健康・美容・美肌情報やサンプルをプレゼント中〜 ココミル

無料・サンプル・プレゼントの美容と健康の情報サイト〜ココミル

文字サイズ

アロエ

アロエ

ゆり科の植物(観葉植物・多肉植物)です。
昔からアロエは医者要らずと言われています。民間療法では、腹痛・火傷・虫さされ・切り傷などに良いとされ日本でも昔は家庭で育てれれていました。
日本でアロエが使われたのは、古くは鎌倉時代ポルトガルから伝来してからのようです。
アロエを塗ったり、食べたりして使います。最近では、アロエ入りのヨーグルトなど食べやすいものも沢山ありますね。

 


アロエの栄養成分

炭水化物
多糖類(グルコース キシロース ガラクトース セルローズ 生理活性物質 植物ホルモンなど)、繊維質など
 
アミノ酸類
アスパラギン酸 グルタミン酸 アラニン フェニールアラニン スレオニン ブロリン バリン ロイシン ヒスチジン セリン メチオニン リジン シスチン イソロイシン トリプトファン グリシンなど

ビタミン類
A、B1、B2、B3、B6、B12、C、E、M(葉酸)など

ミネラル類
鉄、銅、亜鉛、マグネシウム、カリウム、カルシウム、ナトリウム、リン、コバルト ゲルマニウムなど

酵素類
アミラーゼ カラクターゼ アリナーゼ リパーゼ オクシドーゼ グリコシド ブドウ糖 ラモノーゼ マノーゼなど

その他の有用成分
アロエモジン アロエウルシン アロミチン アロエマンナン アロクチン ヘキスロン酸 アロエチン アロエニン アロエソンエモジン ホモナタロエン ベーターババロイン O-グリコシド サポニン ウロン酸 ムコ多糖類複合体 ミルセン リモネン ユニフェリルアルコール グルコサミン アルボランAB クリサシン酸 クリソファン酸など

 

美容とアロエ
アロエには消炎作用があることから、ニキビなどに良いと言われています。その他にも、紫外線からお肌を守ったり、日焼けしたお肌を消炎してくれます。また、地肌の健康にも良いそうです。そんなことから、アロエ配合の化粧水やクリームなどスキンケア用品にも使われる事が多くあります。


アロエは色々なことに効果がありますが、あくまでも民間療法の範囲です。
中度以上の症状は医療機関を受診しましょう。また、過度の摂取は軟便や下痢を起こす場合があります。体調や体質などにあわせた摂取にしましょう。