血管の老化は始まっている!? 動脈硬化〜 【ココミル】

無料・サンプル・プレゼントの美容と健康の情報サイト〜ココミル

文字サイズ
今日からでも気をつけたい動脈硬化 血管の老化は始まっている!?
酸素や栄養素は、血液によって全身に運ばれます。この血液の通り道が血管。血管の若さを保つことは、私たちの健康や若々しさを支えることになるのです。この機会に、血管年齢について考えてみませんか?
 

血管年齢とは?

どんな症状があらわれる?

年齢は、誰しも平等に重ねていくもの。でも、同じ年齢であっても、若く見える人、老けて見える人の差はとても大きいものです。つまり、老化は個人差が大きいもの。血管の老化の度合いを示すのが血管年齢です。血管年齢も人それぞれ。しかも、見た目は若々しい人が、実は血管はかなり老化しているということも珍しくありません。

この血管の老化を動脈硬化と呼びます。動脈硬化が進むと、動脈の壁は厚くなって、硬くなってしまいます。そのうえ、血管の壁は傷つきやすくなり、その傷がまた血管の壁を厚くし、硬くしてしまうという悪循環を引き起こします。動脈硬化が進むと、血管の内側は狭くなり、血栓ができやすくなって、血管が詰まりやすくなります。

最後には、心筋梗塞や脳梗塞という命に関わる重大な病気を引き起こしてしまうのです。

 

動脈硬化を進める要素

実は人間の血管は、生まれてすぐから老化が始まっているといわれており、10歳ごろにはすでに血管の壁が厚くなり始めているという説もあります。そして、30歳頃には、かなりの人の血管で軽い動脈硬化がみられ、40歳くらいからは、ほとんどすべての人の血管が動脈硬化状態といわれます。もちろん、動脈硬化=心筋梗塞ではありませんが、できるだけ動脈硬化が進まないようにしたいものです。

危険因子チェックリスト

動脈硬化を進めてしまう要因(危険因子)にはどんなものがあるのでしょうか?
まずは、あなたの危険度をチェックしてみましょう。

男性の場合は45才以上。女性の場合は閉経している 高血圧と診断されたことがある。
肥満気味だ 糖尿病と診断されたことがある
タバコを吸っている 過去に心臓病(狭心症・心筋梗塞)を起したことがある
脂質異常症(高脂血症)と診断されたことがある 家族に心臓病を起した人がいる

チェックがひとつでもついている人は、動脈硬化が進みやすい状態です。注意しましょう。

動脈硬化の危険因子には、「年をとること」や「男性であること」のほか、「閉経」や「遺伝」など、自分の努力ではどうにもならないこともありますが、自分の努力や工夫次第ではリスクを小さくできる要素もたくさんあります。たとえば、「肥満」と「喫煙」です。

また、動脈硬化の危険因子であり、動脈硬化によって悪化する恐れもある「脂質異常」「高血圧」「糖尿病」は、生活習慣の改善で予防でき、適切な治療で重症化するリスクを軽減することもできます。

 

血管年齢を若く保つ生活習慣とは?

「脂質異常症」「高血圧症」「糖尿病」は、生活習慣病と呼ばれます。日々の生活習慣の積み重ねが病気を引き起こす要因となるからです。若いときからの生活習慣の違いによって、血管年齢にも大きな違いが出るようです。

動脈硬化を招きやすい生活習慣

健康診断を1年以上受けていない

ストレスを感じやすい

運動はほとんどしない

歩く機会が少ない

朝食を食べない

お酒を飲む量が多い

チーズ、バターなどの乳製品が大好きだ

ケーキなどの甘いものが大好きだ

どちらかというと魚より肉を好んで食べる

野菜をあまり食べない

外食が多い

満腹になるまで食べないと気が済まない

先の動脈硬化の危険因子チェックリストではひとつも該当しなかったのに、生活習慣では当てはまるものが多い人は、将来が心配です。今から、生活習慣を見直してみましょう。

 

女性ホルモンが若さを保つ

女性ホルモンが若さを保つ

動脈硬化の危険因子に「閉経」があります。「閉経」によって、女性ホルモンの分泌量は激減します。女性ホルモンには、妊娠そのものの準備をする黄体ホルモンと、胎児を支える母体を守るための卵胞ホルモンがあります。卵胞ホルモンは、血液中のコレステロールを正常に保ったり、骨を強くしたり、コラーゲンの生成を助けるはたらきがあります。血液中のコレステロールが正常に保たれることで、血管の若さも保たれます。

そのため、女性ホルモンの卵胞ホルモンが活発に分泌されているうちは、男性に比べて動脈硬化の危険度は低いのですが、閉経後は要注意です。また、閉経後になって、急に生活習慣を変えることは難しいものです。危険因子がなくても、若いうちから正しい生活習慣を身につけておきましょう。

目に見える肌年齢だけでなく、血管年齢も若さを保ち、体の内外から生き生きと美しくありたいものです。

関連記事
 
 
健康美人 バックナンバーへ
 

バックナンバー