健康・美容・美肌情報やサンプルをプレゼント中〜 ココミル

無料・サンプル・プレゼントの美容と健康の情報サイト〜ココミル

文字サイズ

ナトリウム

ミネラル(多量元素)⇒ナトリウム                                                          

細胞のミネラルバランスをコントロールするのに不可欠、筋肉や神経の興奮を抑えます。

『ナトリウムの働き』
ナトリウムはカリウムと一緒に、細胞のミネラルバランスを整えることから、血圧のコントロールや血液循環、細胞内の水分量などに影響しています。

『食塩とナトリウム』
共に塩分ですが、食塩は、ナトリウムイオンと塩素イオンが結合したものです。化学記号ではNacl(塩化ナトリウム)と表記されます。ナトリウムは化学記号はNaと表記されます。違いは、結合の状態があります。食品の成分表記でナトリウムで表記されている場合は、2.54をかけると食塩相当量を計算できます。

食塩相当量(g)=ナトリウム(g)×2.54

『ナトリウム(塩分)を過剰に摂ってしまうと?』
過剰に摂取した場合は、ミネラルバランスが崩れ、むくみなどの原因になります。血圧も高くなります。また、近年では胃がんのリスクも高くなる事が知られています。運動時の発汗では、水分と一緒にナトリウムを含むミネラルも体外に排出されるので、スポーツ飲料などで水分とミネラルを一緒に摂る方がいいです。過剰摂取しない注意は必要ですが、運動時、夏の発汗が増える時などは、安全のためにも、適切な補給をしましょう。
※塩分摂取量が高血圧の原因になる方とならない方がいます。ただし、塩分摂取が大きな原因にならない人も、過剰の摂取は、高血圧を悪化させると言われています。

『過剰摂取しないために』
1日の摂取基準 成人の食塩相当量は10g 血圧が高い場合は減らすようにしましょう。本来、食塩相当量は約1.5gの摂取で足りるそうです。調理時の工夫やインスタント食品、スナック菓子などを控えるなどを心がけましょう。