健康・美容・美肌情報やサンプルをプレゼント中〜 ココミル

無料・サンプル・プレゼントの美容と健康の情報サイト〜ココミル

文字サイズ

必須ミネラル(微量元素)⇒鉄                                                             

元素記号:Fe

鉄分は、生体中に約5g含まれ、主に血色素として赤血球内に存在しています。
特に女性には生理作用で、鉄分を失いやすいので、できるだけ摂取を心がけたい栄養素の一つです。

『鉄の働き』
鉄分の約70%が血中のヘモグロビンや、筋肉の中のミオグロビンというタンパク質の中で必要とされています。
これらの鉄は「機能鉄」と呼ばれ酸素を身体の全身に運ぶ大切な働きをしています。残りの30%は「貯蔵鉄」として
肝臓や骨髄、脾臓、筋肉などに貯えられます。「機能鉄」が不足すると「貯蔵鉄」を身体に供給して、身体の機能を維持します。
その他にも、エネルギーの代謝に使われます。0.3%は酵素の構成成分となっています。

『鉄分が不足すると』
「鉄欠乏性貧血」を起こします。疲れやすくなったり、頭痛、動悸、食欲不振などの症状が現れる事があります。
成長期や妊産婦の時は不足しやすくなるので、鉄分を多めに摂るようにしたいものです。

『鉄分を摂取するには』
鉄分の1日の摂取基準は、成人男性7.5r 成人女性10.5r 上限40〜55r。

鉄分を多く含む食品の1食当たりの目安量と鉄分の含有量

豚肝臓 レバー(50g)    6.5r
鶏肝臓 レバー(40g)    3.6r
あさり(剥き身 50g)    1.9r
カツオ(80g)        1.5r
がんもどき(80g)      2.9r
納豆(50g)         1.7r
菜の花(100g)        2.9r
小松菜(80g)        1.9r
ほうれん草(100g)      1.8r
ひじき(80g)        4.4r

レバー、肉、魚、卵、大豆、緑黄野菜、海藻類に多く含まれています。

動物性食品とビタミンCを一緒に摂るようにすると、鉄分の吸収が良くなります。

ヘム鉄  非ヘム鉄