健康・美容・美肌情報やサンプルをプレゼント中〜 ココミル

無料・サンプル・プレゼントの美容と健康の情報サイト〜ココミル

文字サイズ
ちゃんと知っておきたいアレルギー対策
アトピー性皮膚炎、食物アレルギー、花粉症、ハウスダストアレルギーなど、アレルギーにはさまざまな種類があります。現代病の代表ともいわれるアレルギーは、体外から侵入してくる異物から体を守るために備わっている免疫という防衛機能が、過剰反応して起こるもの。
どうしてこのようなことが起こるのでしょうか?そのメカニズムを知り、正しい予防方法と対処方法を身につけましょう。
 

免疫って何?

免疫って何?

地球上にはさまざまな生物が存在し、それぞれの生物は生き延びるために、外敵から自分を守りながらうまく共存しています。自分と同等もしくは大きな外敵に対しては、牙や角で対抗したり、毒を持ったり、異臭を放ったり。私たち人間は、自然界のほかの生物ほど危険にさらされているわけではありませんが、必要に応じて道具を使うなどして自分を守る術を身につけています。
しかし、襲ってくる外敵は、自分よりも大きな動物とは限りません。細菌やウィルスのように、自分よりもはるかに小さな微生物の場合もあります。細菌やウィルスは、小さいがゆえに体内へ侵入して増殖し、知らず知らずのうちに体をむしばみ、最悪の場合は死に至ることも。こういった小さな外敵からも、身を守るために備わっているのが免疫です。

 

アレルギーとはどんなもの?

免疫は外から侵入してきた細菌やウィルスなどの異物に反応して、それらを排除するためにはたらく機能。健康を維持するために欠かせない機能ですが、反応しなくてよいものも異物と判断して、過剰に反応してしまう場合があります。たとえば、他者から移植した臓器、食べ物に含まれる特定の物質、体に害がない程度の花粉やハウスダストなど。
このように、異物として排除する必要がないものに対しても過剰に反応することをアレルギーといい、それによって生じる発熱や発疹、関節障害、下痢、ショック症状などの不都合な症状をアレルギー症状といいます。

 
アレルギーのタイプ

体内に異物が侵入すると、体はその異物に対抗する抗体を産生します。
産生される抗体は5種類あり、どの抗体が関与するかによって、反応の仕方や症状が異なります。

  • T型アレルギー
  • 抗体によって細胞が活性化し、ヒスタミンなどの化学伝達物質が放出されるタイプ。
    【主な疾患】
    アトピー性皮膚炎、アレルギー性鼻炎、食物アレルギー、
    花粉症、ハウスダストアレルギーなど。
  • U型アレルギー
  • ウィルスなどの異物を除去しようとする際に、自身の細胞をも破壊してしまうタイプ。
    【主な疾患】
    自己免疫性溶血性貧血、不適合輸血によるアレルギーなど。
  • V型アレルギー
  • 異物と抗体が反応してくっついてしまい、体内の組織に沈着して炎症などを起こすタイプ。
    【主な疾患】
    血清病、糸球体腎炎、関節リウマチなど。
  • W型アレルギー
  • 抗体は関与せず、免疫系細胞から放出される物質によって炎症などを引き起こすタイプ。
    【主な疾患】
    ツベルクリン反応、臓器移植後の拒絶反応、化粧・漆かぶれ、金属アレルギーなど。
  • X型アレルギー
  • 産生された抗体によって、組織機能が異常に亢進したり低下したりするタイプ。
    【主な疾患】
    甲状腺機能亢進症、重症筋無力症など。
 

春だけじゃない!秋の花粉症とは?

春だけじゃない!秋の花粉症とは?

くしゃみ・鼻水・鼻づまり・目のかゆみなどの症状があらわれる1型アレルギーの花粉症。健康をむしばむとは考えられない量の花粉に対して過剰な反応を示すため、日常生活に支障をきたす場合もあり、多くの人が悩まされています。
花粉症はスギ花粉によって起こるものが多いとされていますが、ブタクサ・ヨモギ・カナムグラなどの秋に飛散する花粉で同様の反応を生じることも。

しかし、「花粉症は春に起こるもの」「気温が下がり始める秋は風邪をひきやすい」などのイメージから、症状があらわれてもつい見逃してしまいがちです。秋に飛散する花粉は、春に比べて飛散数が少なく飛散距離も短いので、軽症で済むケースも多いようですが、場合によっては日常生活に悪影響をおよぼす可能性があります。

晴れている日だけ鼻がむずむずする、くしゃみや鼻水が出るといった症状があるときは、自己判断で風邪薬を服用せずに診察を受けるようにしましょう。そして花粉症と診断されたときには、原因となる植物を避けたり、マスクを着用するなどの予防対策を実施してください。

 

アレルギーって治るの?

前述のとおり、アレルギーは体が備えている免疫の過剰反応です。そのため個人差が大きく、抜本的な治療法は確立されていません。病院で行われる治療の多くは、発症したアレルギーの症状を抑えたり悪化させたりしないようにするもの、アレルギー反応を起こす異物を体内に侵入させないようにしたり、薬などで症状を和らげたりなどです。
そもそも免疫が異常なはたらきをしたために起こる反応なので、免疫を正常化させることも大事だと考えられています。
そこで重要なのが、生活習慣の改善。栄養バランスのよい食事を3食きちんと食べ、しっかりと睡眠時間を確保し、適度な運動を行って、常にベストコンディションを保つのが、免疫力を高めるためには必要です。

 

子供のアトピー性皮膚炎や食物アレルギーなどのように、成長とともに症状が緩和されて大人になると改善される場合もあれば、花粉症のように大人になってから発症するケースもあり、いつどのような形で発症するか予測できないのがアレルギーの特徴です。
このように、アレルギーはいつ誰に起こるかわからない疾患。「自分は大丈夫」と信じることも大切ですが、油断は禁物です。毎日規則正しい生活を送って免疫が正常にはたらけば、アレルギーだけでなく、ほかの病気も予防できるので一石二鳥!
ぜひこの機会に、生活習慣を見直してみましょう。

 
健康美人 一覧へ
 

バックナンバー