健康・美容・美肌情報やサンプルをプレゼント中〜 ココミル

無料・サンプル・プレゼントの美容と健康の情報サイト〜ココミル

文字サイズ
気になる自分のニオイ 体臭のない体質になろう!
猛暑が続いた今年の夏。しっかり紫外線対策をしていたつもりでも、太陽の光を肌に浴びずにはいられなかったのでは? 太陽光に含まれる紫外線は肌の日焼けを起こすだけではなく、後々の肌に大きな影響を及ぼすことになります。健康的で、透明感のある肌を目指すために、今すぐ紫外線によるダメージを効果的にケアしましょう。

紫外線によるダメージ

太陽光を浴びると日焼けをする、というのは誰もがわかっていることですが、それ以上に紫外線は肌の内側にダメージを与えています。

紫外線にはA波とB波があり、A波が真皮にまで達すると、コラーゲンやエラスチンが破壊され、シワやたるみの原因に。そして弱った肌細胞は保水力も弱くなり、肌が生まれ変わる周期を乱して角質肥厚が起こります。B波は表皮内でメラノサイトを活性化させ、シミのもととなるメラニン色素を生成します。シワやシミのある肌は、どうしても老けて見られがち。紫外線をたくさん浴びてしまうということは、単に肌を黒くするだけでなく、老化を早める原因となるのです。

さらに、紫外線は肌から水分を蒸発させて肌表面を乾燥し、バリア機能を低下させてしまう作用があります。これによって起こるのが、肌荒れやくすみ。また、皮脂が酸化して毛穴をふさぐことでニキビもできやすくなります。

紫外線ケアは、とにかく保湿!

紫外線を浴びてしまった肌に、まずしなければいけないことは保湿です。カラカラの肌にたっぷりの水分を与えましょう。肌につける化粧品はダイレクトにその保湿効果を実感することができます。保湿化粧水で水分補給した後は、うるおった水分が蒸発しないようにジェルやクリームなどをつけてフタをすることも大切です。
運動・活動の強さの目安(メッツ)
美容成分 特長
セラミド 肌表面の角質層にあるセラミドは、肌の水分を保つ役割を果たします。セラミドが十分ある肌は、保湿力があり、しっとりとします。さらっとしてべとつかず、肌なじみがよいのでたっぷりと使いたい成分。十分な量をつけることで失われた部分によく吸収されます。
ヒアルロン酸 重量の6000倍もの水分を保つことができるといわれている保水成分。肌のコラーゲンやエラスチンの間を埋めており、それらはヒアルロン酸によってハリや弾力を保っています。加齢とともに減ってしまうので、若いうちからしっかりと補給したい成分です。
アミノ酸 肌のハリや弾力に深く関わるコラーゲンやエラスチンの構成成分。さらに角質の天然保湿因子の主成分でもあるので、補うことで肌表面のバリア機能を高め、うるおいを保ちます。また、肌のターンオーバー(新陳代謝)をスムーズにする効果もあります。
グリセリン 古くから用いられてきた保湿剤のひとつで、無色無臭で粘りのあるシロップ状の甘い味のする液体です。肌表面にしっとりとした感触を与え、乾燥した肌をケアして肌トラブルを防ぎます。市販されている多くの化粧水、保湿剤などに使用されています。
肌に効果的な美容成分を取り入れよう
保湿効果の高い美容成分を含む化粧水や乳液、美容液、パックなどを積極的に使いましょう。また、サプリメントやドリンクなどで美容成分を体の中に取り入れるのも効果的です。

手作り化粧水でたっぷり保湿!

保湿効果が高い美容成分を使って、オリジナル化粧水を作ってみましょう。
オリジナル化粧水のよさは、自分の肌レベルに合わせて保湿成分の量を調整できるところ。ドラッグストアなどで簡単に手に入るグリセリンなら、比較的コストもかからないので、配合量を増やしやすいのでおすすめです。自分で作る化粧水は、保存料などで肌荒れを起しやすい人にも◎。肌にやさしい化粧水をたっぷりと使って、肌を癒してあげましょう。
【材料】
・精製水…100ml
・植物性グリセリン
 …5〜10ml
※エタノール
 …5〜10ml
【作り方と注意点】
精製水と植物性グリセリンを混ぜます。
グリセリンは吸湿性が強いので量が多すぎるとべたつくことがあります。脂性肌の人は少なめに、自分の肌の状態に合わせて、まずは少なめにして量を増やしていきます。作った化粧水は冷暗所に保存し、なるべく早く使い切ります。少しずつ作ってすぐ使い切ると安心です(※殺菌効果と引き締め作用があるエタノールを5〜10%加えると、さっぱりとした使用感になります)。
作った化粧水は使用する前に目立たない部分でバッチテストをしましょう。
保湿を助ける栄養素
栄養素 効果 多く含まれる食材
たんぱく質 皮膚を構成する 肉類、魚介類、卵、大豆・大豆製品
ビタミンC コラーゲンの合成を促す ブロッコリー、パセリ、イチゴ、キウイフルーツ
ビタミンB2 皮膚の新陳代謝を活発にする チーズ、うなぎ、納豆
ビタミンB6 たんぱく質の代謝を促す サンマ、マグロ、さば、レバー、バナナ
毎日の食事で保湿効果を高めよう
肌の保湿したいとき、栄養を考えた食事をすれば、さらに効果が期待できます。具体的には皮膚を作ったり、ハリのもととなるコラーゲンを合成したり、代謝を高めたりする効果のある栄養素があげられます。


徹底的ケアでダメージをリセット!

これから秋、冬へと移り変わり、お肌の大敵、乾燥の季節がやってきます。夏の紫外線で受けたダメージを今すぐリセットして、次のダメージに備え、乾燥に負けない肌を作っておかなければいけません。紫外線も少なくなって油断しがちなこの時期に、効果的な肌ケアをして、将来のキレイな肌を手に入れましょう。
 
 
 

バックナンバー