健康・美容・美肌情報やサンプルをプレゼント中〜 ココミル

無料・サンプル・プレゼントの美容と健康の情報サイト〜ココミル

文字サイズ

セレニウム(セレン) 

セレニウム(セレン)                                               

セレニウム(セレン)とはミネラル成分で、抗酸化作用があり、その効果はビタミンEの60倍以上と
言われています。
代表的なセレニウム(セレン)の効果は、活性酸素の除去です。

活性酸素とは、体内で過度に発生すると、脂質やたんぱく質、DNAなどに影響し、
老化促進などの原因になるといわれています。

セレニウム(セレン)は、亜鉛などと共に体内の抗酸化を行う物質(酵素)の主たる
成分で様々な効果があるといわれています。
ビタミンEは、活性酸素が出来る前段階で、それを抑制しますが、セレニウム(セレン)の場合は、
既に出来てしまった余分な活性酸素を直接分解します。
その為に ビタミンEや亜鉛などと同時に摂取すると、抑制と分解が同時に行われ、また共に働く性質もあるので より効果的です。

 

セレニウムの効果

【がんの予防】
セレニウム(セレン)には強力な抗酸化作用があり、がんの発生や転移といった症状を抑制してくれます。これは、肺がん、大腸がんと前立腺がんには特に有効なようで、研究報告もされています。

【アンチエイジングの効果】
がんの予防同様、強力な抗酸化作用があり、この強力な抗酸化作用で、老化の原因とされる活性酸素を分解してくれます。その結果、肌や血管など、体の至るところの老化を遅らせる効果があります。

【デトックス(解毒)効果】
水俣病の原因となった有害物質の水銀を、無毒で安定した化合物に変化させるなど、セレニウム(セレン)には有害ミネラルなどに対して、デトックス(解毒)の効果があります。
水俣病の原因物質として有名な水銀の毒性を軽減する働きがある事でも注目を集めており、様々な研究がなされています。

【男性の不妊改善】
精子を抗酸化作用で守っているセレニウム(セレン)が不足すると、健全な精子が作られなくなり受精能力が落ち、不妊の原因となることがあります。
元気な精子にはセレン・亜鉛が多く含まれるので、亜鉛と同時に摂取するとより効果的です。

【脳血栓・心筋梗塞の予防】
セレニウム(セレン)が、血圧に関わるホルモンに作用し、血管を拡張させたり、血液が固まるのを防ぎます。その結果、脳血栓、心筋梗塞などの血栓症の発生を予防します。

【更年期障害や生理不順の改善】
亜鉛やセレニウム(セレン)などの必須微量ミネラルは、女性の生殖生理作用に深く関わっています。
女性ホルモンのバランスを整える事で、更年期障害や、生理不順を改善します。
老化を防止して肌を若々しく保つほかに、更年期障害の症状を改善してくれる女性に嬉しいミネラルです。

〜〜〜豆知識〜〜〜
過去、セレニウム(セレン)は毒性の強い元素と誤認されていましたが、
近年研究が進み、有益な効果が注目を集めています。
しかしセレニウム(セレン)の摂り過ぎは中毒を引きおこす恐れがあります。
普段の食事では特に問題ありませんが、サプリメントの摂取の際は
摂りすぎないよう気をつけましょう。