本当に合う色をみつけて! メイクもファッションもセンスアップ・・・美容と健康の情報がいっぱいのココミルで健康美人を手に入れよう。登録したらすぐ応募できるプレゼントもあります!!

無料・サンプル・プレゼントの美容と健康の情報サイト〜ココミル

文字サイズ
簡単カラー診断でセンスアップ
新しい出会いの多いこの季節、人に与える印象は大事にしたいものです。そこで今回は自分の本当の魅力を引き出す色を見つける方法、それをメイクやファッションに効果的に表現するテクニックについてひもときます。カラーコーディネートに悩んでいる方必見です。
 

自分のカラーを知る大切さ

魅力を引き出すパーソナルカラー

明るい色を着ているのに、疲れて見えたり、老けて見られたり・・・そんな経験ありませんか?原因は自分のベースカラーに調和しない色を身に着けていたからです。一方、自分の肌に調和する色を身に着けると、肌に透明感や輝きが増して生き生きと見えてきます。この魅力を引き出してくれる色をパーソナルカラーと呼びます。一般的には「春」「夏」「秋」「冬」の4つの季節で表すことが多く見られますが、今回はより簡単に見つける方法で紹介します。

 
ベースは「黄色」と「青」

私たちは、肌や髪、瞳、唇などに生まれ持ったベースカラーを持っています。人により色調は微妙に異なっていますが、大別すると黄色と青色の2つの傾向に分けられるのです。
以下の簡単自己診断表を見ながら自分のベースカラーを確認してみましょう。
※あくまでも目安ですので、当てはまらない場合や両方を含む場合は数の多いほうで判断しましょう。

自分のベースカラーが黄色 = パーソナルカラーはイエローアンダートーン

自分のベースカラーが青色 = パーソナルカラーはブルーアンダートーン

 
イエローアンダートーン ブルーアンダートーン
髪の色
染めていない状態
・茶色、こげ茶
・マットな色合い
・黒、茶色
・くすんだ色
目の色
・白目はアイボリー
・黒目はこげ茶、茶色
・白目は青白い
・黒目はブラウン、ダークグレイ
肌の色
・黄色味を帯びている
・青味やピンク色を帯びている
唇の色
・ベージュや肌の色
・赤味や紫が強く輪郭がはっきり
頬の色
・オレンジ、ピンク
・ローズピンク
 
ベースカラーが分かったら

自己診断表の結果に合わせて、自分に似合う色の特徴を見てみます。
自分に似合う色とは、ベースカラーと同じ色のグループのことをいいます。いわゆる黄色を含んだ色のグループなのか、青色を含んだグループなのかを知ることです。同じグループ同士の色を合わせると自然で美しい調和がとれるということを覚えておきましょう。

似合う色・特徴
 

こんなに変わる!相性のいいメイクカラー

モデルさんのアイカラーやお友達の口紅の色が素敵で、同じものを購入してみたけどなんだかぱっとしないし馴染まない・・・こんな経験ありませんか?
それは、ご自分の肌の色とメイクカラーの相性がミスマッチを起こしている可能性大です。調和のとれたメイクカラーは、素顔にのせるだけで透明感が表れ生き生きとした肌に印象をかえてくれます。
春の雰囲気も感じさせつつ、肌の色と相性のいいメイクカラーを紹介しましょう。

 
イエローアンダートーンに似合うメイクカラー

アイシャドー

淡いグリーングレー、ライトグリーン、イエローベージュ

チーク

ピーチ、オレンジ

リップ

ピーチ、アプリコット、ベージュ系

※いずれもイエロートーンで明るい配色です。

 
ブルーアンダートーンに似合うメイクカラー

アイシャドー

ペールアクア、ラベンダー、スモーキーブルー

チーク

ローズピンク、パステルピンク、スモーキーピンク

リップ

ローズピンク、ソフトフクシャ、ディープローズ

※いずれもブルートーンで明るい配色です。

 
ファンデーションの色選びのヒント

日本のファンデーションの色は黄色味の強弱によって分けられています。イエローアンダートーンの肌はナチュラルやオークルが馴染み、ブルーアンダートーンの肌はピンク系を基本に合わせます。日本人は、明るい色を選びがちですがアンダートーンが合っていれば、暗い色のファンデーションでも肌映えの美しさは変わらないと同時に、引き締め効果も期待できます。迷った時はワントーン下げたものを選んでみるといいかもしれません。

 

おしゃれ度アップ!配色テクニック

ちょっとしたコツを効かせるだけで、上手な着こなしができる技を紹介します。センスがないからおしゃれが苦手と思っている人要チェック!

 
Lesson1 色は3色まで

色は小物も含めて3色までにまとめるようにします。上手にバランスを取る秘訣は各色の分量をかえてメリハリをつけること。2色使いならば同量にならないよう8:2くらいで色を配分してみましょう。

Lesson2 黒は万能ではない!?

痩せて見えるからと黒ばかりを着ている人がいますが、イエローアンダートーンの人が黒ずくめのファッションをすると黒ばかりが目立ち、逆に大きく見えてしまう場合がありますから黒の分量や配置を見直してみましょう。黒のファッションが似合うのは肌や髪、瞳の色がはっきりとしたブルーアンダートーンの人です。

Lesson3 心地よくさせる70-25-5の法則

心地よく感じる配色の法則をご存知ですか?着ている自分はもちろん、相手にも好印象を与える色の法則。ベースカラー70% サブカラー25% アクセントカラー5%の比率がセンスのいい心地よさを感じさせます。

心地よくさせる70-25-5の法則
 
関連記事
 
得するビューティー 一覧へ
 

バックナンバー