健康・美容・美肌情報やサンプルをプレゼント中〜 ココミル

無料・サンプル・プレゼントの美容と健康の情報サイト〜ココミル

文字サイズ
11種類の美容成分 キレイになるために知っておきたい2つのこと
体から失われていく、さまざまな成分

● ヒアルロン酸

とても大きな保水力を持ち、ヒアルロン酸1グラムで6リットルもの水分を保持すると言われています。とくに40代を過ぎたあたりから急激に失われていきます。

● コラーゲン

たんぱく質の一種で、体の形を支えている成分。しかし、20代後半から少しずつ劣化し、50代ではその柔軟性が半分程度に落ちてしまいます。

● エラスチン

弾性繊維とも呼ばれ、ゴムのように伸び縮みするたんぱく質。コラーゲンにコイル状にからみつき、正常な弾力性を維持していますが、20代後半から急激に減少してしまいます。

● コエンザイムQ10

全身に存在し、美容に限らず、健康づくりにも役立つ成分。やはり年齢とともに減少していくため、適度な補給が望ましい成分です。

知らず知らずのうちに、大切な成分が体から失われている! 互いに助け合いながら、はたらく成分

● セラミド&ナイアシン

セラミドは脂質(スフィンゴ脂質)の一種で、外から侵入しようとする異物に対するバリアの機能を持っています。またナイアシンは、このセラミドをつくり出す手助けをします。そのため、とくに空気が乾燥しやすい冬場は一緒に補給したい成分です。

● コラーゲン&ビタミンC

コラーゲンは加齢によって劣化していってしまいますので、健康な状態を保つためには、古くなったコラーゲンを新しいものにつくり直す必要があります。このとき、必要なのがビタミンC。ビタミンCがなければ、コラーゲンの材料があってもコラーゲンをつくり出すことはできません。

● ビタミンB群

ビタミンB群は、体の健康づくりに必須の栄養素です。それぞれが協力し合ってはたらくため、どれが欠けてもよくありません。なかでも、ビタミンB1、ビタミンB2、ビタミンB6、パントテン酸は、美を意識する女性の健康維持に、重要なはたらきをしています。

知らず知らずのうちに、大切な成分が体から失われている!
美人をつくるイソフラボンに注目!

キレイをつくるためには、毎日の食生活のバランスが最重要!
糖質、脂質、たんぱく質、ビタミン、ミネラル、食物繊維をきちんと摂取するのはもちろん、そのほかにも体が必要としている成分をしっかりと補給しましょう。

うるおいとハリのある生活を送りたい女性は、11種類の成分をお忘れなく。
11種類のそれぞれの成分がチカラを十分に発揮させるには、互いに必要な量を満たすのがポイントです。
美容成分の種類と量、それぞれのバランスを意識しながら摂取して、健康美人を目指しましょう。

毎日の食事に11種類の成分をプラス

できることなら、栄養補給は食事でしたいけれど、摂りたい成分をすべて食事で満たすのは難しいもの。そんな忙しい現代女性を支えてくれるのが、
うるおいアシスト ヒアルロン酸&コラーゲンです。
これ1本で11の美容成分が一度に摂れる顆粒タイプのサプリメント。しかもスティック包装だから、携帯にも便利!

理想の摂取量は、高吸収型イソフラボンを1日24mg

東京都在住/重松多美子さま 61歳
飲んで1〜2ヶ月経ったころからでしょうか。
朝、「アレっ? 変わってる?」と気づいたんです。
鏡で見た感じでわかりましたね。周りの人からも
「お化粧変えたの?」とか言われます。女性はいくつになってもキレイになれるって実感しました。

神戸在住/佐々木さまご姉妹 28歳
(姉)コレを飲み始めてから、自信がついてきました。
今までいろんなサプリメントを試してきましたが、コレは合格です!
(妹)飲みはじめて、当直明けでもキレイなままに。やはり人からどんな風に見られるかはすごく気になるので、キレイって言われるとやっぱり嬉しいですよ

 
得するビューティー バックナンバーへ
 
この記事についてあなたの感想を教えてください!! 【20ポイント】感想を書く