健康・美容・美肌情報やサンプルをプレゼント中〜 ココミル

無料・サンプル・プレゼントの美容と健康の情報サイト〜ココミル

文字サイズ

カプサイシン

カプサイシンとは                                               

カプサイシンはカプサイシノイドと呼ばれる化合物のひとつで辛味成分の1つになります。



ワサビにも辛味成分はありますが、ワサビの辛みの主成分はアリルイソチオシアネートになり、
カプサイシンは、唐辛子の辛味を作り出す成分にあります。わさびは水溶性で加水分解によって
すぐに辛み成分が舌痛点を刺激しますが、生体の酵素ですぐに分解されます。一方カプサイシンは
痛点を刺激し、また末梢血管の血流を増やしたり、脂溶性のためやや分解されにくかったりするので
持続性があります。



唐辛子を食べると、体が暑くなってくるのは、このカプサイシンによる作用です。
唐辛子には、体を温める作用、殺菌作用、胃を健康に保つ作用などについて古くから
注目されていました。カプサイシンを摂取すると、アドレナリンの分泌が活発になり、
すぐに体が熱くなってきたり、汗が出てきたりします。つまり、脂肪が燃焼しているということです。
そのため、カプサイシンを摂取することで、ダイエットの効果を期待することができます。



カプサイシンが多く含まれている唐辛子ですが、なんと数千種類もあるそうです。
殆ど辛味のないピーマンをはじめ、鷹の爪、青唐辛子、獅子唐など、これらは全て唐辛子の
仲間になります。カプサイシンはその唐辛子に含まれる辛味成分ですので、ピーマンが唐辛子の
仲間だからといってもダイエット効果は鷹の爪、赤唐辛子の方がダイエット効果が期待できます。



 

  ダイエットだけじゃない!!

カプサイシンは、発刊作用だけではなく、毛髪の寿命を延ばしたり、
成長を促す物質を増加させるカルシトニン遺伝子関連ペプチドを神経から
放出させる働きがあります。また、発刊作用により老廃物を排出し美肌効果が期待されます。


〜〜〜豆知識〜〜〜
●カプサイシンは催涙スプレーの成分にされ、浴びると皮膚や粘膜が
ひりひりとした痛みを感じたり、咳や涙が止まらなくなったりします。