健康・美容・美肌情報やサンプルをプレゼント中〜 ココミル

無料・サンプル・プレゼントの美容と健康の情報サイト〜ココミル

文字サイズ
ブックレビュー トップイメージ いま気になるアノ本を、ココミルが独自の目線でご紹介
ココミル ピックアップ

美人偏差値UP術

  • 堀江令子・著
  • PHP研究所
  • 1,155円(税込)
  • 2008年01月11日 初版
表紙画像

※ 商品についてのお問い合わせは書店・出版社等へお願いいたします。

ココミル レビュー

女性であれば、誰もがなりたいと憧れる「美人」。しかし、「美人」は天性のものとあきらめている人が大半ではないでしょうか。
しかし、顔のつくり自体はイマイチでも「美人」といわれる人は存在します。
あなたの周りの「美人」を、よく思い出してみてください。お化粧やファッションが素敵、身のこなしや振る舞いがきれい・・・。「美人」といわれる人の全員が芸能人やモデルのように美しいわけではないはずです。
そこで、本書では「印象操作」によって「美人」に見せようと説いています。「印象操作」という言葉は、どちらかというとマイナスな状況で使われることが多いものですが、ここではあくまでも「人に好印象を与える方法」といったような意味合い。
初対面で「美人」の第一印象を与える「3秒美人」。合コンなどの場で「美人」という印象を持たせる「3時間美人」。相手を飽きさせず、会いたい気持ちを高める「3日美人」。そして、会えば会うほど味が出るするめのような「3年美人」。
本書のポイントは、上記のような項目を設けながらも、あくまでも目標は「美人」であること。「かわいい」や「モテる」などは、省かれているのです。男女の評価が分かれることがなく、どちらにも好かれる「美人」のみを主眼に置いています。「他者に好印象を与える女性像」を垣間見ることができるので、一般的なコミュニケーションでも有効な内容かもしれません。
では、どうすれば「美人」になれるのでしょうか? 受験や学校の試験などを思い出してみると、答えは意外と簡単です。成績を上げるには、「苦手をなくす」ことが一番の近道。まずは苦手な科目に注力し、それから得意分野を伸ばす勉強をする方が、結果はグンと伸びるものです。
本書でいう「美人」になる方法も同じこと。難を克服し、「美人らしさ」を強調するのです。

たとえば、ツヤツヤしたロングヘアの巻き髪。陶器のようにキメの整った肌。エレガントなファッション・・・。こうした項目の当てはまる女性の想像図は、限りなく「美人」に近いものではないでしょうか。少なくとも、感じが良さそうできれいな容姿の女性が脳裏に浮かぶでしょう。 簡単にいえば、「美人要素」をどんどん取り入れて、得点を稼ぐこと。それが「美人」という評価につながるのです。
さらに、「美人」な人は周りに「美人」と思わせるような言動や様子をしているものです。「印象操作」に加え、こうした精神面や行動面での「美人要素」を取り入れることで自分にプラスの暗示をかけたりなど、「美人」といわれる得点稼ぎの方法は、実はたくさんあることも分かります。
前向きな「美人」を目指すと、自らの良いところも発見できるようになると本書では書いています。たとえば、太っているとマイナスに感じていた点を「グラマー」と言い換えれば、それは長所。自己評価が高まれば、ますます「美人」への意欲も湧くでしょう。それが、息の長い本物の「美人」へとつながっていきます。
ただ、専門的にいえば、偏差値とは「その数値が、ある母集団の中でどのくらいの位置にいるか」を示した数字です。つまり、偏差値とは相対的な評価。「美人」がいれば、そこには比べる存在として「普通の人」や「ブス」がいるだろうと考えられます。相対評価としての「美人偏差値」についての言及がなかったのは惜しいところ・・・。
ホンモノの「美人」ではなくとも、「美人」といわれる人になればいいという発想の転換は、多くの女性にとって朗報なのでは? まずは、自分がどうしたら「美人」に見えるのかを考え、実行していくことが大事。千里の道も一歩から。「美人」になりたいという望みも同様だということに気付かせてくれる点が、本書の一番の効用かもしれません。

cocomiru Book Review