健康・美容・美肌情報やサンプルをプレゼント中〜 ココミル

無料・サンプル・プレゼントの美容と健康の情報サイト〜ココミル

文字サイズ

カロテノイド(カロチノイド)

カロテノイド(カロチノイド)                                                                     

カロテノイドは動物・植物に存在している、脂溶性の色素のことです。赤・黄・緑などの色素の成分を総称してよんでいます。カロテノイドの種類は大きく2つに分かれています。カロテン類とキサントフィル類になります。
カロテン類には、βカロテン、リコピンなどがあります。また、キサントフィル類はカプサンチン(赤唐辛子などに含まれています)などがあります。

『カロテノイドの働き』
βカロテンは、体内で必要に応じてビタミンAに変わります。ビタミンAは皮膚や粘膜・目の健康のためには、必要な栄養素です。つまり、お肌のた
めにもよいのです。またβカロテン自体にも抗酸化作用の働きをします。紫外線は有害な活性酸素を作り体を老化させます。その、老化を止める働きをしてくれます。植物や動物が、紫外線から守る力として持っている、色素の力を取り入れる事で、日焼けやシミになるのを予防してくれます。

『色々な色の食物を摂りましょう』
単色よりも複数の色素のものを取り入れましょう。その方が効果的です。
色とりどりの野菜と果物を組み合わせるのが良いと言われています。

『カロテン類を多く含む食べ物』
カロテン類を多く含む食べ物
 にんじん・ほうれん草・トマト・すいかなど

キサントフィル類を多く含む食べ物
 パパイヤ・マンゴー・赤唐辛子・赤ピーマン・ほうれん草・キャベツ
 えび・かに・サケ・海藻類・みかん・とうもろこしなど