健康・美容・美肌情報やサンプルをプレゼント中〜 ココミル

無料・サンプル・プレゼントの美容と健康の情報サイト〜ココミル

文字サイズ

リン

必須ミネラル(多量元素)⇒リン                          

体内のミネラルとしてカルシウムに次いで多いミネラルです。約80〜85%が骨や歯の組織に存在しています、その他は筋肉や、脳や神経、血液などにあります。

『リンの働き』
リンの体内の量は、成人の約1%を占めています。50sの人には約500gのリンが体内にあることになります。骨や歯以外のリンの大部分は、タンパク質や脂質、糖質などと結合して、細胞膜のリン脂質となり、DNAやRNAなどの核酸の構成成分として細胞に存在しています。そこで、エネルギーを蓄える働きなどをしています。

『リンが不足すると?』
通常の食事をしていれば、リンは不足することはありません。不足した場合は、骨や歯が弱くなります。

『リンを多く取りすぎてしまうと?』
リンとカルシウムは血液中でバランスを取りながら存在しています。このバランスが崩れると、骨からカルシウムが血液中に放出されるために骨のカルシウムが減る事になります。また、腎機能が低下する事があります。
食品添加物にはリン酸塩がよく使われています。通常の範囲程度では、問題はあまりありませんが、食事が加工食品が中心になりがちな場合は、食生活の見直しをしてみましょう。

 『リンを摂取するには』
1日の摂取基準 成人男性1.050r 成人女性900r 上限3.500r 
通常不足することはないので、特に摂取をあえて考える必要はありません。
リンを多く含む食品は牛乳、乳製品、小魚、大豆、肉などです。
カルシウムとリンの摂取バランスは1:1が理想とされています。
加工食品をよく食べる人は、カルシウムを多めに摂るように心がけましょう。