脱!!おブスな生活! 【ココミル】

無料・サンプル・プレゼントの美容と健康の情報サイト〜ココミル

文字サイズ
美人さんとおブスさんの違い
美人さんとおブスさん。よくよく観察してみると、土台は同じくらいなのに、なぜか輝きが違う。どこで差がつくのか?
もちろん、メイクや服装の違いはあるけれど、きっとそれだけではないはず。美人さんが持っているのは、何気ない日常の習慣から生まれる輝き。そんな日常に隠された美の秘訣を探ってみましょう。
 

そもそも美人の条件って?

大勢の中にいても、何か輝くものがあって人目を引く。美人さんには、そんなオーラみたいなものがあります。この輝きは、単に顔のつくりがよいだけでは生まれません。輝いて見える条件はほかにもたくさんあるかもしれませんが、ここでは5つピックアップしました。

 
美人さんの条件
条件1.肌がきれい

肌が美しい人は、それだけで輝いて見えますね。ハリやツヤ、透明感や血色のよさは、メイクではごまかしようのないもの。肌の健康は、美しさの土台です。

条件2.目力(めぢから)がある

「目は口ほどに……」といわれるように、目にはその人の本心が宿ります。一重や二重などの形よりも、素直で美しい心を持って目力をアップさせるのも重要です。

条件3.仕草がきれい

身のこなしが美しい人は、周りにいる人の心を和ませます。周りの人や物を大切にする気持ちから生まれる美しい仕草も、美人さんの条件のひとつです。

条件4.表情が豊か

表情も目と同じく、心があらわになるところ。内面からにじみ出る輝きやパワーは、表情から伝わります。常に笑顔を心がけるのが、美人さんへの第一歩です。

条件5.姿勢がよい

どんなに美しい人でも、猫背では魅力が半減してしまいます。猫背になるとうつむく格好になるので、どんよりと暗い印象に。姿勢のよさも、重要な輝く要素です。

 

肌美人を目指そう!

肌美人を目指そう!

美人さんの条件を見ると、肌以外はすべて自分の気持ち次第。ところが、肌は顔立ちと同じように持って生まれたもののように感じます。でもご安心を。肌も毎日の生活を変えれば、ちゃんと美しくなります。
では、肌の健康を保つには、どんな生活を送ればよいのでしょうか。
肌では、常に新しい細胞がつくられ、古い細胞が捨てられています。この新陳代謝を高めることが、シミやくすみの予防や解消につながります。肌の新陳代謝が最も活発になるのは、夜の10時から夜中の2時。この時間は「肌のゴールデンタイム」と呼ばれ、新陳代謝を促進する成長ホルモンがたっぷりと分泌されます。10時に寝るのは難しいとしても、できるだけ日付が変わらないうちに寝る習慣があると、自然に肌はどんどんきれいになっていきます。

 
洗顔後すぐのたっぷり保湿

肌が乾燥すると、新陳代謝の妨げになるだけでなく、皮膚の表面が固くなり、肌の弾力が失われます。そのため美肌をつくるためには、保湿が欠かせません。洗顔後、できるだけ早く、肌の水分が残るうちに化粧水で水分補給を。あとは必要に応じて、美容液、乳液、クリームなどで肌を包んで水分の蒸発を防ぎます。

むくみをとって目力もアップ

目の周りは皮膚が薄いので、くすみやすく、むくみやすい場所です。目の大きさは変えられませんが、むくみを解消するだけでずいぶん印象が変わります。目の上にホットタオルを置いて温めたり、目の周りに円を描くように軽くマッサージをしたりして、目の周りの血行を促進。ぱっちり目で美人度がアップします。

 

美しい心を持とう!

誰でもすぐに変えられるのは心の中身。自分以外の人や物に対する思いやりが大切です。しかし、忙しい毎日を過ごしていると自分のことだけで手いっぱい状態になってしまい、「周りに気を使う暇なんてない!」という人も多いのでは? そんなときは、毎日の習慣で心にゆとりをつくることから始めてみましょう。

 
帰宅後のバスタイムでリラックス

手っとり早いストレス解消法として知られる入浴。シャワーだけで済まさないで、湯船にゆっくりと浸かれば、それだけで心が安らぎます。また、入浴には血行をよくして新陳代謝を促進する効果があるので美肌づくりにも役立ちます。入浴剤を工夫したり、本を読んだり、音楽を聴いたり、リラックスタイムとして入浴を楽しみましょう。

ポジティブ思考でよいところを発見

「どうせ私は」というネガティブ思考は表情にあらわれます。ポジティブ思考が、あなたの内面のパワーを増大させ、美しさに磨きをかけるのです。ポジティブ思考になるのは意外と簡単です。失敗や災難にばかり目を向けるのを止め、よい部分に目を向けるだけ。自分のことも、短所ではなく長所を意識します。自分のよいところをもっと発見しましょう。

体と心の姿勢を変える楽しい気持ち

ストレスを溜めないよう、自分のための時間を持ち、好きなことをするのも大切です。おいしいものを食べる、自然に触れる、絵を見る、映画を観る、音楽を聴くなど。「うれしい」「楽しい」といった感動のある生活は、正の方向に心を動かすので内面の輝きをアップさせます。また、心が前向きになると、自然と姿勢もよくなり、笑顔があふれてきます。

 
恋をするときれいになる訳
恋をするときれいになる訳

「恋をするときれいになる」というのは、よく聞く言葉。でも顔のつくりは変わりがないはずです。それなのにどうして美しくなるのでしょう?
恋をすると、おしゃれに気を使うようになったり、お化粧を工夫したり。「相手に好かれたい」気持ちがある分、いろいろな努力をします。

しかし、きれいになる理由はそれだけではありません。実は、ホルモンの分泌が関係しています。恋をすると女性ホルモンのエストロゲンの分泌が活発になります。エストロゲンは、新陳代謝を活発にし、肌をきれいにするホルモン。そのおかげで、恋をすると肌が美しくなるのです。そして何より、幸せな気持ちは内面からの輝きを高める効果が抜群!
いつまでも若々しい美人さんを目指すなら、恋をするのが一番の近道かもしれません。

 
関連記事
 
得するビューティー 一覧へ
 

バックナンバー