健康・美容・美肌情報やサンプルをプレゼント中〜 ココミル

無料・サンプル・プレゼントの美容と健康の情報サイト〜ココミル

文字サイズ

BCAAアミノ酸(バリン・ロイシン・イソロイシン)

分岐鎖アミノ酸⇒BCAAアミノ酸(バリン・ロイシン・イソロイシン)

『BCAAアミノ酸とは?』
バリン・ロイシン・イソロイシンの3つのアミノ酸の分子構造から、BCAAアミノ酸(BCAA=Branched Chain Amino Acid)と称されています。主な働きは、筋肉の強化です。
筋肉の組織は、アクチミンとミオシンというタンパク質でできています。このタンパク質を作る成分はバリン・ロイシン・イソロイシンです。BCAAは筋肉のタンパク質に含まれている必須アミノ酸の約3割を占めています。
そのためBCAAを摂る事で筋力UPに効果的と言われています。
その他、スタミナUPや疲労回復、集中力を高めるなどの働きがあります。
激しい運動や長時間肉体を使うと、足りなくなったエネルギーは筋肉中のタンパク質で補います。つまり、BCAAが消費されるのです。身体を動かす前や、途中で、BCAAを補給することで、疲労の緩和・回復やスタミナを持続させる事になります。


『なぜ、集中力を高めるのか?』
BCAAの中のイソロイシンは神経伝達物質の成分の一つです。中枢神経から神経伝達物質によって、末梢神経まで行き届き、思った行動が出来るように身体が動きます。
神経伝達物質には、興奮と抑制の二つの働きがあります、集中している時は、興奮性の伝達物質が多く出ている状態になっています。長時間その状態が続くと脳や身体が疲れるため、抑制の伝達ブシツが多くだされるようになり集中力は落ちます。BCAAを行動の前や途中で摂ると刺激性の伝達物質の材料となるため、集中力を持続しやすくなります。


『BCAAアミノ酸を摂るには?』
バリンを多く含む食品:子牛の肉、レバー、プロセスチーズ
イソロイシンを多く含む食品:子牛肉、鶏肉、サケ、牛乳、プロセスチーズ
ロイシンを多く含む食品:子牛の肉、レバー、ハム、牛乳、プロセスチーズ

アミノ酸スコア