしまいがちな部位だけに年齢が顕著にあらわれます。ケアを充実させれば、アンチエイジング効果も抜群!
デコルテをきれいに見せる方法は、スキンケアに加えて、紫外線ケアやバストアップ、上手な下着選びなどさまざま。魅力的な胸元を演出して若々しさをキープしましょう!
 

重要!デコルテケア

デコルテは、顔と比べてお手入れを怠りがちです。ところが、首はとてもシワができやすくとても年齢があらわれやすいところ。日常のスキンケアの延長でケアするのがポイントです。
また、白く透明感があるデコルテだと顔も明るい印象になって若々しく見えるのはもちろん、ネックライン・フェイスラインがすっきりと締まって見える効果もあります。
せっかく顔のケアをするならデコルテも一緒にケアしなきゃ損ですよね!

 
デコルテを美しくするスキンケア
デコルテを美しくするスキンケア

顔のお手入れのときに一緒にケアすればいいので、それほどめんどうではありません。ローションでたっぷり水分を補給して、エッセンスや美容液でその水分をしっかりつかまえます。その上から水分が蒸発しないように蓋の役目をする乳液やクリームを重ねます。

さらに、リンパの流れを助けるマッサージを加えるのがおすすめです。 お風呂で体を洗うときやローションをつけるときなどに、次の要領でリンパの流れを意識しながらマッサージします。
リンパの流れとともに血行もよくなるので、憧れの艶やかな肌をつくれます。

マッサージの手順

両手を軽く握り、顎の下にあてます。
顎の下から耳の下へ、耳の下から中心側の鎖骨へグイッとこぶしを押しつけながら、マッサージします。そして左右片方ずつ、鎖骨中心側から外側へ、鎖骨外側からわきの下へ、親指以外の指を使ってリンパ液を押し流すようにします。

 

このとき、左右の手はやりやすいほうを使えばOK。これをそれぞれ4〜5回繰り返し行なうようにします。
デコルテのための食事ケア

美肌づくりには、緑黄色野菜に多いビタミンA、豚肉や玄米などに含まれているビタミンB群、野菜や果物に豊富なビタミンC、ナッツなどに多いビタミンE・・・と、ほとんどすべてのビタミンが必要です。
エネルギーを体内できちんと代謝し、体内に余分なものを滞らせないようにするのが大切。そのためにはビタミンだけでなく、牡蠣や大豆に豊富な亜鉛や、レバーなどにたくさん含まれている鉄などのミネラルも欠かせません。
体内の老廃物の排泄を促してくれる食物繊維も、きちんと摂取しておきたい栄養素。
ようは、さまざまな栄養素をまんべんなく過不足なくとるのが、美肌によい食事方法なのです。

おすすめは、和食を中心とした動物性のたんぱく質や脂質が多くなりすぎない食事。
よく噛んで、腹八分目までで抑えるように心がけて食べましょう。また、食事の時間はなるべく規則正しくし、寝る前の4時間は飲食しないようにするのも大切です。

デコルテのための食事ケア
 

ワンランクアップのデコルテを目指すには?

日常ケアをマスターして、次に行いたいのはバストアップ。筋肉を維持するので、美しい形がずっと維持できるようになります。

バストアップによいエクササイズ

数あるバストアップエクササイズの中から、手軽でもっともポピュラーといわれる
拝み体操をご紹介します。

  • 背筋をピンと伸ばして、両手が胸の中心に来るように手を合わせて合掌のポーズをします。
  • 一度息を大きく吸って、息を吐きながら両手を6秒間押し合います。
  • 6秒間押したら力を抜いて、両手をだらんと下げます。

このエクササイズは、胸の大きさを決める大胸筋を鍛えるエクササイズで、道具もいらず、どこでもできて便利です。
また、モデルの姿勢のように軽くあごをひいて、背筋を伸ばし姿勢をよくするだけでも腹筋・背筋に力が入るのでバストアップを助けるエクササイズになります。

バストアップ効果のある下着&洋服選び

バストアップ効果を期待するなら、きついサイズの下着は避けましょう。逆にゆるすぎるものもバストが下垂していく恐れがあるのでよくありません。できれば専門店で店員さんに自分のジャストサイズを測ってもらうのがベストです。
バストアップ効果のあるブラの種類も、ハーフカップ、2/3カップ、パットが入っているもの、胸をよせて谷間をつくるものなど、いろいろな種類があります。デザインを含め、自分の好みに合うものを十分に比較して選んでみましょう。 そして、洋服を選ぶときは、以下の3つのポイントを抑えておきましょう。

Point1
Point2
Point3

このような服を選ぶと、胸元が美しく見えるので、バストアップ効果があります。

 

毎日忘れずにこころがけたい紫外線対策

目の位置を基準に、眉の形と高さなどを分析して美眉にスタイリング

スキンケア・食生活・筋力アップ・ファッションと、デコルテケアに有効なものをご紹介しました。でも、もうひとつとても大事なケアがあります。それは、紫外線ケアです。
紫外線の影響は、シミやそばかすばかりではないのはご存知のとおり。皮膚の深部まで到達するUV-Aは、肌を構成するコラーゲンなどを変性させて、シワやたるみなどを引き起こします。

こういった悪影響からデコルテを守るには、顔と同じように日焼け止めやファンデーション・パウダーなどで肌へ直に紫外線が当たらないようにしましょう。加えて、帽子やストール、日傘を活用するのも大切です。
また、お肌が乾燥していると紫外線のダメージを受けやすいので、いつも水分たっぷりの状態が保てるように、朝と夜の保湿ケアを欠かさず行いましょう。

 
 
得するビューティー 一覧へ
 

バックナンバー