健康・美容・美肌情報やサンプルをプレゼント中〜 ココミル

無料・サンプル・プレゼントの美容と健康の情報サイト〜ココミル

文字サイズ
美肌づくりに欠かせない注目成分セラミド
コラーゲンビタミンCヒアルロン酸など、美肌づくりに欠かせない栄養素はたくさんあります。
その中で、注目を集めているのがセラミド。
化粧水や美容液など、セラミドが含まれている商品はいろいろあります。
今回は、肌の外側だけでなく内側からもしっかりとケアするための方法をご紹介します。
 

セラミドって何?

私たちの皮膚には、体内の水分の蒸発を防いだり、外部からの刺激や細菌の侵入を防ぐ役割をする角質層があります。この角質層は角質細胞が重なってできています。
この角質層をつなぎ合わせる役目をするのがセラミド。

簡単にいうと「保湿」と「ガード」の役目を担っています。セラミドは健康なうるおった肌にたっぷりと含まれていますが、加齢やストレス、気候や環境の変化などの要因によって減少しやすい成分です。
また、セラミドにはメラニンの合成を抑える役割もあり、気になるシワやシミを防ぐといわれています。
これらからもわかるように肌の健康を保つためには、セラミドが減ってしまわないよう、しっかりとケアする必要があるのです。

 
 

セラミドを減らさないためには?

肌の健康にはとても大切な役目があるセラミド。
では、どうすれば減少させずに、美肌づくりに役立てられるのでしょうか?まずは美しい肌を保つためにもスキンケアで取り入れてみるのがおすすめ。セラミドはクリームや乳液などの化粧品に多く利用されているので、まず商品を買うときにセラミドが配合されているかどうかをチェックしてみましょう。

 
セラミドを減らさないためには?
大切なのは水分と油分のバランス

化粧水だけでは本当のうるおいは得られません。
肌の角質層に水分を保持する力を決めるのは油分です。化粧水だけでは補いきれない肌のうるおいは、油分を含んだ乳液が助けてくれます。
水分と油分のバランスをしっかりとることが大切です。

スキンケアコスメを選ぶときは化粧水と乳液はもちろん、できれば美容液やクリームもセラミド入りのものを探してみましょう。

外側からのケアができたら、内側からのケアも手を抜かずにしましょう。
といっても特別なことをする必要はありません。水分をこまめに摂取し、セラミドの含まれる食品を摂取すればよいのです。外から内から両方のバランスも大切なことです。

 

何を食べればいいの?

セラミドはとても身近な食品に含まれています。たとえば、小麦、大豆、キビ、ほうれん草、米、こんにゃく、ブロッコリーなど。今までも食事をしながら知らず知らずの間に摂取しているはずです。これらの中でもこんにゃくはほかの食品よりもセラミドを多く含んでいることがわかっています。セラミドたっぷり、かつヘルシーな食品なので、ダイエットをしている方にも強い味方です。
また、美肌づくりにはセラミド以外にも、コラーゲンやビタミンC、亜鉛もプラスするのが効果的。バランスのよい食事を基本にし、そこに有効成分が豊富な食品を取り入れてみてください。

 
コラーゲンとビタミンCの関係

肌のコンディションに大きく関わっているコラーゲンは、肉や魚、卵、牛乳・乳製品、豆・大豆製品などに含まれている良質なたんぱく質が、体内で分解・合成されてつくられます。
その際、欠かせないのがビタミンCです。コラーゲンは細胞と細胞をつなぐはたらきがある成分。ビタミンCはコラーゲンの合成を活性化する際に必ず必要になる栄養素なので、細胞同士をしっかりとくっつけて肌のハリを保つように作用します。
また肌のたるみなどは、紫外線などの影響でコラーゲンが分解されておこる現象です。ビタミンCには、その分解を減らす働きもあります。
そして、亜鉛もコラーゲンの合成に必要不可欠な栄養素。不足するとコラーゲンの生成がうまくいかずに肌がカサカサしたり、老化が進んだり、シミやソバカスが増えたりします。亜鉛はホタテなどの魚介類や肉に多く、野菜や海藻にも含まれています。

細胞同士をつなぐコラーゲン、そしてビタミンCや亜鉛が不十分だと、肌はうるおいにくく、シワができやすくなってしまいます。セラミドのことだけを考えるのではなく、肌に必要な栄養素すべてを過不足ないように摂取するのが、美肌づくりの基本です。

美肌づくりに必要な栄養素
 

美しいお肌を保つために

セラミドをはじめとするさまざまな肌によい成分をご紹介しましたが、もっとも理想的なのはいろいろな食品をバランスよく食べること。ご紹介したとおり特別な食品をとる必要はありません。
たんぱく質、炭水化物、脂質、ビタミンミネラル食物繊維をバランスよく摂取できるように、肉、魚、卵、牛乳・乳製品、豆・大豆製品、野菜、海藻、きのこ、果物、穀物・・・と、さまざまな食品をまんべんなく食べるのが大切です。
また、夜更かしや睡不足、ストレスなども肌トラブルの要因になります。
睡眠をしっかりとり、ストレスをためない規則正しい生活を心がけましょう。

 
 
得するビューティー 一覧へ
 

バックナンバー